山田乙三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山田 乙三
Yamada Otozo.jpg
生誕 1881年11月6日
日本の旗 日本 長野県
死没 (1965-07-18) 1965年7月18日(満83歳没)
所属組織 日本陸軍
軍歴 1903 - 1945
最終階級 陸軍大将
テンプレートを表示

山田 乙三(やまだ おとぞう、1881年(明治14年)11月6日 - 1965年(昭和40年)7月18日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍大将

最後の関東軍総司令官として玉音放送による「聖断」を受諾し、ソ連軍に降伏した。

経歴[編集]

陸軍経理官・市川確の三男として生まれ、山田貫之の養子となった。成城学校(新宿区原町)から陸軍中央幼年学校を経て、1902年(明治35年)に陸軍士官学校(14期)を卒業。同期に古荘幹郎西尾寿造宇佐美興屋らがいる。1912年(大正元年)に陸軍大学校を(24期)卒業、同期に土肥原賢二飯田貞固牛島貞雄香月清司酒井鎬次谷寿夫柳川平助山岡重厚がいた。

参謀本部総務部長、陸軍士官学校校長、第12師団長を歴任。軍令、教育畑が長く政治色は薄かった。1939年(昭和14年)10月、中支那派遣軍司令官から教育総監に就く。1944年(昭和19年)2月に東條英機首相兼陸相が国務と統帥の一元化を図り、参謀総長兼任を企図した際には、杉山元参謀総長が強く抵抗、山田も統帥権独立への抵触を危惧するが、最終的にはこれを容認した。しかし7月のサイパン失陥を契機に東條は退陣、参謀総長となった梅津美治郎の後任として関東軍総司令官に就任する。

1945年(昭和20年)8月9日、ソ連軍が対日参戦、当日は大連に出張中であり急遽新京に帰還する。総司令部を通化に撤退させ持久戦を図るが、15日には日本のポツダム宣言受諾により終戦詔書が発布される。19日にはジャリコウヴォのワシレフスキー元帥(極東ソ連軍総司令官)との停戦交渉を開始。

その後は関東軍総参謀長秦彦三郎や総参謀副長松村知勝、作戦主任参謀草地貞吾らとともにソ連に抑留され10年以上経って日本へ帰国した。

年譜[編集]

伝記[編集]