林銑十郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
林 銑十郎
はやし せんじゅうろう
Premier Senjuro Hayashi.jpg
総理在任時(1937年)
生年月日 1876年2月23日
出生地 日本の旗 日本 石川県金沢市
没年月日 (1943-02-04) 1943年2月4日(66歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京府
出身校 陸軍大学校卒業
前職 軍事参議官
称号 帝國陸軍の階級―肩章―大将.svg 陸軍大将
正二位
勲一等旭日桐花大綬章
功四級金鵄勲章
配偶者 林初治
子女 中田純子(長女)
斎藤禌子(四女)
親族 白上佑吉(弟)
サイン HayashiS kao.png

内閣 林内閣
在任期間 1937年2月2日 - 1937年6月4日
天皇 昭和天皇

日本の旗 第46代 文部大臣(首相兼任)
内閣 林内閣
在任期間 1937年2月2日 - 1937年6月4日

日本の旗 第53代 外務大臣(首相兼任)
内閣 林内閣
在任期間 1937年2月2日 - 1937年3月3日

日本の旗 第39-40代 陸軍大臣
内閣 齋藤内閣
岡田内閣
在任期間 1934年1月23日 - 1935年9月5日
テンプレートを表示

林 銑十郎(はやし せんじゅうろう、1876年明治9年〉2月23日 - 1943年昭和18年〉2月4日)は、日本陸軍軍人政治家陸軍大将正二位勲一等功四級

斎藤内閣岡田内閣陸軍大臣を務めた後、内閣総理大臣第33代)となり、文部大臣を兼任、組閣直後には外務大臣も短期間兼任した。

来歴[編集]

加賀藩士であり、石川県砺波郡郡役所書記であった林孜々郎の長男として、石川県金沢市小立野に生まれる。母は別所さは(別所兎毛三の四女)、次弟は林亮三(のち大佐)、末弟は白土佑吉(のち東京市助役)。砺波郡が富山県に編入されるのは、1883年(明治16年)に富山県が再設置されてからである。

金沢市尋常師範附属小学校を経て、1894年(明治27年)7月、日清戦争が始まると、四高補充科を中退し、士官候補生となり陸軍士官学校に入校。1896年(明治29年)11月26日に卒業している。当時の官報によると卒業成績は、第8期歩兵科を92番/206名であった。ちなみに林弥三吉が100番、渡辺錠太郎が101番で名を連ねている。

1897年(明治30年)6月28日に歩兵少尉任官、金沢城内に衛戍する歩兵第7聯隊附となる。1903年(明治36年)に陸軍大学校第17期を12番/45名の成績で卒業し、エリート軍人(天保銭組)として歩み始める。陸大卒業後に林初治と結婚し、4男4女を育てた。

陸軍の人事は、陸士での成績より陸大出身者を優遇する方針であり、少尉任官から15年後の1912年(明治45年)7月時点では、陸士8期の歩兵少佐としては渡辺錠太郎(山縣有朋元帥副官)がトップ、林銑十郎(朝鮮駐箚軍司令部附)が3番、林弥三吉(獨逸国大使館武官補佐官)が12番とそれぞれ序列を上げている。

1904年(明治37年)に始まった日露戦争には金沢第9師団も出征。林大尉も同師団隷下の歩兵第6旅団旅団長一戸兵衛少将)の副官として従軍し、旅順攻囲戦に参加している。旅順盤竜山東砲台攻撃では、8月22日の撤退命令を拒否して残兵70名を率いて占領。「鬼大尉」の名を高めた林は、第3軍司令官乃木希典大将から個人感状を与えらている。

1911年(明治44年)3月には下士官一人を伴い、60日間徒歩で朝鮮国境を踏破し、守備方策を報告している。1913年(大正2年)から3年間にわたり、に留学している。ベルリンでは、真崎甚三郎少佐(9期)や永田鉄山大尉(16期首席)とも親交をもった。大正末に東京湾要塞司令官(中将)になった頃は予備役寸前かと思われたが、将官演習の成績が抜群だったことや、親友である真崎の援助で出世コースに返り咲いた。

陸軍大将林銑十郎(国立国会図書館より)

昭和初年には陸軍大学校長教育総監部本部長近衛師団長と順調に進んでいく。この頃、長州閥の排除を目指す「一夕会」(佐官級エリートの集まり)において、今後護りたてるべき将軍として荒木貞夫中将(陸大校長、9期、東京)、真崎甚三郎中将(第8師団長、佐賀)、林銑十郎中将(教育総監部本部長、石川)を挙げている。

1931年(昭和6年)9月、満州事変が勃発した時、林は現役中将の筆頭として常設2箇師団(19D、20D)を擁する朝鮮軍司令官の職にあった。有名な関東軍は当時、独立守備隊6個大隊を隷属し、また内地から2年交代で派遣される駐剳1箇師団(隷下でなくあくまで指揮下)のみである小規模な軍であった。

事変が勃発するや、奉勅命令を待たずに独断で隷下の混成第39旅団鴨緑江渡河を命じたために「越境将軍」と一躍名声をうたわれるようになった。朝鮮軍参謀神田正種中佐(23期)が、陸軍中央の一部並びに関東軍参謀らと気脈を通じており、神田の御膳立てに林がのったというのが真相だという。しかし、奉勅命令のない独断越境は、陸軍刑法の「擅権ノ罪[1]」に該当する重罪であった。

まさしく林にとって鴨緑江渡河による満州への越境は、ユリウス・カエサルルビコン川渡河に比すべき決断であった。一説では、林は中央から越境追認の知らせが届くまで、食事も喉を通らなかったともいう。しかし、朝鮮軍独断出兵の事後承認によって、林の将来は大きく開かれることになった。

