名古屋大空襲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
空襲後の名古屋市街

名古屋大空襲(なごやだいくうしゅう)は、大東亜戦争第二次世界大戦)末期、アメリカ軍名古屋市に対して繰り返し行った空襲の総称、もしくはそのうち特に市街地を標的として大規模に行われたものをいう。後者においては、中心市街地が罹災した1945年昭和20年)3月12日名古屋駅が炎上した3月19日、または名古屋城を焼失した5月14日の空襲などを指す。

概要[編集]

明確な定義はないため、名古屋に対するすべての空襲を総称して大空襲と呼ばれる場合も多く、また一宮市半田市に対するものなど名古屋近郊への空襲も便宜的に含める場合などもある。1945年昭和20年)6月9日熱田区愛知時計電機船方工場・愛知航空機船方工場周辺に行われた空襲は熱田空襲と呼ばれる。

名古屋への初期の空襲[編集]

1942年(昭和17年)4月18日アメリカ陸軍航空軍B-25爆撃機によるドーリットル空襲が行われ、名古屋にも同爆撃機2機による初の空襲があり、死者8人、負傷者31人の被害を被った。

1944年(昭和19年)7月サイパン島などマリアナ諸島をアメリカ軍が制圧し、ここが以後の日本本土空襲の基地となった。

同年12月13日、アメリカ陸軍航空軍のB-29爆撃機90機により、日本航空用発動機生産高の4割以上を生産していた東区大幸町の三菱重工業名古屋発動機製作所大幸工場(三菱発動機第四工場、現在のナゴヤドーム及び名古屋大学大幸医療センター付近)に対する初の本格的空襲が行われた。天候等の関係から爆弾は思うようにこの工場に命中せず、アメリカ軍は翌1945年(昭和20年)4月7日まで執拗に爆撃を繰り返し[1]、7回の爆撃で工場を壊滅させた。工場に命中しなかった爆弾は周辺の民家に着弾し、多くの民間人が巻き添えになって死亡した[2]

また、この12月13日には「東洋一の動物園」と謳われた千種区東山動物園においても、爆撃で破壊された飼育施設から逃げ出さないよう多数の猛獣類が殺処分された(戦時猛獣処分)。東山動物園では他の動物園で猛獣処分が始まってからも殺処分を拒んでいたが、警備に協力していた猟友会の強い要求を受けて処分に至った[3]

激化した1945年の空襲[編集]

炎上する名古屋駅(1945年3月19日)。屋上には高射砲の陣地があったが、全く届かなかった。

空襲は、当初は日中の高高度戦略爆撃により軍関連の工場や名古屋港などの産業施設へ通常爆弾による精密爆撃を中心に行われていたが、1945年(昭和20年)1月にカーチス・ルメイが第21爆撃集団司令官に着任してからは、焼夷弾を用いた市街地への無差別爆撃が始まり、3月頃からは深夜の空襲が多くなった。

3月12日未明、B-29爆撃機200機による名古屋市の市街地に対する大規模空襲が行われ、105,093人が罹災した。死者519人、負傷者734人に上り、家屋25,734棟が被災し、市街の5%が焼失したとされる。

3月19日午前2時頃、B-29爆撃機230機による名古屋市の市街地に対する大規模空襲が行われ、151,332人が罹災した。死者826人、負傷者2,728人に上り、家屋39,893棟が被災した。中区中村区、東区などの市中心部は焼け野原となり、1937年(昭和12年)に竣工したばかりの6階建ての名古屋駅の焼け焦げた姿が遠くからでもよく見えたという。

5月14日、B-29爆撃機440機による空襲で国宝名古屋城が炎上、家屋21,905棟が被災した。66,585人が罹災し、死者338人、負傷者783人に上ったが、これ以降に撃墜されたB-29の搭乗員は、戦時国際法違反(非戦闘員に対する無差別爆撃)の戦争犯罪斬首死刑が執行されている。6月9日には熱田空襲が行われ、愛知時計電機・愛知航空機の社員や動員学徒を含む2,068人の死者を出した。7月26日エノラ・ゲイによる八事日赤病院付近への模擬原爆(パンプキン爆弾)投下[4]を最後に63回の空襲が行われ、B29の来襲は2,579機に達した。投下された爆弾の総量は14,000トンに上り、被害は死者7,858名、負傷者10,378名、被災家屋135,416戸に及び[5]、名古屋市は日本の他の大都市と同様に壊滅的に破壊された。

戦災復興事業[編集]

第二次世界大戦後、焼け野原と化した名古屋市の中心部での都市再建では、まず道路基盤が発達した都市造りに力を入れた。道路造りの為に中心部にあった18万9千基の墓を移した。更地同然となった名古屋市の中心部では空襲での火災被害の境遇から、火災の延焼を防ぐため、また市民の避難場所にするため100m道路と呼ばれる久屋大通若宮大通が造られた。公園緑地の整備もされ、鉄道沿線整備と駅前広場、居住環境の整備など、インフラ整備を中心に名古屋市の都市再建を目指した。

