大島久直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大島 久直
Hisanao Oshima.jpg
生誕 1848年10月1日
出羽国(現在の秋田県)
死没 (1928-09-27) 1928年9月27日(79歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1870 - 1913
最終階級 陸軍大将
テンプレートを表示

大島 久直(おおしま ひさなお、1848年10月1日嘉永元年9月5日) - 1928年(昭和3年)9月27日)は、日本の陸軍軍人華族軍事参議官教育総監近衛師団長等を歴任し、官位は陸軍大将正二位勲一等功二級子爵に昇る。

経歴[編集]

久保田藩士で槍術師範・大島久徴の次男として生まれる。戊辰戦争に参戦後明治3年(1870年)4月、第3番大隊に配属され、明治4年(1871年)5月、陸軍中尉に初任。同11月大尉に進み翌年第7番大隊副官1874年(明治7年)、歩兵第2連隊大隊長となり、少佐進級の後1875年(明治8年)12月、東京鎮台幕僚参謀副長に任ぜられる。1877年(明治10年)の西南戦争では別働第4旅団歩兵第1連隊大隊長として従軍する。

戦後、東京鎮台参謀、総務局次長を経て1882年(明治15年)10月、東京衛戍司令官1883年(明治16年)6月に歩兵第11連隊長に就き、1887年(明治20年)4月、陸軍大佐に進む。1889年(明治22年)4月、近衛歩兵第3連隊長、1890年(明治23年)6月、陸軍大学校長、1892年(明治25年)には陸軍少将に進級し歩兵第5旅団長に就任する。監軍部参謀長の後1893年(明治26年)11月、歩兵第6旅団長に移り、この時日清戦争に出征する。

戦後、台湾総督府参謀長陸軍局長官などを務める。1895年(明治28年)8月20日、日清戦争の戦功により男爵を授けられ華族に列せられる。また、同日功三級金鵄勲章を賜る。1896年(明治29年)4月、立見尚文の後を受け陸軍大学校長に就任し、同6月歩兵第12旅団長に移る。翌年4月には再び陸軍大学校長に就き1898年(明治31年)10月上田有沢に代わる。大島は陸軍中将に進級し新設の第9師団長に任ぜられる。1903年(明治36年)、勲一等瑞宝章受章。

1904年(明治37年)の日露戦争では乃木希典大将の指揮する第3軍に属し旅順攻略戦奉天会戦に参加した。1906年(明治39年)4月、功により勲一等旭日大綬章功二級金鵄勲章を受章する。同5月に陸軍大将に進み7月、近衛師団長に移る。1907年(明治40年)9月、子爵に陞爵し、1908年(明治41年)、陸軍三長官の一つ教育総監に就任する。1911年(明治44年)の軍事参議官を経て、1913年(大正2年)9月5日、後備役に編入となり[1]1918年(大正7年)4月1日に退役した[2]1928年(昭和3年)9月27日薨去。同日付けで勲一等旭日桐花大綬章を賜る。

栄典[編集]

親族[編集]

  • 嗣子 大島久忠(陸士23期、陸軍大佐)
  • 七男 大島卓 (陸士31期、陸軍大佐)
  • 兄 大島久誠(陸軍大尉

邸宅[編集]

1910年(明治43年)11月に大島が建てた邸宅は1912年(明治45年)3月財団法人上智学院に売却され後に校舎となるが、1976年(昭和51年)7月解体された。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第333号、大正2年9月6日。
  2. ^ 『官報』第1702号、大正7年4月9日。
  3. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  4. ^ 『官報』第3578号「叙任及辞令」1895年6月5日。
  5. ^ 『官報』第4022号・付録「辞令」1896年11月24日。
  6. ^ 『官報』第5740号「叙任及辞令」1902年8月21日。
  7. ^ 『官報』第5960号「叙任及辞令」1903年5月18日。
  8. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  9. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
  10. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。


先代:
西寛二郎
教育総監
第5代:1908 - 1911
次代:
浅田信興