中支那派遣軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中支那派遣軍
創設 1938年昭和13年)2月14日
廃止 1939年(昭和14年)9月23日
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 方面軍
所在地 中支
最終上級単位 大本営
最終位置 中支
主な戦歴 日中戦争
テンプレートを表示

中支那派遣軍(なかしなはけんぐん)は、大日本帝国陸軍方面軍の一つ。

沿革[編集]

1938年2月14日に終結した南京攻略戦後、上海派遣軍第10軍の上級司令部であった中支那方面軍を解体し、新たに編制された部隊である。

1939年9月23日には中支那派遣軍と北支那方面軍を統合する上級司令部である支那派遣軍が新設され、それに伴い戦闘序列解除。

軍概要[編集]

司令官[編集]

  • 畑俊六大将:1938年(昭和13年)2月14日 - 1938年(昭和13年)12月14日
  • 山田乙三大将:1938年(昭和13年)2月15日 -

参謀長[編集]

  • 河辺正三:1938年(昭和13年)2月15日 - 1939年(昭和14年)1月30日
  • 吉本貞一:1939年(昭和14年)1月31日 -

その他の役職[編集]

参謀副長
  • 武藤章大佐:1938年(昭和13年)2月14日 - 1938年(昭和13年)7月14日
  • 鈴木宗作:1938年(昭和13年)7月15日 -

戦闘序列解除時の隷下部隊[編集]