絞首刑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピサネロが描いた絞首刑の様子
絞縄

絞首刑(こうしゅけい)とは、死刑の一種で、絞殺する刑罰である。絞殺刑(こうさつけい)ともいう。

絞首刑の医学[編集]

頸部に索条をかけて、体重をもって懸垂すると(縊死)、絞縄の長さや結び目の位置の調節などの手順が適切になされた場合、左右頸頸脈と両椎骨動脈を完全に圧塞され、脳貧血から脳死を起こし、最終的に心臓も停止する[1]。懸垂時に脊椎骨が骨折すれば、延髄の損傷によって身体機能が停止し、同様に脳死から心停止がもたらされる[2]

絞首刑は比較的安楽に死をもたらす死刑の執行方法であると考えられており、1952年に、東京大学古畑種基博士は、ある事件の鑑定書において、絞首刑によって受刑者は一瞬で意識を失うと論じた[1]。同様の知見は絞首刑を残虐刑とするオーストリアのヴァルテル・ラブル博士によっても得られており、ラブル博士によれば、受刑者の意識は、執行開始後少なくとも5秒から8秒で失われるとされる[2]。日本の裁判所はこれらの研究成果を支持しており、絞首刑の執行が薬殺刑などに比べて残虐というに当たらず、違憲と判断できないとの結論に至っている[3]

ただし不適切な執行が行われた場合はこの限りでなく、縄が短すぎる等して脳貧血に至らなかった受刑者は、1~2分間意識が消失せず、窒息によって多大な苦痛を味わう[2]。逆に縄が長すぎる等して過剰な負荷がかかれば、首が切断される事故を招くため(後述)、受刑者の体重と縄の長さはコンピューター制御のウィンチや公式ドロップテーブル等によって最適化されることが望ましい。

日本[編集]

日本では律令法において、「」という呼称で呼ばれる。江戸時代の日本で行われていた 縛り首は、地上で首に縄をかけ、縄の両端を持った二人が縄をねじって締める方法で絞首していた。

江戸時代の「縛り首」、また1873年(明治6年)に制定された絞罪器械図式以前による絞首は、気道を閉塞することによって窒息死をもたらすものであって開始から数分間は意識があり数分~十数分間、受刑者がもがき苦しむため「落下式(縊首)」の方法に改められた。

現在の日本における死刑の執行は、落下のエネルギーを用いて刑が執行されるので、より細かい区分では「縊首(いしゅ)刑」ともいう。ただし、首を絞めることは同じなので絞首の一形態であるとするのが最高裁判所判例死刑受執行義務不存在確認訴訟)である。

日本以外の各国[編集]

現在でも絞首刑を採用している国は、日本を除くと、韓国シンガポールアメリカ合衆国(一部州)、サウジアラビアアフガニスタンバングラデシュエジプトボツワナスーダンなどである。

国家弁務官ザイス=インクヴァルトの遺体。彼はニュルンベルク裁判によって死刑の判決を受け、絞首刑に処された。
フランス植民地統治に反発してシリアで発生した1925年から1927年にかけてのシリア大反乱英語版において、フランス側によって絞首刑に処される3人の反乱軍兵士

イスラム教諸国の中でもサウジアラビアでは、落下エネルギーを用いるのでなく、ビニール製のやわらかいロープを首にかけてクレーンでゆっくりと吊り上げる方法で行われる。この方法ではロープが椎骨動脈からずれることが多いため、前述のとおり窒息死となり死亡までに長時間(8 - 10分)かかり、多大な苦痛の末に死亡する。 2007年に行われたときにはクレーンには工事などで使う重機が使われていた、この死刑は公開処刑で行われ、サウジアラビアの国営放送で放送された。

クレーンで吊るす絞首刑を行ったのはイギリスの死刑執行人であるデリックだといわれており、現在でも船舶用クレーンをデリックと呼ぶのは処刑人の名前に由来している。

イランではトラックの荷台の上に人を立たせておいて、首縄をかけてからトラックを発進させることで足場を取り去る方法での絞首刑が公開処刑で行われており、テレビでも放送されている。

スペインでは鉄環絞首刑と呼ばれるスペイン独自の絞首刑が1974年死刑廃止の直前まで行われていた。世界的にも残酷な絞首刑だと言われている。

ナチス・ドイツにおいては戦時中、ヒトラー暗殺未遂事件の犯人に対してピアノ線を用いた絞首が行われていた。これも死に至るまでの時間が長く、受刑者に多大な苦痛を与えるものであった。

一部の絞首刑で頸部が切断される問題[編集]

落下エネルギーを用いる場合、落下距離が長すぎると首が千切れることがある。これを防ぐために縄の長さは計算されており、発生は極稀であるが、日本を含む[4]世界各国で切断事故が起きており、1890年から[5]1962年にかけて[6] 数件の凄惨な失敗例が報告されている。

むろん杜撰な執行においては発生率が高く、近年も、2007年1月15日イラクバクダードで処刑されたサダム・フセインの異父弟バルザン・イブラヒム・アル=ティクリティ(バルザーン・イブラーヒーム・ハサン)の例があり、首がちぎれて血だまりができた様子を撮ったビデオが一部の報道関係者に公開されている[7]

絞首刑に対する批判[編集]

欧米では絞首刑を非人道的な刑罰と考える傾向が強く、死刑制度と共に絞首刑は減少傾向にある[8]

ソビエト連邦では戦時中に「木に吊るす」という慣用句ができたほど絞首刑が頻繁に行われ、諸国の絞首刑に対する印象を著しく悪化させた。

アメリカ合衆国では、19世紀末から絞首刑は非人道的であるとの議論が起こり、多くの州で電気椅子に変更された。なお現在は電気椅子も非人道的とされて薬殺刑が主流となっており[9]、絞首刑はワシントン等一部の州で選択肢として残るのみとなっている。

日本においては、元検察官土本武司が、絞首刑について「正視に堪えない。限りなく残虐に近いもの」と述べている[10]

絞首刑をめぐる俗説[編集]

絞殺刑の絞首台の階段は俗に十三階段といわれるが、これは西洋の刑場に多く、最後の晩餐の出席者がキリストユダを含めて13人だったことに由来する。実際には階段の段数は千差万別である。日本の刑場は隣室から続く床面に落下口が設けられているので階段はなく、水平に歩いて落下口まで到達できる。「階段」や「台」がある場合、受刑者が暴れた場合、執行を行うのに労力を必要とされるからである(地下絞架式)。

「絞首刑が失敗して受刑者が死亡しないという不測の事態を避けるために、受刑者が吊り下げられるとすぐさま医師が致死性の薬物を注射する」という俗説がある。しかし、このような方法は法律で定められた「絞首」とは異なるため、実際には実施されていない。

脚注[編集]

関連項目[編集]