犬養内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
犬養内閣
Inukai's Cabinet.JPG
左から、荒木陸相、山本農相、三土逓相、鈴木法相、
後方に森翰長、高橋蔵相、後方に前田商工相、
犬養首相外相、後方に秦拓相、床次鉄相、
後方に鳩山文相、中橋内相、大角海相

内閣総理大臣 第29代 犬養毅
成立年月日 1931年(昭和6年)12月13日
終了年月日 1932年(昭和7年)5月26日
与党・支持基盤 立憲政友会
施行した選挙 第18回衆議院議員総選挙
衆議院解散 1932年(昭和7年)1月21日
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

犬養内閣(いぬかいないかく)は、立憲政友会総裁・衆議院議員犬養毅が第29代内閣総理大臣に任命され、1931年(昭和6年)12月13日から1932年(昭和7年)5月26日まで続いた日本の内閣である。

概要[編集]

立憲政友会を中心とする政党内閣である。しかし、この内閣は五・一五事件により崩壊し、この内閣総辞職や事件以後日本は一気に軍国主義に傾倒していくため、これが事実上戦前日本最後の政党内閣となる。

1932年(昭和7年)5月の五・一五事件によって犬養毅が暗殺され、宮中席次の序列に則り、大蔵大臣高橋是清内閣総理大臣臨時兼任した。

国務大臣[編集]

出身母体:       衆議院       貴族院       官僚       軍部

国務大臣 閣僚 出身母体 在任期間 退任理由
内閣総理大臣 29 犬養 毅 Tsuyoshi Inukai cropped.jpg 衆議院-政友会 1931年 (昭6) 12月13日 – 1932年 (昭7) 5月16日 殺害(五・一五事件
 –  高橋 是清(大蔵大臣による臨時兼任)  1932年 (昭7) 5月16日 – 26日
外務大臣 45  犬養 毅(内閣総理大臣による兼任)  1931年 (昭6) 12月13日 – 1932年 (昭7) 1月14日  専任外務大臣の任命
46 芳澤 謙吉 Kenkichi Yoshizawa cropped.jpg 官僚-外務省 1932年 (昭7) 1月14日 – 5月26日
内務大臣 49 中橋 徳五郎 Tokugorō Nakahashi cropped.jpg 衆議院-政友会 1931年 (昭6) 12月13日 – 1932年 (昭7) 3月16日 病気辞任
50  犬養 毅(内閣総理大臣による兼任)  1932年 (昭7) 3月16日 – 25日  専任内務大臣の任命
51 鈴木 喜三郎 Kisaburo Suzuki cropped.jpg 衆議院-政友会[1] 1932年 (昭7) 3月25日 – 5月26日
大蔵大臣 31 高橋 是清 Korekiyo Takahashi 5 cropped.jpg 政友会長老 1931年 (昭6) 12月13日 – 1932年 (昭7) 5月26日
陸軍大臣 37 荒木 貞夫 Sadao Araki cropped.jpg 陸軍(陸軍中将 ) 1931年 (昭6) 12月13日 – 1932年 (昭7) 5月26日
海軍大臣 34 大角 岑生 Mineo Osumi.jpg 海軍(海軍大将) 1931年 (昭6) 12月13日 – 1932年 (昭7) 5月26日
司法大臣 33 鈴木 喜三郎 Kisaburo Suzuki cropped.jpg 貴族院-研究会
(政友会鈴木派会長)
1931年 (昭6) 12月13日 – 1932年 (昭7) 3月25日 内務大臣に横滑り
34 川村 竹治 Takeji kawamura.jpg 貴族院-交友倶楽部 1932年 (昭7) 3月25日 – 5月26日
文部大臣 40 鳩山 一郎 Ichiro hatoyama.jpg 衆議院-政友会 1931年 (昭6) 12月13日 – 1932年 (昭7) 5月26日
農林大臣 09 山本 悌二郎 Teijiro yamamoto.jpg 衆議院-政友会 1931年 (昭6) 12月13日 – 1932年 (昭7) 5月26日
商工大臣 08 前田 米蔵 Yonezo maeda2.jpg 衆議院-政友会 1931年 (昭6) 12月13日 – 1932年 (昭7) 5月26日
逓信大臣 34 三土 忠造 Chūzō Mitsuchi.jpg 衆議院-政友会 1931年 (昭6) 12月13日 – 1932年 (昭7) 5月26日
鉄道大臣 10 床次 竹二郎 TOKONAMI Takejiro.jpg 衆議院-政友会 1931年 (昭6) 12月13日 – 1932年 (昭7) 5月26日
拓務大臣 05 秦 豊助 Toyosuke hata.jpg 衆議院-政友会 1931年 (昭6) 12月13日 – 1932年 (昭7) 5月26日
内閣書記官長 31 森 恪 Tsutomu mori.jpg 衆議院-政友会 1931年 (昭6) 12月13日 – 1932年 (昭7) 5月26日
法制局長官 29 島田 俊雄 Toshio shimada.jpg 衆議院-政友会 1931年 (昭6) 12月13日 – 1932年 (昭7) 5月26日

政務官[編集]

