伊四百型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊四〇〇型潜水艦から転送)
移動: 案内検索
伊400型潜水艦
I400 2.jpg
艦級概観
艦種 一等潜水艦
艦名 イ400、イ401、イ402
前級
次級
性能諸元
排水量 基準:3,530トン 常備:5,223トン
水中:6,560トン
全長 122m
全幅 12.0m
吃水 7.02m
機関 艦本式22号10型ディーゼル1,925馬力4基2軸
水上:7,700馬力
1,200馬力モーター2基
水中:2,400馬力
速力 水上:18.7kt
水中:6.5kt
航続距離 水上:14ktで37,500海里
水中:3ktで60海里
燃料 重油:1,750トン
乗員 157名
兵装 40口径14cm単装砲1門
25mm3連装機銃3基
同単装1挺
53cm魚雷発射管 艦首8門
魚雷20本
航空機 特殊攻撃機『晴嵐』 3機
(四式一号一〇型射出機 1基)
備考 22号電探1基、13号1基
安全潜航深度:100m
連続行動時間:約4ヶ月
アメリカ本土に回航されて技術調査中の伊四百型潜水艦。本型は軽巡洋艦なみの14cm主砲を後部甲板に装備していた。
M6A 晴嵐
伊四百型潜水艦の飛行機格納筒
伊四百の士官

伊四百型潜水艦[1](いよんひゃくがたせんすいかん)は、太平洋戦争中の大日本帝国海軍潜水艦の艦級。別名潜特型(せんとくがた)とも呼ばれる。なお、本型の計画縮小の補填として、巡潜甲型を改造した伊十三型潜水艦があり外形が似ている。

概要[編集]

3機の特殊攻撃機『晴嵐』が搭載可能であり、潜水空母(せんすいくうぼ)とも俗称される。第二次世界大戦中に就航した潜水艦の中で最大であり、通常動力型潜水艦としては、2012年に竣工した中国海軍032型潜水艦中国語版英語版(水上排水量3,797t、水中排水量6,628t)に抜かれるまでは世界最大であった。全長はアメリカ海軍ガトー級を27メートル上回る。理論的には、地球を1周半航行可能という長大な航続距離を誇り[2]、日本の内地から地球上のどこへでも任意に攻撃を行い、そのまま日本へ帰投可能であった。大柄な船体(排水量3,350tは軽巡洋艦夕張と比較してなお大きい)を持つが水中性能は良好であった。急速潜航に要する時間は1分である。

同型艦3隻が就航したが、いずれも具体的な戦果をあげる前に終戦を迎え、連合国は日本の降伏までその存在を知らなかった[3]。終戦直後にアメリカ軍が接収する際、その大きさにアメリカ軍士官が驚愕したという逸話が残っている。アメリカ軍による調査の後、自軍で使用することも検討していたが[2]、ソビエトからの見聞の要請があった直後、ハワイ沖で魚雷によって海没処分となった。ソ連への情報漏洩を恐れたとされる[4]。処分後、その詳しい位置は記録されていなかったが、アメリカの調査家による10年来の海底調査により[2]、2005年3月に伊四百一が、2013年8月に伊四百が、2015年8月に伊四百二[5]が海底から発見された。

米海洋大気局の専門家[誰?]によれば、伊四百型潜水艦はそれまで対艦兵器としか見なされていなかった潜水艦の用途を一変させ、第二次大戦後の潜水艦の設計・運用姿勢に大きな影響を与えた結果、核の時代の弾道ミサイル発射能力を持った米軍潜水艦に行き着いたという[6]。実際、戦後に米軍が浮上後の潜水艦からパルスジェットミサイルの発射実験を行った潜水艦が酷似した形をしていた[4]

開発の経緯[編集]

