河辺正三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
河辺 正三
Kawabe Masakazu.jpg
河辺正三
生誕 1886年12月5日
日本の旗 日本 富山県
死没 (1965-03-02) 1965年3月2日(78歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1907 - 1945
最終階級 陸軍大将
テンプレートを表示

河辺 正三(かわべ まさかず、1886年12月5日 - 1965年3月2日)は、昭和初期の日本陸軍軍人。最終階級は陸軍大将富山県出身。ビルマ方面軍司令官航空総軍司令官、第1総軍司令官を歴任した。インパール作戦を指揮した第15軍司令官牟田口廉也陸軍中将の上官でもあった。また、河辺虎四郎の兄でもある。陸士卒(19期)、陸大卒(27期)。

年譜[編集]

エピソード[編集]

  • 牟田口廉也とは盧溝橋事件当時も部下と上司の関係であった。インパール作戦に際しては「かねてより牟田口が熱意を持って推進してきた作戦なのでぜひやらせてやりたい」と作戦を認可。その後、敗色濃厚となった1944年(昭和19年)6月に牟田口を訪ねて戦況を確認した際、両者とも作戦の中止を内心考えていた(後に、牟田口は防衛庁防衛研究所戦史室の取材に「言葉ではなく、私の顔を見て真意を察して欲しかった」と語っている)が、責任を取ることへのおそれからお互いそれを言い出せず、結果として中止決定が遅れ、損害の拡大につながった。
  • インド独立運動の指導者の一人であるスバス・チャンドラ・ボースのことを極めて高く評価していた。河辺はラングーンでボースと始めて会見した際、歓迎の宴席で示されたボースのインド独立にかける意志と、その後の態度を見てボースに惚れ込み、「りっぱな男だ。日本人にもあれほどの男はおらん」と述べたという[1]。また「チャンドラ・ボースの壮図を見殺しにできぬ苦慮が、正純な戦略的判断を混濁させたのである」と、インパール作戦実行の背景にはボースに対する日本軍側の「情」があったとしている[2]。河辺はすでに作戦の失敗は明らかであった6月の段階になっても、「この作戦には、日印両国の運命がかかっている。一兵一馬でも注ぎ込んで、牟田口を押してやろう。そして、チャンドラ・ボースと心中するのだ。」と考えていたという[3]

参考文献[編集]

  • 児島襄 『指揮官(下)』 文藝春秋1974年ISBN 4-14-714102-7
  • 森瀬晃吉「第二次世界大戦とスバス・チャンドラ・ボース」、『大垣女子短期大学研究紀要』第40巻、大垣女子短期大学、1999年、 57-70頁、 NAID 110000486536
  1. ^ 児島襄 1974, pp. 164-165.
  2. ^ 森瀬晃吉 1999, pp. 67.
  3. ^ 児島襄 1974, pp. 169.