梅津美治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
梅津 美治郎
うめづ よしじろう
Yoshijiro Umedu.jpg
生誕 1882年1月4日
日本の旗 日本 大分県
死没 1949年1月8日(満67歳没)
日本の旗 日本 東京都
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1903 - 1945
最終階級 陸軍大将
テンプレートを表示

梅津 美治郎(うめづ よしじろう[注釈 1]1882年明治15年)1月4日 - 1949年昭和24年)1月8日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍大将

極東国際軍事裁判(東京裁判)で終身刑の判決を受け、服役中に獄中死。1978年(昭和53年)に靖国神社に合祀される。

経歴[編集]

大分県中津市出身。母の再婚先の是永姓を一時名乗る。中学済々黌を経て、陸軍中央幼年学校、陸軍士官学校(第15期7番)、陸軍大学校(第23期首席[注釈 2])を卒業。参謀本部陸軍省での勤務や部隊長(連隊・旅団)を経て、1934年に支那駐屯軍司令官に就任。

支那駐屯軍司令官時代の1934年(昭和9年)11月に、宋哲元の部下の馮治安の部隊が熱河省を侵犯し、大灘西方20キロの断木梁に進出し、関東軍が追撃し宋哲元の本拠地近くまで迫った。梅津は宋哲元のとりなしをして、関東軍は追撃を止め引き返した。

1935年(昭和10年)6月に国民革命軍何応欽と「梅津・何応欽協定」を結ぶ。当時、華北で相次いだ反日活動が国民党の主導によるものとし、その撲滅のため、

  1. 河北省内の国民党支部をすべて撤廃
  2. 国民党駐河北省の東北軍第51軍、国民党中央軍および憲兵三団の撤退
  3. 河北省主席である于学忠の罷免
  4. すべての抗日団体とその活動の取り締まり

といった内容の協定を結んだ。この協定の申し入れについては、当初梅津は全く知らず、駐屯軍の酒井隆参謀長と高橋坦陸軍武官の策謀であったとされている。

その後は寺内寿一陸軍大臣の下に陸軍次官に就任、二・二六事件後に陸軍内の粛正を行った。その際に、陸軍省に軍務課を新設し、陸軍の政治への発言力を強めたのが、皇道派の反発を招いた。一部の右翼活動家からは「梅津は日本の赤化を企図している」という怪文書を撒かれる結果となった。

1939年、関東軍司令官(1942年からは総司令官)に就任。直前に発生したノモンハン事件の責任を取って植田謙吉大将が退いた後で、再三にわたり中央の統制を破って大事件を起こした関東軍参謀の粛正が求められていた。太平洋戦争中に関東軍が何の事件も起こさず静謐を保ったのは梅津の功である。のちの東京裁判では、事件の直後(1939年)から5年間の間に関東軍の司令官を務めたという経歴が、前述の「梅津・何応欽協定」とともに最もウェートが置かれることとなる[要出典]

1944年7月、サイパン島失陥の責任を取って辞任した東條英機首相陸軍大臣も兼務していた)の後任として参謀総長に就任。以後、終戦後まで務め、最後の参謀総長となった。なお、東條はその後の首相退任に当たり、次の内閣で陸軍大臣として残ることを画策したが、参謀総長となった梅津の反対で断念し、杉山元の推挙にとどめたとされる。

1944年12月、海軍の小沢治三郎中将がPX作戦、いわゆる細菌戦を立案した。これは榎尾義男海軍大佐が指揮し、細菌を保有するネズミや蚊を人口が密集する米本土西岸にばらまき生物災害を引き起こす作戦内容であった。機材として航空機2機を搭載する伊四〇〇型潜水艦を使用する計画ではあったが海軍に細菌研究がなかったため、陸軍の石井四郎軍医中将の協力を要請し陸海の共同計画となり、人体実験を含む研究が進められた。1945年3月26日海軍上層部は決行に合意したが、陸軍参謀総長であった梅津が「アメリカに対する細菌戦は全人類に対する戦争に発展する」と反対したため実行はされなかった。この件に関して戦後しばらく関係者の沈黙が続いたが、のちに榎尾元大佐が新聞で経緯を語った[1]

1945年5月以降、軍・政府首脳の間で終戦に向けた動きが始まる。陸軍の軍令の長であった梅津は、表だっては本土決戦の主張を変えなかった。その一方、5月11日から開催された最初の最高戦争指導会議構成員会合では、海軍大臣米内光政が「対ソ工作も結局するところ米英との仲介の労を取らせて大東亜戦争を終結することに最後はなると思うが」と発言した際に「その通りだ」と返答したり[2]、6月9日に昭和天皇に関東軍の視察報告を上奏した際に「兵力が8個師団分しかなく、弾薬は大会戦の一回分しかない」と伝える[3]など、戦争の継続に対して懐疑的な態度を見せたこともあった。天皇には本土決戦の準備ができていないことを明示した極秘資料も提示している。

