土肥原賢二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
土肥原 賢二
Doihara 1940 41?.png
陸軍士官学校長時代の土肥原(1940年頃)
渾名 満蒙のロレンス(欧米側)
土匪原(中国側)
生誕 1883年8月8日
日本の旗 日本 岡山県
死没 (1948-12-23) 1948年12月23日(64歳没)
日本の旗 日本 東京都豊島区巣鴨拘置所
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg 大日本帝国陸軍
軍歴 1904年 - 1945年
最終階級 陸軍大将
墓所 殉国七士廟
テンプレートを表示

土肥原 賢二どいはら けんじ明治16年1883年8月8日 - 昭和23年1948年12月23日)は、日本陸軍軍人。最終階級は大将。謀略部門のトップとして満州国建国及び華北分離工作に中心的役割を果たす。 極東国際軍事裁判(東京裁判)でA級戦犯となり死刑判決を受け処刑される。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

岡山県岡山市出身。青山小学校仙台陸軍地方幼年学校陸軍中央幼年学校を経て、明治37年(1904年)10月に陸軍士官学校(16期)卒業、大正元年(1912年)11月に陸軍大学校(24期)卒業。

活動[編集]

土肥原賢二

大正元年(1912年)、陸軍大学校卒業と同時に、参謀本部中国課付大尉として北京板西機関で対中国工作を開始。坂西利八郎機関長補佐官、天津特務機関長を歴任。

昭和6年(1931年)夏、奉天特務機関長に就任。満州事変の際、奉天臨時市長となる。同年11月、甘粕正彦を使って清朝最期の皇帝溥儀を隠棲先の天津から脱出させる。

その後、華北分離工作を推進し、土肥原・秦徳純協定を締結。この結果河北省冀東防共自治政府を成立させた。土肥原は、謀略をも辞さない強硬な対中政策の推進者として昇進を重ね、「満州のローレンス」と畏怖された。日中戦争では昭和13年(1938年)6月の五相会議の決定によって土肥原機関を設立した[1]特務機関畑を中心に要職を歴任し、陸軍士官学校長も務めた。昭和20年(1945年)4月には、陸軍三長官(陸軍大臣参謀総長教育総監)の一つ、教育総監となる。敗戦後、三長官会議で東久邇宮内閣の陸軍大臣に推挙されたが、実際には下村定が就任。

第二次世界大戦終結後[編集]

軍事参議官となった直後、A級戦犯としてGHQに逮捕される。極東国際軍事裁判(東京裁判)においては、特に中国が強硬に極刑を主張した。最終的に死刑の判決が下され、巣鴨プリズン内で絞首刑が執行された。

辞世の句は、

わが事もすべて了りぬいざさらば ここらでさらばいざ左様なら
天かけりのぼりゆくらん魂は 君が代千代に護るならべし
踏み出せば狭きも広く変わるなり 二河白道もかくやありなん

その後靖国神社に魂と殉国七士廟に遺灰が祀られた。

人物[編集]

戦後の土肥原
  • 蒋介石は、土肥原の人徳の深さに脅威を感じ「土匪原(「土肥」に音の似た侮蔑語「土匪」を重ねたもの)」と憎しみを込めて呼び、蒋が独自に作成し連合軍に送ろうとしていた日本軍戦犯順位の資料で1番に上げられていたが、性格は温厚であったといわれている。
  • 20年余りを中国で勤務したため、中国語が堪能で中国の知り合いも多くいたと言われ、「帝国陸軍きっての中国通」と呼ばれた。満州事変の後、市長の居なくなった奉天の臨時市長となり、運営経費を個人名義で借り入れた事もあった(後にこの借金の返済を巡って苦労することとなり、本人を含む家族は質素な借家に住んだとされている)。
  • 軍規に厳しく「中国民衆から徴発するな、部落を焼くな、女を犯すな」と言ったと片倉衷が述べている。また得意とした謀略については、「謀略はテクニックではなく、誠の心である」と言ったともいわれる。
  • 人格を重んじ、特に教育方面に高い関心を持っていた。知識偏重のエリート主義意識が強い軍人が多かった陸軍組織の中では珍しく、玉川学園小原國芳の唱える新教育の理解者であり、支援者でもあった。

親族[編集]

歌人佐伯裕子は孫である。

年譜[編集]

出典[編集]

  1. ^ 臼井勝美・稲葉正夫『現代史資料9日中戦争2』284頁, みすず書房

参考文献[編集]

  • 『秘録 土肥原賢二 - 日中友好の捨石』、 土肥原賢二刊行会、 芙蓉書房、 1972年発行

関連項目[編集]

外部リンク[編集]