国務大臣を補佐しつつ政府(内閣)と議会との連絡を取ることをその職掌とした、政務次官参与官の両政務官が置かれたのは1924年(大正13年)8月、護憲三派内閣の時だった。その後も内閣が変わるごとに時の政府が与党とたのむ両院の会派の中から若手の議員たちがこれら政務官に任用されていった。

政務官の任命は、通常は新内閣の発足後、数日から数週間程度の日を置いて行われた。またその退任も、次の内閣が発足してそのもとで新しい政務官が任命されるのを待って行われた。このため政務官の在任期間は日付上は二つの内閣にまたがるかたちとなる。しかし政務官はあくまでも政治任用官であり、その時々の政府が独自にこれを選任するので、その職責は彼らを任命した内閣が総辞職した時点で実質的に消滅した。前の内閣が任命した政務官は次の内閣発足後も暫時その職に留まるものの、基本的にその仕事といえば事務の引継ぎのみだった。

政務次官[編集]

  • 外務政務次官
    • 子爵 岩城隆徳(貴族院-研究会):1931年 (昭6) 12月15日 - 1932年 (昭7) 6月1日
  • 内務政務次官
    • 松野鶴平(衆議院-政友会):1931年 (昭6) 12月15日 - 1932年 (昭7) 6月1日
  • 大蔵政務次官
    • 堀切善兵衛(衆議院-政友会):1931年 (昭6) 12月15日 - 1934年 (昭9) 7月19日
  • 陸軍政務次官
    • 若宮貞夫(衆議院-政友会):1931年 (昭6) 12月15日 - 1932年 (昭7) 5月27日
  • 海軍政務次官
    • 伯爵 堀田正恒(貴族院-研究会):1931年 (昭6) 12月15日 - 1936年 (昭11) 3月25日
  • 司法政務次官
    • 熊谷直太(衆議院-政友会):1931年 (昭6) 12月15日 - 1932年 (昭7) 5月27日
  • 文部政務次官
    • 安藤正純(衆議院-政友会):1931年 (昭6) 12月15日 - 1932年 (昭7) 5月27日
  • 農林政務次官
    • 砂田重政(衆議院-政友会):1931年 (昭6) 12月15日 - 1932年 (昭7) 5月27日
  • 商工政務次官
    • 中島知久平(衆議院-政友会):1931年 (昭6) 12月15日 - 1932年 (昭7) 6月1日
  • 逓信政務次官
    • 内田信也(衆議院-政友会):1931年 (昭6) 12月15日 - 1932年 (昭7) 6月1日
  • 鉄道政務次官
    • 若尾璋八(貴族院-交友倶楽部):1931年 (昭6) 12月15日 - 1932年 (昭7) 6月1日
  • 拓務政務次官
    • 加藤久米四郎(衆議院-政友会):1931年 (昭6) 12月15日 - 1932年 (昭7) 5月27日

参与官[編集]

  • 外務参与官
    • 高橋熊次郎(衆議院-政友会):1931年 (昭6) 12月15日 - 1932年 (昭7) 6月1日
  • 内務参与官
    • 藤井達也(衆議院-政友会):1931年 (昭6) 12月15日 - 1932年 (昭7) 5月27日
  • 大蔵参与官
    • 太田正孝(衆議院-政友会):1931年 (昭6) 12月15日 - 1932年 (昭7) 5月27日
  • 陸軍参与官
    • 子爵 土岐章(貴族院-研究会):1931年 (昭6) 12月15日 - 1932年 (昭7) 5月27日
  • 海軍参与官
    • 西村茂生(衆議院-政友会):1931年 (昭6) 12月15日 - 1932年 (昭7) 5月27日
  • 司法参与官
    • 名川侃市(衆議院-政友会):1931年 (昭6) 12月15日 - 1932年 (昭7) 5月27日
  • 文部参与官
    • 山下谷次(衆議院-政友会):1931年 (昭6) 12月15日 - 1932年 (昭7) 5月27日
  • 農林参与官
    • 今井健彦(衆議院-政友会):1931年 (昭6) 12月15日 - 1932年 (昭7) 5月27日
  • 商工参与官
    • 加藤鐐五郎(衆議院-政友会):1931年 (昭6) 12月15日 - 1932年 (昭7) 5月27日
  • 逓信参与官
    • 坂井大輔(衆議院-政友会):1931年 (昭6) 12月15日 - 1932年 (昭7) 5月14日
    • 東郷実(衆議院-政友会):1932年 (昭7) 5月14日 - 6月1日
  • 鉄道参与官
    • 野田俊作(衆議院-政友会):1931年 (昭6) 12月15日 - 1932年 (昭7) 5月27日
  • 拓務参与官
    • 牧野賤男(衆議院-政友会):1931年 (昭6) 12月15日 - 1932年 (昭7) 6月1日

補注[編集]

  1. ^ 鈴木は12年近く務めた貴族院勅選議員を辞職して1932年(昭和7年)2月の第18回総選挙に旧神奈川県第一区より出馬して衆議院議員に初当選している。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦 編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年
  • 秦郁彦 編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年

外部リンク[編集]