第17師団 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第17師団
創設 1907年明治40年)11月13日
廃止 1925年大正15年)5月1日
再編成 1938年昭和13年)4月4日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
人員 約25,000名/約15,000名
所在地 岡山-満州姫路-中支-ビスマルク諸島
編成地 岡山/姫路
通称号/略称
補充担任 第十七師管(岡山)/姫路師管区
最終上級単位 天皇直隷/第8方面軍
最終位置 ビスマルク諸島 ニューブリテン島ラバウル
主な戦歴 支那事変-太平洋戦争
テンプレートを表示

第17師団(だいじゅうななしだん)は、大日本帝国陸軍師団の一つ。日露戦争後の1907年(明治40年)と、支那事変勃発後の1938年(昭和13年)に編成された。

第一次編成[編集]

第17師団は1907年(明治40年)11月、第18師団と共に創設された。同年12月15日、師団司令部岡山市東田町蓮昌寺内で事務を開始[1]1908年(明治41年)3月4日、さらに司令部を御津郡伊島村字上伊福に移転した[2]1915年(大正4年)3月18日、師団司令部留守部を岡山に設置し[3]、同年5月26日、師団司令部は遼陽に移転して[4]2年間満州に駐屯。1917年(大正6年)5月10日、師団司令部が岡山に帰着し11日から事務を開始[5]1918年7月10日、兵器部が師団司令部内に移転し事務を開始[6]

1920年(大正9年)からの第一次世界大戦後の不況や、シベリア出兵を強行した事などから財政が逼迫し、日露戦争後拡大してきた軍備を削減する事になり、1922年(大正11年)から三次に亘って軍縮され、1925年(大正14年)に加藤高明内閣で行われた所謂「宇垣軍縮」によって4個師団の廃止が決まり、第17師団も第13第15第18師団と共に廃止された。

歴代師団長[編集]

  • 一戸兵衛 中将:1907年(明治40年)11月13日 - 1911年(明治44年)9月6日
  • 仙波太郎 中将:1911年(明治44年)9月6日 - 1914年(大正3年)4月17日
  • 本郷房太郎 中将:1914年(大正3年)4月17日 - 1916年(大正5年)8月18日
  • 星野金吾 中将:1916年(大正5年)8月18日 - 1918年(大正7年)7月24日
  • 古海厳潮 中将:1918年(大正7年)7月24日 - 1921年(大正10年)7月20日
  • 大野豊四 中将:1921年(大正10年)7月20日 - 1925年(大正14年)5月1日(廃止)

最終所属部隊[編集]

第二次編成[編集]

日中戦争が起こると1925年(大正14年)に廃止された師団番号を利用し復活した。これを第二次編成と呼ぶ。

第26師団に引き続き1938年(昭和13年)4月に、第15第17第21第22第23の5個師団が編成された。これら5コ師団は、関東軍の後方治安維持を目的に編成された歩兵三個連隊編制の警備師団である。この5個師団増設は、内地衛戍師団を満洲に交代で派遣する負担軽減するものであったが、常備師団の新設には帝国議会の協賛を必要とすることから、国防機密を明白にすることになるので実行が停滞していた。新設予定師団は第21・第22・第23・第24・第25師団であった。図らずも支那事変が勃発し臨時軍事費が計上されたので、公表しない動員部隊として編成する方法がとられることになった。新設師団は駐兵権保有地域への配備を目的とすることから警備師団と呼ぶが、内地衛戍の常設師団が補充を担任する。

第17師団は留守第10師団の編成担任であった。第17の師団番号は、従来第10師団(姫路)の特設師団番号に計画されていたが、支那事変臨時軍事費の特別計上に便乗して常設師団5個を増設する計画が実行され、軍縮廃止師団を永久的な常設師団として第15師団とともに第17師団が編成された。これにより第10師団特設師団番号は第110師団に変更された。これにより新設予定師団の内、第24・第25師団の師団番号が前詰めされ、第15・第17師団の番号とされた。(この時すでに第13師団第18師団は特設師団として1年前に出征していた)

この新編成の5コの警備師団は、関東軍に配備される前に実戦訓練の為に中国戦線への投入が行われた。満州北部のハイラルに駐屯していた騎兵集団中国戦線に転用される事が決定した為、第23師団だけ直接満州へ派遣された。実戦訓練をの為に中国戦線への投入された第17師団含むの4コ師団は、中国戦線が広がり続けたため抜けられなくなり、ついに本来の編成目的である満洲に行くことは無かった。

師団は中国大陸に渡り中支那派遣軍戦闘序列に編入、一部部隊が武漢作戦に参戦する。その後師団は占領地警備、治安作戦に従事した。師団捜索隊は1940年7月に復帰、所属した装甲車中隊は歩兵団装甲車中隊となり、所属騎兵は各歩兵連隊に分配された。これは中国戦線の現状に合わせた改正であり、一部を除く在支師団に同様の編成改正が行われた。

太平洋戦争開戦後も中国に駐屯した。1943年(昭和18年)9月に南方へ転用され、ニューブリテン島に渡った。第17歩兵団司令部・歩兵第81連隊など隷下部隊の約1/3はブーゲンビル島へ分遣され、1944年(昭和19年)7月に独立混成第38旅団へ改編されて師団から除かれた。第8方面軍隷下に移った師団はニューブリテン島中心地のラバウルツルブにて連合軍の攻撃に耐えてニューブリテン島の戦いを展開、1945年(昭和20年)8月の終戦を迎えた。持久戦の間に2個混成連隊と師団捜索隊(2代目。第51師団捜索第51連隊の残存人員で編成)が新たに編合された。

歴代師団長[編集]

  • 広野太吉 中将:1938年(昭和13年)7月15日 - 1940年(昭和15年)8月1日
  • 平林盛人 中将:1940年(昭和15年)8月1日 - 1942年(昭和17年)12月1日
  • 酒井康 中将:1942年(昭和17年)12月1日 - 終戦

最終所属部隊[編集]

  • 歩兵第53連隊(鳥取):大島廉治大佐
  • 歩兵第54連隊(岡山):丸山巖大佐
  • 混成第2連隊:坂本康一大佐
  • 混成第6連隊:永井元大佐
  • 野砲兵第23連隊:菅井房吉大佐
  • 工兵第17連隊:糸川僖一中佐
  • 輜重兵第17連隊:今村武雄大佐
  • 第17師団通信隊:繁田武一郎大尉
  • 第17師団兵器勤務隊:関根朝男技術大尉
  • 第17師団捜索隊:
  • 第17師団第1野戦病院:高田俊三軍医少佐
  • 第17師団第2野戦病院:永沼与助軍医少佐
  • 第17師団第4野戦病院:小柳寅雄軍医少佐
  • 第17師団病馬廠:安藤謙四郎獣医大尉

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第7342号、明治40年12月17日。
  2. ^ 『官報』第7407号、明治41年3月9日。
  3. ^ 『官報』第791号、大正4年3月25日。
  4. ^ 『官報』第848号、大正4年6月1日。
  5. ^ 『官報』第1434号、大正6年5月15日。
  6. ^ 『官報』第1786号、大正7年7月16日。

参考文献[編集]

関連項目[編集]