岡田陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡田 陽(おかだ あきら、1923年 - 2009年11月26日[1])は、児童演劇の研究者。玉川大学名誉教授。学校劇、演劇教育の専門家。

鳥取県出身[1]。 戦後、戦犯として処刑された岡田資陸軍中将の長男[1]として生まれる。玉川工業専門学校卒。小原國芳の娘と結婚(岡田資を描いた映画『明日への遺言』の中に子息とその婚約者として登場している)。玉川大学教授、文学部次長、名誉教授。2004年日本児童演劇協会賞受賞。

著書[編集]

編纂・共著[編集]

  • 『玉川学校劇集』全10 編 玉川大学出版部 1952-56
  • 『えんげき』編 玉川こども百科 誠文堂新光社 1955
  • 『ぼくらの学校』編 玉川こども百科 誠文堂新光社 1960
  • 『偉人物語』編 玉川こども百科 誠文堂新光社 1960
  • 『演劇と舞踊 玉川教育』岡田純子共編 玉川大学出版部 1964
  • 『南ギリシャを行く』編 玉川大学出版部 1973
  • 『玉川中学校劇集』全3巻 落合聡三郎共編 玉川大学出版部 1980
  • 『新しい学校劇』落合聡三郎共編 玉川大学出版部 1985
  • 『子どもの表現と劇遊び』編 フレーベル館 1988
  • 『たのしい劇あそび! 子どものいきいきとした活力をひきだす』方勝共編 日本児童福祉協会 1989
  • 『学校劇選集』全3巻 落合聡三郎共編 玉川大学出版部 1993
  • 『朗読劇台本集』全5巻 編 玉川大学出版部 1996-2002

翻訳[編集]

脚注[編集]

参考[編集]