伊四百型の建造目的は、元々はアメリカ本土攻撃である[2]。立案は山本五十六であり南アメリカ南端を通過してアメリカ東海岸を攻撃目標としていた[2]スミソニアン航空宇宙博物館の近代軍用機担当学芸員ディック・ダーソは、「アメリカ東海岸を隠密裏に攻撃するよう特殊設計されており、おそらくワシントンD.C.やニューヨーク市を標的としていたものと考えられる」としている。そのため、建造要綱として33000海里の航続距離が要求された。長大な航続距離は船体の大型化に拍車をかけた[2]。当初は『晴嵐』の搭載数は2機であったが、伊四百型の建造数が当初の18隻から10隻に削減されたことより(後で更に建造数は削減された)、急遽3機に変更要請された。すでに伊400においては建造が開始されていたため、格納塔を後部へ10m延長するとともに『晴嵐』の仕様を一部変更する、格納扉にくぼみを設ける、弾薬庫と対空火器の位置を変更する、などの設計変更で3機の搭載を可能とした[2]。しかし、ドイツが降伏したことで大西洋方面の米英艦隊が太平洋に移動してくることが予想されたため、攻撃目標はアメリカ東海岸からパナマ運河のゲートに変更された。運河のゲートを破壊することによってガトゥン湖の水を溢れさせようという計画であったため、『晴嵐』には魚雷の装備が要求された。伊400完成後、パナマ運河を念頭においた訓練が開始された[2]。『晴嵐』の組み立ては、飛行機に不慣れな乗員が行っていたため、3機の『晴嵐』を発射するのに当初は半日近くかかったが[2]、訓練後には15-20分程度で3機の射出が完了するようになった。しかし、その頃には既に大半の米英艦艇は太平洋に移動済みであり、今さらパナマ運河を破壊しても戦略的意義が無いということで、再び攻撃目標が変更されて最終的にはウルシー泊地への特攻計画となった(『晴嵐』を体当たり特攻機として使用し、回収しない計画)[2]

海軍は、本型以前にも航空機を搭載可能な潜水艦を建造していたが(伊号第五潜水艦伊号第十二潜水艦など)、これらに搭載する機体は「九六式小型偵察機」「零式小型水上偵察機」といった、通常の潜水艦作戦における索敵用のものに留まっていた。一方、潜特型に求められたのは当初には彗星艦爆の搭載であり、それが実際的でないとされたため、特殊攻撃機晴嵐を新たに開発することになった。設計当初、晴嵐はフロートを装着せず非水上機として運用される予定だった(この場合、機体の回収は不可能になり、使い捨てとなる)。純爆撃・攻撃用途の飛行機を戦略的に運用することを計画上の主目的とした点で、従来の専用小型水偵を偵察目的として搭載した潜水艦とは、完全に一線を画している。

1942年(昭和17年)の改マル5計画で18隻の建造が計画(設計番号S50)されたが、戦局の移行と共に計画は次第に縮小されて5隻となった。最終的に3隻が完成した。建造計画の縮小を補うため、1隻当たりの搭載機数が3機に増加されたうえ、建造途中の甲型潜水艦を晴嵐2機搭載可能な潜水空母に改造した(伊十三型潜水艦伊十三伊十四)。

構造[編集]

通常の複殻式船体の潜水艦は、1本の水密された筒からできている内殻と、それの外部にメイン・タンク、補助タンク等を置き、さらに全体を包む外殻から構成されている。伊四百型では2本の筒を並列し、筒の一部を合着した内殻を採用した。そのため、艦の断面図が眼鏡のような形になっている[2]。この内殻の外部を外殻で包んでおり、艦の全高を抑えて安定性を高めることができた。ディーゼルエンジンを左右の内殻に2基づつ配置し、横方向に4基のエンジンが並ぶ配置となった[2]。2基のエンジンで1つのスクリューを駆動した。伊四百の内殻の上方には、水密された飛行機格納筒、司令筒、これらを一体化したセイルなど、大型の上部構造物を設置しなければならなかったため、安定性の確保は重要な問題であった。なお、眼鏡型船体は伊五一でも採用されている。飛行機格納筒の直径は晴嵐のプロペラがギリギリ収納できる直径4mとされたため[2]、晴嵐の主翼の格納は90度回転させてから後方に折りたたむという、今までの日本海軍艦載機では類を見ない特殊な格納方法となった[7]。フロート部分は取り外され、格納塔外の最上甲板株に収納された[2]

カタパルトには四式一号一〇型を採用した。日向、大和に採用された一式二号射出機よりも40cmほど大きく、最大5tの航空機を射出した。射出動力は圧搾空気である。

戦歴[編集]