8月9日深夜の御前会議では、陸軍大臣の阿南惟幾とともに、陸軍を代表して、ポツダム宣言受諾ではなく継戦による本土決戦を主張した[4]海軍軍令部総長だった豊田副武は、阿南や梅津は和平は不可避と考えながら、将校の圧力のために強硬論を言わざるを得なかったと記している[4]。また、ポツダム宣言受諾通告後の「バーンズ回答」に際しても、阿南とともに「自主的武装解除と本土占領の拒否」を主張している[5]。しかし、14日朝に一部将校たちによる本土決戦を求めるクーデター計画を阿南から知らされた際は絶対反対を唱え、計画を中止させた(宮城事件も参照)。のみならず、陸軍上層部に「承詔必謹」を徹底させ、その後のクーデターの動きにも後ろ盾を与えなかった[6]

降伏調印全権団一行。中央で後ろ手姿の軍服の人物が梅津。向かって左隣は重光。

太平洋戦争の降伏文書調印式全権を依頼されると、降伏に賛成した米内光政や鈴木貫太郎(終戦当時の首相で、元海軍大将)らが適役であるとして一旦は拒否した。しかし、昭和天皇から直々の願いを受けて重光葵らと共に出席する事となった。この際息子に対して「(二・二六事件とノモンハン事件の事後処理に続いて)今度もまた後始末だよ」とぼやいたという[要出典]調印式では、持参した万年筆の調子が悪く、副官のものを借りて署名したといわれている[要出典]

東京裁判の法廷では、広田弘毅重光葵等と同様に、証言台には立たず、沈黙を守り続けたが、東郷茂徳の証言内容に対しては、声を荒らげて反論する場面もあった。

判決は終身禁固刑が言い渡され、1949年(昭和24年)1月8日、服役中に直腸癌により病没した。梅津は、生涯日記も手記も残さず、病床には、「幽窓無暦日」とだけ書いた紙片が残されていたのみだった。

年譜[編集]

歩兵第1連隊中隊長時代の梅津
対連合国の降伏文書に調印する梅津
戦後、法廷に立つ梅津
  • 1902年(明治35年)6月 - 陸軍中央幼年学校卒業
  • 1903年(明治36年)11月30日 - 陸軍士官学校(第15期卒業順位7番[7]
  • 1904年(明治37年)3月18日 - 少尉任官、歩兵第1連隊付(是永美治郎名義)[8]
  • 1905年(明治38年)6月30日 - 中尉に進級(是永美治郎名義)[9]
  • 1911年(明治44年)11月29日 - 陸軍大学校卒業(第23期首席[7]、梅津美治郎名義)[10]
  • 1912年(明治45年)3月25日 - 大尉に進級し、歩兵第1連隊中隊長となる
  • 1918年(大正7年)6月1日 - 少佐に進級
  • 1922年(大正11年)2月8日 - 中佐に進級
  • 1924年(大正13年)12月15日 - 大佐に進級、歩兵第3連隊
  • 1926年(大正15年)12月1日 - 参謀本部編制動員課長
  • 1928年(昭和3年)8月10日 - 陸軍省軍務局軍事課長
  • 1930年(昭和5年)8月1日 - 少将に進級、歩兵第1旅団長
  • 1931年(昭和6年)8月1日 - 参謀本部総務部長
  • 1933年(昭和8年)11月1日 - 駐スイス公使館付駐在武官
  • 1934年(昭和9年)
    • 3月5日 - 支那駐屯軍司令官
    • 8月1日 - 中将に進級
  • 1935年(昭和10年)8月1日 - 第2師団
  • 1936年(昭和11年)3月23日 - 陸軍次官
  • 1938年(昭和13年)5月30日 - 第1軍司令官
  • 1939年(昭和14年)9月7日 - 関東軍司令官兼駐満洲国大使
  • 1940年(昭和15年)8月1日 - 大将に進級
  • 1942年(昭和17年)10月1日 - 関東軍総司令官
  • 1944年(昭和19年)7月18日 - 参謀総長
  • 1945年(昭和20年)

親族[編集]

  • 長男 梅津美一(東京帝国大学在学中に学徒出陣。第四期防備専修予備学生。海軍少尉任官後、第9根拠地隊分隊士。戦後は東京裁判で父の副弁護人を務める。)
  • 孫 梅津成実(イラストレーター)

登場する小説[編集]

出典[編集]

  1. ^ デニス・ウォーナー、ペギー・ ウォーナー『ドキュメント神風 特攻作戦の全貌 下』時事通信社224-225頁
  2. ^ 長谷川毅『暗闘 (上)』中央公論新社中公文庫〉、2011年、p.152。この内容は高木惣吉の『高木日記』等からの引用。
  3. ^ 長谷川、2011年(上)、p.210。高木惣吉は、梅津がこの報告で終戦の必要をそれとなく伝えたのだと解している。
  4. ^ a b 長谷川毅『暗闘(下)』中央公論新社〈中公文庫〉、2011年、p.89
  5. ^ 長谷川、2011年(下)、p.144
  6. ^ 長谷川、2011年(下)、p.160
  7. ^ a b 秦郁彦編著「日本陸海軍総合事典」 東京大学出版会、1994年、p247、p251
  8. ^ 『官報』第6212号、1904年3月19日
  9. ^ 『官報』第6601号、1905年7月3日
  10. ^ 『官報』第8535号、1911年12月1日

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大尉時代に「はるじろう」から読み方を変更。 
  2. ^ 卒業成績優等は6人。2位永田鉄山、3位 前田利為、4位藤岡萬蔵、5位篠塚義男、6位小畑敏四郎

関連項目[編集]

外部リンク[編集]