山岡重厚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山岡 重厚
生誕 1882年11月17日
日本の旗 日本 東京府
死没 (1954-03-27) 1954年3月27日(71歳没)
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg 大日本帝国陸軍
皇道派
軍歴 1909 - 1937年3月29日
1937年8月26日 - 1945
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

山岡 重厚(やまおか しげあつ、1882年明治15年 )11月17日 - 1954年昭和29年 )3月27日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

本籍高知県。旧土佐藩士・山岡重劼の三男として東京で生まれる。東京府立第一中学校を経て、名古屋陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1903年(明治36年)11月、陸軍士官学校(15期)を卒業、翌年3月、歩兵少尉に任官し歩兵第22連隊付となる。日露戦争に出征し、1904年(明治37年)5月に戦傷を受けた。陸軍戸山学校付、陸士生徒隊付などを経て、1912年大正元年)11月、陸軍大学校(24期)を卒業。

歩兵第22連隊中隊長、陸士教官、第3師団参謀教育総監部課員、近衛歩兵第1連隊大隊長、陸軍兵器本廠付、陸大教官、陸士生徒隊長、欧米出張、歩兵第22連隊長を歴任。

1931年(昭和6年)3月、教育総監部第2課長在任中に三月事件が起こるが、真崎甚三郎第1師団長らとともに武力発動に強く反対、これを未然に防止する。同年8月1日、陸軍少将に進み、歩兵第1旅団長に就任、いわゆる皇道派の中心人物の一人と見なされることになる。

同年11月、犬養内閣において荒木貞夫陸相に就任すると、軍政経験が無い山岡を1932年(昭和7年)2月、陸軍省軍務局長に抜擢する。その後1934年(昭和9年)3月には永田鉄山の軍務局長就任に伴い、整備局長に回る。

1935年(昭和10年)8月1日、陸軍中将となるが、8月12日、皇道派としてシンパシーのあった相沢三郎中佐が、真崎教育総監の更迭に怒り、局長室に山岡を訪ねたその足で軍務局長室に向かい、永田局長を斬殺する事態となる(相沢事件)。この事件の責任を取って、林銑十郎陸相以下、陸軍首脳部の交代が行われ、同年12月、山岡も中央から追われ、第9師団長に親補された。

その後、参謀本部付などを経て、二・二六事件後の粛軍人事で1937年(昭和12年)3月29日予備役に編入された。

しかし、1937年(昭和12年)8月26日に召集を受け第109師団長に就任、華北地方を転戦する。その際には山西省において太原博物館(現在の山西省博物館)の展示物の保護、散逸防止にも尽力した。参謀本部付を経て、1939年(昭和14年)1月1日に召集解除となる。太平洋戦争末期、1945年(昭和20年)4月1日、再度召集を受け善通寺師管区司令官に就任、善通寺師管区司令部四国軍管区司令部に改称されたことに伴い、同年6月10日には四国軍管区司令部付となり終戦を迎え、12月に召集解除された。

人物[編集]

  • 刀剣鑑定の権威であり、中央刀剣会の審査員をつとめる。また刀剣収集家としても知られていた。1932年、荒木貞夫とともに日本刀鍛練会を設立し、靖国神社の境内に日本刀の鍛練所を竣工させている。
  • 皇道派として、二・二六事件後に粛軍人事にあったが、特殊兵科の充実など軍の近代化を推進していた(国家総動員法も参照)。

親族[編集]

著書[編集]

  • 『回想五十年』1951年。
  • 『日本刀伝習録』山岡かず、1954年。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 『太原博物館案内』山岡部隊本部内山西文化保護会 1938年。