第六艦隊司令部により、当初はパナマ運河の、次は開戦後に伊号第二十五潜水艦などにより行われたことのあるアメリカ本土西海岸部への再度の攻撃が検討された。しかし、昭和19年12月に発生した東南海地震に加え、本土空襲で愛知航空機の工場が破壊されたため、晴嵐の完成が遅延した。昭和20年3月、伊四百は艦と搭載航空機との共同訓練を終了したが、この時点で伊十三、伊十四には晴嵐が搭載されておらず、格納庫は空の状態だった。作戦目標の再選定が行われ、最終的に1945年(昭和20年)6月12日頃、ウルシー泊地の在泊艦船への米機動部隊への攻撃が決定された。

作戦参加艦は第一潜水隊に編入された。伊四百伊四百一が攻撃部隊に選定された。攻撃部隊に先行し、潜水空母に改造された伊十三伊十四が偵察用の艦上偵察機彩雲をトラック島に輸送する計画(光作戦)であった。これらの彩雲偵察機は作戦目標であるウルシー泊地を偵察する計画であった。

7月16日に米護衛空母の艦載機と水上部隊によって伊十三は撃沈されたが、伊十四は輸送に成功。彩雲を陸揚し、作戦の第一段階が成功した。

これにより、第一潜水隊の攻撃予定日は8月17日3時に会合の上、作戦開始と決定された。7月20日に伊400は出撃し、秘密保持のために伊401とは別のコースでウルシーに向かった。8月14日にウルシー沖の会合地点に無事到着して伊401との会合を待っていたが、8月15日の玉音放送を受信すると、艦内でこのまま攻撃を実施するか呉に帰港するか激論となった。最終的に艦長判断で攻撃を中止し、呉に帰ることになった。内地へ帰投する途中、伊四百は東京湾北東500海里で、伊四百一は三陸沖で米軍に拿捕された。なお、このとき米軍が撮影した伊四百乗組員のカラー映像が残っており、後年日本の報道番組内で公開された。

同型艦[編集]

伊号第四百潜水艦[8](第5231号艦)
1944年(昭和19年)12月30日呉海軍工廠で竣工。連合艦隊第6艦隊第1潜水隊に所属。ウルシー南方で待機中敗戦を迎える。帰投命令を受領し搭載機、魚雷を投棄。8月29日にアメリカ駆逐艦ブルーに接収され、8月30日横須賀港に帰港。9月15日除籍。その後、アメリカ本土に回航されて技術調査され、ハワイ近海で実艦標的として撃沈処分。2013年8月にハワイ海底研究所英語版によりオアフ島南西の海底で発見された。
伊号第四百一潜水艦[9](第5232号艦)
1945年(昭和20年)1月8日佐世保海軍工廠で竣工。連合艦隊第6艦隊第1潜水隊に所属。カロリン諸島ポナペ島沖で伊四百と合流できず、そのままウルシー攻撃に向かうが終戦により日本へ帰投。8月29日ヒラム・カスディ中佐の率いるアメリカ軍部隊が接収。31日早朝、座乗して指揮を執っていた第1潜水隊司令有泉龍之助大佐は艦内で自決した。自決日は8月29日あるいは8月30日とする資料もある(『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』では8月29日、丸スペシャル第13巻『伊号潜水艦』(潮書房)では8月30日、半藤一利著『戦士の遺書』文春文庫1995年では8月31日)。8月31日横須賀港に帰港、9月15日除籍。アメリカ本土に回航され技術調査され、ハワイ近海で実艦標的として撃沈処分。2005年3月20日にハワイ大学の研究チームにより海底で発見された。
伊号第四百二潜水艦[10](第5233号艦)
1945年(昭和20年)7月24日佐世保海軍工廠で竣工。連合艦隊第6艦隊第1潜水隊に所属。8月11日にで爆撃をうけ損傷[11]。呉で整備中に敗戦を迎える。11月30日除籍。1946年(昭和21年)4月1日長崎県五島列島北方の東シナ海でアメリカ軍の実艦標的として撃沈処分。2015年(平成27年)年8月7日には、海上保安庁が同年7月に観測船「海洋」が伊号第四百二潜水艦と思われる沈没船を発見したと発表した。
第5234号艦
戦局の悪化から1943年10月に計画中止。
伊号第四百四潜水艦[12](第5235号艦)
1943年(昭和18年)11月18日呉海軍工廠で起工、翌年7月7日に進水。1945年(昭和20年)8月末竣工予定も95%で工事中止し島影に疎開。7月28日呉軍港空襲により大破、後に連合国軍に対する技術隠匿のために自沈処分。1951年12月浮揚、翌年解体。
伊号第四百五潜水艦[13](第5236号艦)
1944年(昭和19年)9月27日[14][15]川崎重工業泉州工場で起工したが直後に建造中止、解体。
第5237号艦から第5240号艦
戦局の悪化から1943年10月に計画中止。
第5241号艦から第5248号艦
戦局の悪化から1943年7月に計画中止。

