岡田資

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡田 資
Tasuku Okada.jpg
生誕 1890年4月14日
日本の旗 日本 鳥取県
死没 (1949-09-17) 1949年9月17日(満59歳没)
日本の旗 日本 東京都
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1911 - 1945
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

岡田 資(おかだ たすく、1890年4月14日 - 1949年9月17日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

人物[編集]

岡田資は中尉時代の1916年12月から約1年間半にわたって、陸軍士官学校の7期後輩である第30期第3中隊第3区隊長を務めている。この第3区隊員の中には、後に、日中和平工作に尽力し、バターン戦線では兵団本部からの米比軍捕虜千余名の処刑命令に抗して釈放した陸軍少将今井武夫がいた。岡田は1930年には秩父宮付武官を務めている。若者を愛した人で「青年将軍」の通称があった。

第十三方面軍司令官兼東海軍管区司令官を務めていた1945年5月14日名古屋空襲の際、撃墜され捕虜となった米軍B-29爆撃機搭乗員27名を自らの命令(旧陸軍内での法的根拠は与えられており、私的制裁の類ではない)で処刑した(11名は軍律会議で死刑判決、処刑は6月28日、瀬戸市付近。残り16名は5月14日空襲より後の捕虜、略式手続きのみで7月12~15日に軍司令部庁舎裏にて4回に分けて処刑。処刑方法はいずれも斬首であり、このことも戦犯裁判での争点となった)。戦後、国際法違反(捕虜虐待罪)に問われ、B級戦犯として連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)に逮捕され、軍事裁判(横浜法廷)に掛けられた。

戦犯裁判での岡田は米軍による空襲について「一般市民を無慈悲に殺傷しようとした無差別爆撃である」「搭乗員はハーグ条約違反の戦犯であり、捕虜ではない」と徹底的に主張し(岡田自身は、これを『法戦』と呼んだ)、検察や米軍関係者による爆撃の正当化を批判、捕虜虐待の罪に付いても全面的に争った。

1949年9月17日巣鴨プリズンにて絞首刑が執行された。処刑に当たり、裁判を担当した検事・弁護人を初め、国内でも秩父宮から助命嘆願や減刑の要望書が出されたり、GHQ側の法務担当官から「終身刑が相当である」「絞首刑ではなく銃殺刑(欧米では、銃殺刑は軍人の名誉を重んじた処刑方法と考えられていた)とするべし」との意見も出されたが、当初通り絞首刑による死刑が執行された。

熱心な日蓮宗の信者であり、他の戦犯死刑囚に対し仏教思想に基づく勉強会を開くなどして、精神的な支えにもなったと言われている。息子、岡田陽(あきら)は、玉川大学創立者小原國芳の娘と結婚し、同文学部教授で、学校劇、演劇教育の専門家。岡田資を描いた映画『明日への遺言』の中に子息とその婚約者として登場している。

岡田資の著作[編集]

巣鴨プリズン収監中に配給の鉛筆をコンクリートの壁で削り便箋に書き記した、同じく戦犯容疑で収監されている若者との交流録、遺族・関係者にあてた手紙(長文の通信は出来ないので事実上の遺言である)、仏教関係の理解で構成される遺著『毒箭』がある。数百枚の遺稿を遺族・関係者が5年がかりでまとめた500頁を超える大著である。1954年(昭和29年)初版、1956年(昭和31年)第2版(いずれも関係者・図書館配布のみ)。増補復刻版が隆文館で、2008年(平成20年)の映画『明日への遺言』公開に併せ出版されている。

岡田資を描いた作品[編集]

書籍
  • 大岡昇平ながい旅』- 新潮社版(初版1982年(昭和57年))は事実誤記が多く指摘され、新潮文庫再刊に際し作者本人が訂正を加えた(1987年(昭和62年)刊行、品切)。
    作者没後は『大岡昇平全集.10』(筑摩書房1995年(平成7年)刊行)に所収。映画『明日への遺言』の公開に併せ、角川文庫で再刊されたが、未訂正の新潮社版を元にしている。
  • 今井貞夫『幻の日中和平工作 軍人今井武夫の生涯』中央公論事業出版、2007年11月
映画

関連項目[編集]