荻洲立兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
荻洲 立兵
Ogisu Rippei.jpg
生誕 1884年1月24日
愛知県
死没 (1949-12-22) 1949年12月22日(65歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1905 - 1940
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

荻洲 立兵(おぎす りっぺい、1884年1月24日 - 1949年12月22日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

伊藤松左衛門の四男として生れ、陸軍二等薬剤官・荻洲郁次郎の養子となる。愛知一中名古屋陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1905年3月、陸軍士官学校(17期)を卒業、翌月、歩兵少尉に任官し歩兵第6連隊補充隊付となる。参謀本部付勤務などを経て、1916年11月、陸軍大学校(28期)を卒業した。

歩兵第6連隊中隊長、陸軍歩兵学校教官、スイス駐在、ドイツ駐在、陸大教官、近衛歩兵第4連隊付、歩兵第44連隊長、第11師団司令部付(支那政府応聘、北京陸大教官)、第1師団司令部付、留守第9師団参謀長、第1師団参謀長などを歴任し、1933年10月、陸軍少将に進級。

歩兵第9旅団長、台湾軍参謀長などを歴任し、1937年3月、陸軍中将に昇進し第2師団司令部付となる。留守第2師団長、第13師団長を経て、初代第6軍司令官となりノモンハン事件に出動。停戦後に参謀本部付となり、1940年1月、予備役に編入された。

終戦後は東京で運動用品店を営む。この頃のエピソードとして、漫画家の水木しげるが魚屋をはじめる際に、「突撃あるのみ」と叱咤激励したというものがある。1949年12月22日死去。享年65歳。

親族[編集]

  • 長男 荻洲博之(陸軍少佐

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。