また名古屋市の都市としての個性と魅力が欠けると言われる事があるが、風媒社の『名古屋の観光力 : 歴史・文化・まちづくりからのまなざし』によると、名古屋市の観光面での都市として魅力が欠けるのは空襲により名古屋市に数多くあった歴史的遺産と景観が豊富な市街地の大半が空襲による戦災により焼失したことが大きく影響し、戦後の名古屋市の戦災復興事業により、機能的で効率的な街造りを推進してきた事が大きいと指摘している。

被害状況[編集]

名古屋市の全市域約1万6000haの約24%に当たる約3850haが焦土化したとされる。特に東区中区栄区熱田区の50%~60%が焼失されたとされ、都心部の公共建物や繁華街は壊滅的な打撃を受け、市の中心部は焦土と化した。

主な被災建物[編集]

木造の建造物の大半は焼失した。慶長年間以来の碁盤割の町並みをはじめ、名古屋市の中心の建物の大半は破壊され、完全に焦土と化した。

公共施設
  • 内政部長官舎
  • 名古屋専売局
  • 各区役所
  • 各区支所精米所
  • 名古屋中税務署
  • 日本貯蓄銀行八熊支店
  • 食料営団水主町精米所
  • 名古屋市図書館
  • 食糧営団千種
  • 少年審判所
  • 名古屋貯金支局
  • 栄警察署
  • 北警察署
  • 田代消防署
  • 牧野消防署
  • 各変電所
  • 露橋下水処理場
  • 名古屋刑務所二棟
  • 中部日本新聞社
医療施設
鉄道施設
日本軍関係施設
商業施設
教育施設
企業・工場施設

主な被災文化財[編集]

空襲により名古屋市内にあった数多くの文化財の歴史的建造物などの大半が失われ、被害を受けた。

炎上する名古屋城(1945年5月14日)
1930年(昭和5年)に城として初めて名古屋城は城にある建物や障壁画などの美術品の60点余りが国宝に指定されたが、天守閣や東北隅櫓、正門、金鯱、本丸御殿など多くを焼失。障壁画のうち、襖、障子、天井画など取り外し可能なものは空襲直前に取り外し、移動してあったため難を逃れたのもある。1959年に天守は鉄筋コンクリート構造で外観復元された。本丸御殿は2009年から復元工事が始まっている。
  • 猿面茶屋 
空襲により焼失するが、1949年(昭和24年)に再建。
  • 鎮皇門、海上門(旧国宝)
熱田神宮にあったが両方の門とも焼失。また熱田神宮は他にも勅使館、宮庁、神楽殿などが被害を受けた。
空襲により本堂を焼失。平成に入って再建された。
  • 七寺(長福寺、旧国宝)
大須観音真宗大谷派名古屋別院を凌ぐ、名古屋最大及び大須界隈の最大を誇っていた寺勢だったが、芝居小屋や国宝の本堂、三重塔など、七堂伽藍を全て焼失し、国宝に指定されていた5体の観音像のうち3体も焼失。空襲から免れた経蔵と燃えながらも住職により何とか移動して助かった2体の観音像だけが残り、現在はひっそりとした小さな寺に過ぎない。
空襲で焼失。1970年(昭和45年)に本堂が再建された。
空襲で、ほとんどの建物を焼失。1972年(昭和47年)に本堂を再建。
  • 高岳院
国宝の本門を焼失。
豪華極めた社殿の権現造、楼門、唐門、渡殿などが国宝に指定されていたが全て空襲で焼失。1954年(昭和29年)に建中寺にある御霊屋を移築して代わりに現在に至るまで名古屋東照宮の社殿として扱っている。
空襲で本殿などを焼失。戦後再建された。
国宝の表門や伽藍を全て焼失。
国宝の楼門など焼失。
源頼朝の生誕地とされる寺。空襲により堂宇など全て焼失。

名古屋大空襲に関連する作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 爆撃を受ける三菱重工業名古屋発動機製作所、名古屋大学医学部保険学科
  2. ^ シリーズ 戦争を考えるための遺跡(6)『ピースあいち メールマガジン』Vol.22、認定NPO法人 戦争と平和の資料館ピースあいち、2011年9月
  3. ^ 動物園の歴史 > 7. 戦時下の動植物園、東山動植物園
  4. ^ シリーズ 戦争を考えるための遺跡 (10)『ピースあいち メールマガジン』Vol.28、認定NPO法人 戦争と平和の資料館ピースあいち、2012年3月
  5. ^ - 緑区いまむかし - 2001年9月号(26号)、月刊グリ

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]