秦彦三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
秦 彦三郎
生誕 1890年10月1日
日本の旗 日本 三重県
死没 (1959-03-20) 1959年3月20日(68歳没)
所属組織 日本陸軍
軍歴 1912 - 1945
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

秦 彦三郎(はた ひこさぶろう、1890年10月1日 - 1959年3月20日)は、日本陸軍軍人。 最終階級は陸軍中将ロシア通として知られ第二次世界大戦終戦時の関東軍総参謀長。戦後はシベリアに抑留された。

略歴[編集]

三重県に生まれ、1912年陸軍士官学校を卒業(24期)して歩兵少尉となる。1915年、歩兵中尉となる。1919年陸軍大学校を卒業(31期)。1922年、歩兵大尉となり参謀本部員(ロシア班)となり、翌年、関東軍の満州里機関長となる。1926年ソ連大使館武官補佐官となり、翌年、歩兵少佐となる。

1930年ポーランド公使館武官ラトビア公使館附武官となる。1931年、歩兵中佐となる。1932年ルーマニア公使館附武官となる。1933年、参本ロシア班長、翌年、ソ連大使館附武官となる。 1936年、歩兵大佐(新聞班長)となる。

1938年、関東軍司附(ハルピン特務機関長)となり、翌年、陸軍少将となる。1940年、 関東軍参謀副長となり、1941年、関東軍参謀副長(兼秦機関長)となり陸軍中将となる。1942年10月に第34師団長、1943年4月に参謀次長大本営兵站総監となり、戦局不利な状況の中で作戦指導にあたる。1944年3月から8月までは陸軍大学校校長も兼職した。1945年4月7日、敗戦濃厚の中、関東軍総参謀長となる。同年8月9日、ヤルタ協定に基づきソ連軍満州朝鮮に侵攻し、同月18日、満州帝国滅亡。同年8月19日、山田乙三関東軍総司令官と秦は瀬島龍三中佐らを伴い、ジャリコウヴォアレクサンドル・ヴァシレフスキー元帥(極東ソ連軍総司令官)との停戦交渉を行った。

1945年12月、A級戦犯として連合国軍最高司令官より出された第3次逮捕命令のリストに名前があったが、既にソ連軍により捕らえられシベリア抑留の身であった。1956年12月26日に復員

逸話[編集]

  • ロシア語に長ける秦は大佐(陸軍省新聞班長)の頃、ユダヤ系ロシア人の家に下宿して『隣邦ロシア』と言う本を出版している。
  • 1945年8月28日付けの、大本営対ソ作戦参謀の朝枝繁春中佐の『関東軍方面停戦状況に関する実視報告』によると「キテイ方針通リ大陸方面ニ於イテハ 在留邦人及ビ武装解除後ノ軍人ハ ソ連ノ庇護下ニ土着セシメ生活ヲ営ムコトトシ ソ連側ニ依頼スルヲ可トスル サラニ土着スルモノハ 日本国籍ヲハナルルモ支障ナキモノトス」とある。民間の邦人救出のみか軍人の復員も眼中に無く、ソ連に任せると言う。これに対して関東軍参謀長である秦も邦人・武装解除後の軍人の棄民に反対するどころか「同意ナリ」と復命。この様に日本政府の方針が定まっている満州にソ連は侵攻。復員事業は日本政府主導ではなくポツダム宣言9条を履行した連合国によるものと言える。シベリア抑留の悲劇も、大本営と関東軍の武装解除後の軍人・民間人の棄民に原因し、ソ連にしてみれば捕虜と言うより戦利品としての労働力であったとも言える。

栄典[編集]

  1. ^ 『官報』第167号「叙任及辞令」1913年2月21日。