秋山好古

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
秋山 好古
Akiyama Yoshifuru.jpg
渾名 日本騎兵の父
鼻信
生誕 1859年2月9日
Hoshi Umebachi inverted.svg 伊予国松山(現愛媛県 松山市
死没 1930年11月4日(満71歳没)
日本の旗 日本 東京府
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1879 - 1923
最終階級 陸軍大将
除隊後 北予中学校校長
墓所 鷲谷墓地(松山市)
テンプレートを表示

秋山 好古(あきやま よしふる、安政6年1月7日1859年2月9日)- 昭和5年(1930年11月4日)は、日本陸軍軍人。最終階級及び位階勲等功級陸軍大将従二位勲一等功二級。幼名は信三郎。

陸軍騎兵学校を参観に来たフランス軍人に「秋山好古の生涯の意味は、満州の野で世界最強の騎兵集団を破るというただ一点に尽きている」と賞されているとおり、日本騎兵の父と云われた。

日本海海戦で先任参謀として丁字戦法を考案、バルチック艦隊を撃滅した秋山真之は実弟にあたる。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1859年1月7日伊予松山城下(現・愛媛県松山市歩行町)に松山藩士・秋山久敬、貞の三男として生まれる。10石取りの貧しい秋山家に生まれる。漢学に造詣が深かった久敬は、信三郎 好古は孔子の論語にある一節「信而好古」(古くからの教えを信じ、好む)から拝借した。

好古は松山でも指折りの秀才として知られたが、家計を助けるため、学校に通うことをあきらめ、銭湯の風呂焚きの仕事をしながら独学で勉強していた。好古と10歳違いで生まれた真之は、秋山家の5男、末っ子として生まれたが、食い扶持に困った父は末っ子を寺へ預けると言い出す。しかし好古は真之を寺に預ける事に反対して、自分で真之を養う事を決意する。 好古は学費がかからないという理由で1875年に教育者の養成機関である大阪の師範学校へ入学。しかし教師になって間もなく、「月謝も生活費も無料、さらに小遣い付き」という軍人を養成する士官学校を紹介され、軍人へと進む。 好古は旧旗本の佐久間正節のところへ下宿して、その後真之と共に東京に暮らし始める。

明治10年(1877年)正月、好古は陸軍士官学校を受験して合格。歩兵騎兵砲兵工兵の中から騎兵を選択した。好古が騎兵を選択したのは、修学期間である。歩兵・騎兵は三年間だったが、砲兵・工兵は学ぶ学科が多かったため四年かかった。早く陸軍士官学校を卒業し、少尉となって給料を貰いたかったという経済的なものが一つであった。もう一つ、好古の長い手足が生徒司令副官の寺内大尉に、騎兵に向いていると見込まれたためらしい。足が長くなければしっかりと馬の胴を締めることができず、腕が短ければ白刃を振るって戦う接近戦のときに不利であった。弟真之は当時県の最高教育機関である松山中学校へ入学し、正岡子規と共に学ぶことになる。この中学での学費はすべて兄・好古が陸軍務めの給料で賄った 明治12年 陸軍士官学校卒業する。明治16年4月 陸軍大学校へ入学し、そこでメッケルの指示を受けることになる。


好古は松山藩主・久松定謨の補導役として明治20年(1887)にパリへ行く。最初は私費留学が官費留学に切り替わったころ、好古は熱病に倒れていた。西洋医学では発疹チフスと呼ばれている病気で、死に至ることもある恐ろしい病気であった。これを聞いた外務省の加藤恒忠が驚いて好古を訪ねると、好古は熱ではれあがった顔で寝ていた。加藤は医者に見せることを勧めたが、好古はまったく聞かない。結局、医者には行かずに自力で治してしまった。その結果頭が禿げてしまった。

明治26年、上京した当時下宿していた旧旗本の佐久間正節は「秋山好古は実に聡明で義理堅い男」と惚れ込んでいたこともあって一人娘の多美(下宿当時十歳であったがこの時、二十四歳になっていた。)との縁談が進んだ。はじめは結婚する気がなかった好古も多美を大変気に入った母・貞の進めもあって「母がよければそれでいい」といって結ばれる。

日清戦争[編集]

好古は、日清戦争が初陣となった。当時日本では騎兵は防御力が弱いため不要のものという考え方が強く、認められるためには、何としてでも勝利しなければならなかった。好古は1万2千の敵兵と百数門の砲弾が固める要塞の弱点を見抜いて逆転できる攻撃法を編み出し、見事勝利を収める。土城子の戦いなどで戦功をあげた。

