小野寺信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小野寺 信
Falkenhorst onodera morath fjell festning 1943 triple 28 cm triple naval gun gneisenau.jpg
1942年12月、ドイツ国防軍第21ノルウェー軍Fjell要塞を視察訪問した際の小野寺信
生誕 1897年9月19日
日本の旗 日本 岩手県
死没 (1987-08-17) 1987年8月17日(満89歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1919 - 1945
最終階級 陸軍少将
テンプレートを表示

小野寺 信(おのでら まこと、1897年9月19日 - 1987年8月17日)は、日本陸軍軍人翻訳家最終階級陸軍少将

経歴[編集]

岩手県出身。町役場助役・小野寺熊彦の長男として生まれ、農家・小野寺三治の養子となる。遠野中学校仙台陸軍地方幼年学校陸軍中央幼年学校を経て、1919年(大正8年)5月、陸軍士官学校(31期、兵科歩兵)を卒業し見習士官陸軍歩兵曹長)。同年12月、陸軍歩兵少尉に任官し、歩兵第29連隊附となる。1928年(昭和3年)12月、陸軍大学校(40期)を卒業し歩兵第29連隊中隊長拝命。

1930年(昭和5年)3月、陸軍歩兵学校教官となり、陸大教官、参謀本部附(北駐在)、参謀本部々員などを経て、1934年(昭和9年)8月、陸軍歩兵少佐に進級。1935年(昭和10年)12月、ラトビア公使館附武官に発令され、1937年(昭和12年)4月、エストニアリトアニア公使館附武官を兼務し、同年11月、陸軍歩兵中佐に昇進。

1938年(昭和13年)6月、参謀本部々員となり、同年10月、中支那派遣軍司令部附として上海において小野寺機関長として活動した。1939年(昭和14年)6月、陸大教官に就任し、同年8月、陸軍歩兵大佐に進級した。

1942年12月、ドイツ陸軍上級大将(第21軍司令官ニコラウス・フォン・ファルケンホルスト、左端)以下、独陸海空軍の将校らと写る小野寺(中央)

1940年(昭和15年)11月、スウェーデン公使館附武官に発令され、翌年1月、ストックホルムに着任し太平洋戦争大東亜戦争)を迎えた。諜報活動の他に、クリプトテクニク社(現・クリプトA.G.)から最新の暗号機械を買いつけたり、ピアノ線とボールベアリングを調達しドイツ経由で本国に送っている。1943年(昭和18年)8月、陸軍少将に進む。この頃からSD国外諜報局長であるヴァルター・シェレンベルクと共に和平工作に従事する。

小野寺の送った機密情報は「ブ情報」と呼ばれ、海外からの貴重な情報源となった。「ブ情報」の「ブ」は、ミハウ・リビコフスキMichał Rybikowski)の上官ブジェスクフィンスキの頭文字である。大戦最末期にはヤルタ会談後にソ連が対日参戦するとの最高機密情報を日本に送っている。

敗戦後の1946年(昭和21年)3月に日本に帰国復員したが、同年7月まで戦争犯罪人として巣鴨プリズンに拘留された。

戦後は主に妻・百合子と共にスウェーデン語の翻訳業に従事する傍ら、スウェーデンの文化普及活動に努めた。最晩年に『NHK特集 日米開戦不可ナリ 〜ストックホルム・小野寺大佐発至急電〜』で取材インタビューが行われ、1985年(昭和60年)12月に放映された。この番組は第12回放送文化基金賞を受賞し、小野寺の大戦中の活動に照明が当てられ、佐々木譲の小説『ストックホルムの密使』(1994)でも小野寺(作中人物・大和田市郎のモデル)の終戦工作が扱われた。

親族[編集]

著書[編集]

図書
  • 『スウェーデンの安全保障政策の基本構想』 スウェーデン社会研究所〈資料 ; 第23号〉、1984年NCID BN14486493 
  • 『平和国家への研究 小野寺信遺稿集』 出版者 小野寺百合子、1988年NCID BN05866176全国書誌番号:89033331 
記事・論文

翻訳[編集]

小野寺信訳
百合子夫人と共訳

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

映像外部リンク

富岡幸一郎 (2012年8月8日). 【ヤルタ密約】ソ連参戦、握りつぶされた小野寺電[桜H24/8/8] (YouTube). 日本文化チャンネル桜.. http://www.youtube.com/watch?v=o9kWvqiSuc8 

—— 同日付け産経新聞記事 “ソ連参戦情報の「小野寺電」「大本営に着信」参謀が証言書簡”、“抹殺されたヤルタ密約知らせる「小野寺電」” に関する論評。