関連作品[編集]

  • ドキュメンタリー番組『陸海空!ミリタリー』シリーズ『日本軍の極秘潜水艦』[16]ナショナル・ジオグラフィック
  • ドキュメンタリー番組『さらば海底空母イ401 幻のパナマ運河大爆撃』(1983年、木曜スペシャル日本テレビ系列)
  • 漫画、『あかつき戦闘隊』 園田光慶の戦争漫画。1968年『週刊少年サンデー』に連載
  • ドキュメンタリー番組『潜水艦トップ10』DiscoveryChannel
  • ドキュメンタリー番組『幻の巨大潜水艦 伊400〜日本海軍極秘プロジェクトの真実』(2015年5月6日、歴史秘話ヒストリアスペシャル、日本放送協会
    • ハワイ沖の海底に沈む伊400と、特型潜水艦の特徴や開発経緯、晴嵐のスミソニアン博物館の展示の様子・開発経緯・特型潜水艦での組み立て、乗員の具体的証言(呉の潜水艦桟橋及び横須賀のヴェルニー公園で「〈海上自衛隊の潜水艦とは〉比べものにならない〈位、伊400のほうが大きい〉」等)、甲板上の形状まで再現したコンピュータグラフィック。当時の動画として、終戦翌年ハワイ入港時の甲板上の様子が写ったカラーのものや、魚雷で撃沈される白黒のものなど。また、海上自衛隊が保持しており今回公開された図面もコンピュータグラフィックには活かされている。潜水調査は、2013年の発見後にハワイ大学とNHKとの共同事業。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0462-8
  • 木俣滋郎『潜水艦入門』光人社NF文庫、1998年。ISBN 4-7698-2199-9
  • 『歴史群像No.34米本土爆撃を企図した巨大潜水空母 伊400潜大研究』学習研究社、1998年
  • 世界の艦船 No. 469 増刊第37集 『日本潜水艦史』 海人社、1993年。ISBN 4-905551-44-7
  • 丸スペシャル No. 132 日本海軍艦艇発達史『日本の潜水艦I』 潮書房、1988年。

脚注[編集]

  1. ^ 昭和18年12月22日付 海軍内令 第2776号。四〇〇ではない。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 幻の巨大潜水艦 伊400 日本海軍 極秘プロジェクトの真実 第216回 歴史秘話ヒストリア NHKオンデマンド
  3. ^ 伊400発見:さらに未発見の潜水艦も ナショナルジオグラフィック 2013年12月5日
  4. ^ a b ドキュメンタリー番組『陸海空!ミリタリー』シリーズ『日本軍の極秘潜水艦』(ナショナル・ジオグラフィック)
  5. ^ 五島列島沖に眠る旧日本海軍の潜水艦群
  6. ^ 旧日本軍の巨大潜水艦を発見、ハワイ沖 CNN.jp 2013年12月4日
  7. ^ 当時他国で後方折りたたみを採用していた艦載機としては、アメリカ海軍のF6FTBF、イギリス海軍のファイアフライ等がある
  8. ^ 昭和18年12月22日付 海軍大臣達 第319号。四〇〇ではない。
  9. ^ 昭和18年12月22日付 海軍大臣達 第319号。四〇一ではない。
  10. ^ 昭和19年5月20日付 海軍大臣達 第169号。四〇二ではない。
  11. ^ 『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』p164の記述による。
  12. ^ 昭和19年6月5日付 海軍大臣達 第181号。四〇四ではない。
  13. ^ 昭和19年8月25日付 海軍大臣達 第279号。四〇五ではない。
  14. ^ 世界の艦船 『日本潜水艦史』、p. 80。
  15. ^ 丸スペシャル『日本の潜水艦I』、p. 48。
  16. ^ 日本軍の極秘潜水艦

関連項目[編集]