1932年(昭和7年)4月、大将に進級。陸軍三長官のひとつ教育総監軍事参議官に就任する。

林陸軍大臣時代の実役停年名簿(1935年版)

1934年(昭和9年)1月、荒木貞夫陸相は風邪をこじらせ、その座を同期の真崎に禅譲しようと画策するが、真崎をよく思わない参謀総長閑院宮載仁親王元帥は、強く林の陸相就任を勧めた。真崎は参謀次長時代に、閑院宮総長を神輿扱いして勘気を蒙っていた。結果、真崎は教育総監兼軍事参議官にまわることになった。

齋藤内閣陸軍大臣(第25代)に就任、引き続き岡田内閣で陸相を務める。この頃、陸軍の現役将官佐官クラスに加賀藩(加越能)ゆかりの出身者(阿部信行大将、中村孝太郎中将、蓮沼蕃中将、鈴木重康少将、侯爵前田利為少将、河辺正三歩兵大佐、下村定砲兵大佐、田辺盛武歩兵大佐、河辺虎四郎砲兵大佐、青木重誠歩兵中佐、岡本清福砲兵中佐など)が多く占め、「加賀陸軍」と言われる隆盛を迎えた。また、林陸軍大臣は政策最高スタッフである陸軍省軍務局長永田鉄山少将を登用したことで、統制派VS皇道派の抗争が激化する因を作った。

1935年(昭和10年)7月、教育総監として度々、陸軍の人事に横やりを入れてきた皇道派の領袖である真崎甚三郎大将の更迭を実行した。閑院宮総長、軍事参議官渡辺錠太郎大将(8期)の後押しをうけたものであり、当時、大英断と概ね好評であったが、この更迭劇が怪文書「粛軍ニ関スル意見書」を配布した村中孝次歩兵大尉(36期)、磯辺浅一一等主計(38期)の免官処分(8月2日)、相沢事件(8月12日)さらには翌年の二・二六事件につながっていくことになる。

1935年(昭和10年)8月、陸軍省にて執務中の永田軍務局長が相沢三郎歩兵中佐(22期)に斬殺される出来事がおきた(相沢事件)。永田の政治手腕に依存する林は、失意のうち翌月には川島義之大将(10期)に陸軍大臣の椅子を明け渡している。

1937年(昭和12年)2月2日、第33代内閣総理大臣となる。林内閣は発足当時から色々と評判の悪い内閣だったが、それは林の性格から来ている部分も多い。

1943年(昭和18年) 1月半ば頃から風邪をこじらせ、自宅療養中に脳溢血を発症、そのまま2月4日に薨去。享年66歳。

意外な所では、林はイスラム教に関連した諸事の第一人者であり、自身は回教徒ではなかったが大日本回教協会の会長を務めている。同協会は在日回教徒のためにモスク・回教会館・神学校・図書館・宿泊所などの設立を目指して活動し、協会誌である『回教世界』を発刊している。

年譜[編集]

総理就任を祝う家族らと

栄典[編集]

叙位
叙勲
褒章

記念・栄誉[編集]

記念章
外国勲章佩用允許

家族・親族[編集]

系譜[編集]

  • 林家
                河合良成━━━━━河合良一━━河合良秋
                                 ┃
                       ┏━中田幸吉━━━━順子
                       ┃
                中田清兵衛━━╋━中田亮吉━━愛知和男
                       ┃
                       ┗━中田勇吉
                           ┃
                       ┏━━━純子
                林 銑十郎━━┫
                       ┗━━━禌子

著作[編集]

出典[編集]

  1. ^ 第三十五条 「司令官外国ニ対シ故ナク戦闘ヲ開始シタルトキハ死刑ニ処ス」
    第三十七条 「司令官権外ノ事ニ於テ已ムコトヲ得サル理由ナクシテ擅ニ軍隊ヲ進退シタルトキハ死刑又ハ無期若ハ七年以上ノ禁錮ニ処ス」
    第三十八条 「命令ヲ待タス故ナク戦闘ヲ為シタル者ハ死刑又ハ無期若ハ七年以上ノ禁錮ニ処ス」
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 陸軍大将林銑十郎特旨叙位の件」 アジア歴史資料センター Ref.A12090244400 
  3. ^ 『官報』第869号「叙任及辞令」1929年11月20日。
  4. ^ 『官報』第1606号「叙任及辞令」昭和7年5月11日
  5. ^ 『官報』第2212号「叙任及辞令」昭和9年5月19日
  6. ^ 『官報』第3149号「叙任及辞令」昭和12年7月3日
  7. ^ 『官報』第4818号「叙任及辞令」昭和18年2月5日
  8. ^ 『官報』第1636号「叙任及辞令」昭和7年6月15日
  9. ^ 『官報』第4818号「叙任及辞令」昭和18年2月5日
  10. ^ 『官報』第216号・付録「辞令」1913年4月22日。
  11. ^ 白上謙一『ほんの話』(教養文庫)P.109
  12. ^ 白上謙一『ほんの話』(教養文庫)P.76

参考文献[編集]

関連項目[編集]


公職
先代:
広田弘毅
日本の旗 内閣総理大臣
第33代:1937年
次代:
近衛文麿
先代:
荒木貞夫
日本の旗 陸軍大臣
斎藤内閣岡田内閣:1934年 - 1935年
次代:
川島義之
先代:
有田八郎
日本の旗 外務大臣(兼任)
林内閣:1937年
次代:
佐藤尚武
先代:
平生釟三郎
日本の旗 文部大臣(兼任)
林内閣:1937年
次代:
安井英二