土橋勇逸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
土橋 勇逸
つちはし ゆういつ
Yuitsu Tsuchihashi.jpg
生誕 1891年1月1日
大日本帝国の旗 大日本帝国佐賀県
死没 (1972-05-31) 1972年5月31日(81歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1912年 - 1945年
最終階級 中将
テンプレートを表示

土橋 勇逸(つちはし ゆういつ、1891年〈明治24年〉1月1日 - 1972年〈昭和47年〉5月31日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

佐賀県出身。小城中学校熊本陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1912年(明治45年)5月、陸軍士官学校(24期)を卒業し、同年12月、歩兵少尉に任官し歩兵第37連隊付となる。天津駐屯歩兵隊付などを経て、1920年(大正9年)11月、陸軍大学校(第32期)を卒業した。

1921年(大正10年)4月、参謀本部付勤務となり、次いで参謀本部員に就任。1923年(大正12年)4月から一年間、陸軍委託学生として東京外国語学校フランス語を学んだ。1924年(大正13年)7月から1927年(昭和2年)1月までフランスに駐在し、この間、国際連盟代表随員、陸軍省軍務局課員(軍事課)を務めた。1930年(昭和5年)8月、歩兵第1連隊大隊長となり、参謀本部員、欧州出張、軍務局課員などを経て、1935年(昭和10年)8月、歩兵大佐に昇進し歩兵第20連隊長に就任した。1937年(昭和12年)8月、フランス大使館武官発令を経て、1938年(昭和13年)7月、陸軍少将に進級。

1939年(昭和14年)5月、参謀本部付となり、次いで第21軍参謀長に就任し日中戦争に出征。参謀本部第2部長、支那派遣軍総参謀副長、兼中国大使館付武官を経て、1941年(昭和16年)8月、陸軍中将となった。同年9月、第48師団長に親補され台湾に駐屯。太平洋戦争開戦により、フィリピンの戦い蘭印作戦に参加し、その後、ティモール島の警備に従事した。1944年(昭和19年)11月、印度支那駐屯軍司令官に発令され、翌月、印度支那駐屯軍が第38軍に改編後も引き続き司令官を務めた。1945年(昭和20年)3月、仏印総督代行を兼務し終戦をハノイで迎えた。

1946年(昭和21年)4月、戦犯容疑により広東で抑留され、1948年(昭和23年)1月、サイゴンで抑留となった。1949年(昭和24年)7月、不起訴処分となり、翌年6月に復員

栄典[編集]

親族[編集]

  • 妻 土橋銈子 藤井包總(陸軍中将)の娘
  • 義兄 西郷勝蔵(陸軍少将)

著作[編集]

  • 『時局と吾人の反省』日本協会出版部、1940年。
  • 土橋弘道編『軍服生活四十年の想出』勁草出版サービスセンター、1985年。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第167号「叙任及辞令」1913年2月21日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。