日清戦争後、陸軍乗馬学校長となり、その後騎兵大佐に就任すると、軍内の騎兵知識を高めるために努める。 北清事変で秋山好古は第五師団兵站監として出征。義和団の乱が鎮圧されると、好古は天津の清国駐屯軍司令官に就く。そこで袁世凱と交流を持つようになったと言われている[1]。 明治36年(1903年)秋山少将は、ロシア軍の演習を参観するため、ロシアに派遣される。 ロシア軍の実態を視察した秋山少将は、詳細を報告書にまとめた。

日露戦争[編集]

日露戦争が勃発すると騎兵部隊指揮官として参戦し、満州の野で世界最強と言われたコサック騎兵を相手に奮戦。日本軍は瀋陽南部の遼陽会戦に勝ったが、2万を超える死傷者を出していた。とぼしい弾薬で前進し、南下するロシアと遼陽・奉天の間の沙河さかで向かい合い、その攻撃に懸命に抵抗した。が、好古の騎兵旅団が左翼から攻撃を加え、およそ2倍の戦力を誇る敵騎兵を破って本軍を助けた。

好古軍は司令部のあった李大人屯(りたいじんとん)から沈旦堡(ちんたんぽ)、奉天の南西の黒溝台(こっこうだい)までの約30㎞を守っていた。そして、沈旦堡では激しい攻撃を受けた。これをなんとか守り切り、黒溝台を取り返すことができた。これによって日露の陸戦の勝敗が決したといわれる戦果であった。また、400の騎兵を遠征させてコサック騎兵1万を北部の松花江で身動きできなくさせた。乃木希典(のぎまれすけ)大将の第3軍に配され、長春北方の大房身で25000のロシア軍と遭遇したときは、半分以下の兵力で戦い、苦戦しながらも乃木軍を無事に移動させることができた。 好古は騎兵第1旅団長として目ざましい戦いぶりを展開できたのは、騎兵隊に世界で始めて機関銃を常備した事が功績と言われている[2]

晩年[編集]

「日本騎兵の父」といわれ、陸軍大将従2位勲1等功2級という極官にまで登りつめた好古は、元帥就任を辞退して松山へ帰り、私立北予中学(松山北高等学校)の校長に就任した。大正13年(1924)4月のことである。そのニュースは全国を驚かせたが、そんなことは歯牙にもかけず、好古は時間厳守で1日も休むことなく学校へ通った。町の人々は敬意をもって馬で登校する好古を見つめたという。また学校も入学希望者が殺到した。 昭和五年に校長を辞任した後若い頃からの酒好きにより糖尿病が悪化、心筋梗塞を起こして高熱でうなされ満州で馬に乗っている幻想みたと言われている。東京陸軍軍医学校にて永眠する。

年譜[編集]

愛媛県松山市にある秋山好古、真之兄弟の生家(復元)
陸軍騎兵少佐時代の秋山
第13師団長官舎(新潟県上越市)
秋山好古の墓(青山霊園
  • 大正13年(1924年)4月:私立北予中学校(現在の愛媛県立松山北高校)校長就任。予備陸軍大将、それも三長官まで上った者の仕事としては例のない格下人事であったが、本人の強い希望だったと言われる。
  • 昭和5年(1930年


日露戦争での騎兵戦術[編集]

コサックの騎兵は、ロシアが征服戦争をするときに最前衛で戦った伝統を持ち、戦争馴れした。百戦錬磨のコサックは長い槍と銃を持ち、改良を重ねた体格の大きな、しかも大砲の轟音や耳もとの鉄砲の音、火薬の煙や臭いに馴れた能力の高い馬で怒濤のように攻めてくる。

受けて立つ日本の騎兵隊は、貧弱な体格で、焚火の煙にも怯えて暴れる馬を使っていた。また日本馬の体長も欧米の馬と比べるとかなり小さかった。さらに日本には馬の改良などできる金も余裕も発想もなかった。 そこで好古は直接馬同士では戦わず、戦況の変化によって馬の機動性を捨て、地形や遮蔽物を利用した陣地を作り、迎撃した。そういうときのために火器を充実させておき、集中的に砲撃を加えた。華々しく勝てなくても殲滅されない、敗北しない。その結果、持ちこたえ、いつか押し返してゆく、そうした戦法を好古はとったのである[6]

