飯田貞固

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
飯田 貞固
生誕 1884年2月18日
新潟県
死没 (1977-09-15) 1977年9月15日(93歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1905 - 1941
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

飯田 貞固(いいだ さだかた、1884年明治17年)2月18日[1][2] - 1977年昭和52年)9月15日[1][2])は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

新潟県出身[1][2][3]。村長・飯田貞一の長男として生れる[1]高等小学校仙台陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1905年(明治38年)3月、陸軍士官学校(17期)を卒業[1][2][3]。翌月、騎兵少尉に任官し近衛騎兵連隊付となる[1]。騎兵第22連隊付などを経て、1912年(大正元年)11月、陸軍大学校(24期)を卒業した[1][2][3]

1913年(大正2年)12月、参謀本部付勤務となり、独立第18師団副官として青島の戦いに参加[1]1914年(大正3年)11月、青島守備軍参謀に就任[1]1916年(大正5年)11月、参謀本部付となり、1917年(大正6年)6月より、フランスイタリア駐在となる[1]1921年(大正10年)9月、陸相秘書官陸軍省副官に就任し、山梨半造陸軍大臣に仕えた[1]

1923年(大正12年)7月、イタリア大使館付武官となり、陸大教官在任時の1928年(昭和3年)8月、騎兵大佐に昇進[1][3]。近衛騎兵連隊長、軍務局馬政課長、陸軍省副官などを歴任し、1933年(昭和8年)3月、陸軍少将に進級し騎兵第3旅団長となり、満州事変に出動した[1][2][3]

以後、陸軍騎兵学校長、参謀本部総務部長を経て、1936年(昭和11年)12月、陸軍中将に進み騎兵監に就任[1][2][3]1937年(昭和12年)8月、近衛師団長となり、第12軍司令官を務めた後、参謀本部付となり、1941年(昭和16年)4月、予備役に編入された[1][2][3]

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

エピソード[編集]

  • 1937年、近衛師団長に就任したが、同師団は日露戦争以降長らく実践経験がなく、盧溝橋事件勃発後も出動命令が下ることがなかった。このことから、出動命令を受けた他の師団より「あれはおもちゃの兵隊さんではないか」と陰口をたたかれていた。たまりかねた飯田は昭和天皇と面会した折「将兵一同は皆出征を希望しております」と具申。天皇は驚いて「そんなに皆、出たがっているのか」と承諾した。転任後の1937年11月、実に35年ぶりに動員下命が下った[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『日本陸海軍総合事典』第2版、14頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『日本陸軍将官辞典』46頁。
  3. ^ a b c d e f g 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』216頁。
  4. ^ 『官報』第6919号「叙任及辞令」1906年7月23日。
  5. ^ ノーベル書房編集部編『陸軍郷土歩兵聯隊写真集 わが聯隊』 ノーベル書房、1979年。93,95頁。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。