草地貞吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
草地 貞吾
生誕 1904年5月28日
日本の旗 日本 大分県
死没 (2001-11-15) 2001年11月15日(97歳没)
所属組織 日本陸軍
軍歴 1927 - 1945
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―大佐.svg陸軍大佐
テンプレートを表示

草地 貞吾(くさち ていご、1904年5月28日 - 2001年11月15日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍大佐

略歴[編集]

旧制大分県立宇佐中学校出身。陸士39期の同期は、陸軍省軍務局軍事課高級課員で戦後陸将・陸上幕僚副長となる高山信武大佐や、南方軍第2課長の矢野連大佐、第53軍参謀の大橋武夫がいる。第106師団では、成富政一陸軍大佐と同期。

年譜[編集]

著作[編集]

  • 『地獄遍路』(日刊労働通信社シベリヤ叢書、1958年)  シベリア抑留記
  • 『その日、関東軍は 元関東軍参謀作戦班長の証言』(宮川書房、1967年)  関東軍の終戦始末
  • 『関東軍作戦参謀の証言』(芙蓉書房、1979年)  『地獄遍路』と『その日、関東軍は』の訂正合刊
    • 『関東軍作戦参謀草地貞吾回想録』(芙蓉書房出版、1999年) ISBN 4-8295-0224-X  『関東軍作戦参謀の証言』の改題再刊
  • 『自衛隊史 日本防衛の歩みと進路』(日本防衛調査協会、1980年)
  • 『将軍32人の「風貌」「姿勢」 私が仕えた回想の将軍たち』(光人社、1992年) ISBN 4-7698-0591-8

伝記[編集]

関連項目[編集]

  • 不毛地帯(登場人物の一人「満州関東軍の幕僚・谷川正治」は草地がモデルといわれる)