教育者として[編集]

福澤諭吉を尊敬し、学問と教育に関心を抱き、教員を志し、大阪の師範学校に入学した好古であったが、金が貰えるという事で軍人の道に進む事になりその道を諦めざる得なかった。だがその熱は冷めず日本の騎兵隊を育て、陸軍教育総監になった時が最も嬉しかったと伝わるほど生涯を通して教育に情熱を注いだ[7]。松山へ帰り、私立北予中学(松山北高等学校)の校長に就任した好古は時折訓示をして、生徒達に感銘を与えた。また「学生は兵士ではない」とし、学校での軍事教練を極力減らし、また生徒らの見聞を広めるために修学旅行先に当時日本の統治下にある朝鮮を選んだ。朝鮮修学旅行に決定するなども学校の方針に変えさせた。

人物像[編集]

フランス留学中の秋山
  • 風貌は特徴的な鼻から「鼻信」とあだ名され、長身で色白、大きな目であり、陸軍大学校時代には教官のメッケルからヨーロッパ人と間違えられたというエピソードがある。
  • 青年期の頃から眉目秀麗でと称賛され、また身長175cmと当時の日本人では高身長であり、故郷の松山や留学先のフランスでは女性にかなり人気があったという。しかし、彼自身は「男子に美醜は無用」という価値観を持っていたため、自分の容姿を決して鼻にかけることはなかったという。
  • 士官学校教授だった作家の内田百間は「鈴木三重吉にそっくりの意地の悪そうな顔」とも記している。
  • 酒を非常に好み、当時東京予備門を目指していた真之と暮らしていた時は、「秋山兄弟は茶碗一つで飯を食っている」と噂されるほど貧乏であったにもかかわらず、1日に5合は飲んでいたといわれている。また、戦場でも水筒の中に入れ持ち歩いていたが、それだけでは足りず、従兵が気を利かせて、従兵の水筒にも酒をつめていた。騎乗で身を乗り出し従兵の水筒の酒を飲み干すなどの曲芸まがいのことができ、部下たちを感嘆させた。しかし、酔って自分を見失ったり判断を誤ったりすることはなかった。過度の酒好きにより晩年は重度の糖尿病を患っていた。
  • 極度の風呂嫌いで、日露戦争中に入浴したのはたったの2回だけだったと云う。軍服も全く洗濯せずに着用し続けていたため、シラミが湧き、近くにいるだけでも異様な悪臭が漂う程だった。部下や同僚が入浴し身体を清潔にする様に何度となく勧めたが、「軍人たるもの戦場においてはいつ何時でも敵に対処出来る様にしなければならない(入浴している間に異変があった時、対処出来ない)」「風呂に入るためにこれ程遠い戦場まで来たのではない」と言って断っていた。
  • 書に長けており、退役後は揮毫を頼まれることが多かった。松山市の近辺には好古の揮毫した石碑等が多数置かれている。
  • 晩年は自らの功績を努めて隠していた。校長就任時に生徒や親から「日露戦争の事を話して欲しい」「陸軍大将の軍服を見せて欲しい」と頼まれても一切断り、自分の武勲を自慢することは無かった。
  • 愛媛県伊予市の伊予港(郡中港)にある藤谷元郡中町長の胸像の碑文の原本は、秋山によって認められたものである。
  • 真之の葬儀の際に好古は「弟は例え妙文の片時でも「御国の為」という概念を捨てなかった」と述べた[8]

逸話[編集]

松山北高等学校の校長室には、書と騎馬像が飾られている
  • 弟・真之が生まれた際、生活苦から寺へ出そうかと話がでたが、「将来あし(自分)が豆腐(の固まり)ほど厚い金を稼ぐからに、弟を寺へやらないでくれぞなもし」と両親へ懇願した。
  • フランス留学中、腸チフスに罹る。医者に診てもらわずに自力で治したためか頭髪が全て抜ける。その後は自力で頭髪を生やす。
  • 非常に質素な生活を送り、贅沢を嫌った。例えば、食事の際のおかずは沢庵漬のみ。真之が居候をしたときも食器は1つで使いまわす。足袋を履かせない。他の兄から貰った縮緬の帯を使わせない。下駄の鼻緒を直している暇があるなら裸足で行け、など。
  • 欲の無い人物として知られている。凱旋した際、給料や品の多くは部下に与えていたため、目録や明細書ばかりカバンに入っていた。
  • 第2回万国平和会議に参加。各国委員会による演説が行われても鼾をかいて居眠りをしていた。一緒に参加していた都筑馨六から注意されると「演説の要領は分かりましたよ」と応えたという。
  • フランスに騎兵留学中、当時の陸軍の最高位にあった山縣有朋にフランス軍内の高級軍人へのお使いを頼まれたことがあったが、使いの途中の電車内において酒を飲みすぎ、居眠りした揚句、置き引きにあっている。
  • 陸軍大学校で、学生たちに騎兵の特徴(高い攻撃力と皆無に等しい防御力)を説明する際、素手で窓ガラスを粉砕。血まみれの拳を見せ、「騎兵とはこれだ」と示した。


