一夕会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一夕会(いっせきかい)は、1929年(昭和4年)5月19日日本陸軍内に発足した[1]、佐官級の幕僚将校らによる会合。陸軍士官学校14期生から25期生を中心に組織された。

概略[編集]

一夕会は二葉会[2]木曜会のメンバーが合同してできたものとされる。その2つの会合が直接統合したというわけではなく、木曜会の会合に二葉会の永田鉄山東條英機が顔を出すようになったのを契機として、それらの会は継続されたまま、新たに一夕会という会合が持たれたという方が近い。実際、一夕会成立後も二葉会や木曜会の会合は見られる。永田鉄山、小畑敏四郎岡村寧次が主導し、永田が中心的存在であったとされている。

二葉会メンバーの方が年齢も地位も高く、木曜会の鈴木貞一がこれらの勢力を取り込み軍内での勢力拡大を企図したことや、永田が地道な研究活動により改革を実現するよりも、自身や自身を含む勢力が権力を持つことによって目標を達成していく志向を持ったことなどが、一夕会成立の要因とされる。

一夕会には多くの陸軍高級エリートが所属していたが、優等卒業者は多く参加していたものの首席卒業者は鈴木率道のみであった。

会員[編集]

経過[編集]

人事問題を研究していた二葉会と満蒙問題を研究していた木曜会の流れを汲む組織であるからには、当然その2つが中心的な話題となる。第1回の会合では以下ような決議がされた。

  1. 陸軍の人事を刷新し諸政策を強力に進める
  2. 満蒙問題の解決に重点を置く
  3. 荒木貞夫真崎甚三郎林銑十郎の三将軍を盛りたてる

まず陸軍中央の重要ポスト掌握に向けて動いた。最初の会合の直後である1929年(昭和4年)5月21日、岡村寧次が全陸軍の佐官級以下の人事に大きな権限をもつ、人事局補任課長に就任の辞令を受けた。岡村は直属の上司の人事局局長に小磯國昭を任命させるよう動いたがこれには失敗する。同年8月の人事異動の後、岡村は人事局の課員に七田一郎、加藤守雄、北野憲造らを就任させた。岡村の後任の人事課長には磯谷廉介が就任し、加藤守雄が高級課員となっている。翌1930年8月、永田鉄山が予算配分に強い発言力をもち、全陸軍におけるもっとも重要な実務ポストである軍務局軍事課長に就任。渡久雄が参謀本部欧米課長に就任。

これより前、1928年(昭和3年)には関東軍高級参謀であった河本大作が張作霖爆殺事件(満州某重大事件)を起こしていたが、同年10月に石原莞爾が関東軍主任参謀に、翌1929年(昭和4年)5月には、板垣征四郎が河本大作の後任の関東軍高級参謀になる。そのころには加藤守雄が補任課員であり、その働きかけによるものとみられている。

1931年(昭和6年)8月には、鈴木貞一が軍事課支那班長に、東條英機が参謀本部動員課長に、武藤章が同作戦課兵站班長に就任するなど、満州事変開始期には、陸軍中央部の主要中堅ポストは一夕会メンバーで占められていた。また、1931年8月に荒木貞夫が教育総監部本部長に就任した。

そして彼らは満蒙問題の解決や高度国防国家の建設に乗り出すことになる。メンバーの努力で、満州問題は武力解決の必要があることが陸軍内で認識されるようになり、陸軍中央部では永田鉄山、鈴木貞一らが動き、関東軍では石原莞爾、板垣征四郎らが動くことで満州事変の準備が整えられた。1930年(昭和5年)11月、永田軍事課長は満州出張の際に、攻城用の24糎榴弾砲の送付を石原莞爾らに約束し、翌1931年(昭和6年)7月、奉天の独立守備隊兵営内に据え付けられた。

1931年(昭和6年)12月に荒木貞夫陸軍大臣就任、1932年(昭和7年)1月に真崎甚三郎参謀次長就任、同5月に林銑十郎教育総監就任で、三将軍擁立は実現された。

しかし実際に満州事変の処理で各人が忙しくなると、会合を持つのが困難になった。そして翌1933年(昭和8年)には、対ソ方針と対支方針の違いで陸軍士官学校の同期で二葉会以前より深い親交のあった永田と小畑の反目が激しくなる[5]。同じく同期の岡村寧次が仲裁に入るも、岡村が上海派遣軍参謀副長になったこともあり、この2人の溝は埋められなかった。これを統制派皇道派の萌芽とする意見もある。

荒木陸相の人事(荒木人事)の下、小畑は参謀本部を牛耳り、荒木の後任の林陸相の下で永田は軍務局長となり陸軍の人事を握ったが、永田は1935年(昭和10年)に相沢三郎の凶刃に倒れた(相沢事件)。1936年(昭和11年)の二・二六事件の結果、皇道派の粛清が始まると荒木や真崎と共に小畑も陸軍を追われた。東條と石原が抗争を続けるなど、かつての一夕会メンバーが一時代を築くとともに、彼らの中でも意見対立が激化していった。

脚注[編集]

  1. ^ 会の中心人物である岡村寧次の日記より。会員の一人である土橋勇逸が記した『軍服生活四十年の想出』には、一夕会は1927年(昭和2年)11月3日に発足し、会の名付け親は土橋勇逸で、概ね毎月一回開催することにし、常任幹事を清水規矩、土橋勇逸、武藤章にした、とある。
  2. ^ 1921年(大正12年)のバーデン=バーデンの密約のメンバーである永田、小畑、岡村とその後参加した東條、河本、板垣らを中心に、陸軍士官学校15期から18期の卒業生のエリートが中心に結成された会。名称は、1927年(昭和2年)から定期的に会合を持つようになった場であるフランス料理店二葉亭に由来するという(大江志乃夫『張作霖爆殺』33-35頁)。
  3. ^ 会の顧問格であったとされ、永田と小畑の意見対立を未然に調停できる人物であったとされる。1929年8月に飛行機事故により死去。
  4. ^ 荒木貞夫の腹心の退役軍人。シベリア出兵の時の方針上をめぐって田中義一(当時は陸軍大臣)と対立した結果、陸軍を去っていた。軍上層部との連絡役であったとされる。
  5. ^ 日ソ不可侵条約と東支鉄道買収について永田は賛成し、小畑は反対するといった具合であった。

参考文献[編集]


関連項目[編集]