系譜[編集]

秋山氏
遡れば河野氏に繋がる。江戸時代、代々松山藩
宗清━信久━久良━久軏━軏久━久徴━久敬┳則久
                    ┣正牟(岡家養子)
                    ┣好古(長兄・則久より家督相続)
                    ┣道一(西原家養子)
                    ┗眞之

栄典[編集]

その他[編集]

好古の曾孫である秋山純一は陸上自衛隊三等陸佐であり、第7師団第72戦車連隊第1中隊長を経て[18][19]、現在防衛大学校勤務である(2012年7月26日現在)[20]

著作[編集]

  • 『本邦騎兵用兵論』

脚注[編集]

  1. ^ https://www.jacar.go.jp/nichiro/cloud_akiyamayoshihuru.htm
  2. ^ http://www.shikoku.gr.jp/about/14
  3. ^ 100文銭として発行され、明治維新後は新貨8厘に通用した。『新訂 貨幣手帳』/株式会社ボナンザ/1982年→同書・pp150-151およびp178による。
  4. ^ 『官報』第3818号 明治29年3月25日 敍任及辭令
  5. ^ 編成としては旅団であったが、実際は歩兵砲兵を編入していたので戦闘単位としては「支隊」であり秋山支隊と言った。編成は支隊主力、三岳支隊、豊辺支隊、種田支隊の4個支隊からなる。
  6. ^ https://www.blwisdom.com/strategy/series/rekishi/item/1251-16.html
  7. ^ 秋山兄弟生誕の地・パンフレット
  8. ^ 秋山兄弟生誕の地・パンフレット
  9. ^ 『官報』第3818号「叙任及辞令」1896年3月25日。
  10. ^ 『官報』第6727号「叙任及辞令」1905年12月1日。
  11. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  12. ^ 『官報』第126号「叙任及辞令」1912年12月29日。
  13. ^ 『官報』第402号 大正2年11月29日 敍任及辭令
  14. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  15. ^ 『官報』第1048号「叙任及辞令」1916年2月1日。
  16. ^ 『官報』第1898号 大正7年11月30日 敍任及辭令
  17. ^ 『官報』第1157号 昭和15年11月6日 敍任及辭令
  18. ^ 中隊長は秋山好古のひ孫 北恵庭駐屯地に着任:苫小牧民報社
  19. ^ 秋山好古のひ孫は陸自指揮官 研究重ね「信頼されたい」 - 47NEWS
  20. ^ 秋山兄弟生誕地 好古の曾孫・秋山純一氏がご来館

参考文献[編集]

登場作品[編集]

秋山好古を演じた俳優[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


軍職
先代:
平佐是澄
陸軍乗馬学校・同騎兵実施学校校長
1998年に改称
第2代:1896年8月15日 - 1900年7月17日
次代:
渋谷在明
先代:
橋本譲二
陸軍獣医学校校長
第5代:1899年10月28日 - 1901年2月23日
次代:
渋谷在明
先代:
山根武亮
清国駐屯軍司令官
第3代:1901年10月25日 - 1903年4月2日
次代:
仙波太郎
先代:
渋谷在明
騎兵第1旅団長
第2代:1903年4月2日 - 1906年2月9日
次代:
本多道純
先代:
長岡外史
第13師団長
1913年1月15日 - 1915年3月15日
次代:
安藤巌水
先代:
山根武亮
近衛師団長
第13代:1915年2月15日 - 1916年8月18日
次代:
仁田原重行
先代:
井口省吾
朝鮮駐剳軍司令官
第5代:1916年8月18日 - 1917年8月6日
次代:
松川敏胤
先代:
大谷喜久蔵
教育総監
第10代:1920年12月28日 - 1923年3月17日
次代:
大庭二郎