李垠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
李垠
宗親世
英王
韓国皇太子日本陸軍中将
Crown Prince of Korea Yi Un.jpg
李垠(1928年頃撮影)
続柄 高宗第七皇子
幼諱 酉吉
字号 光天
雅号 明暉、明新齋
爵号 →身位喪失
諡号 懿愍太子
没死年 (1970-05-01) 1970年5月1日(72歳没)
没死地 大韓民国の旗 大韓民国ソウル昌徳宮楽善斎
現墓所 大韓民国の旗 大韓民国京畿道南楊州市金谷洞、英園
実父 高宗
実母 純献貴妃 厳氏
配偶者 方子女王梨本宮家)
子女 李晋李玖
李垠
各種表記
ハングル 이은
漢字 李垠
発音: イ・ウン
日本語読み: り ぎん
ローマ字 I Eun2000年式
I ŬnMR式
英語表記: Yi Un
テンプレートを表示

李 垠(り ぎん[注釈 1]、イ・ウン、朝鮮語: 이은光武元年(1897年10月20日 - 1970年5月1日)は、大韓帝国最後の皇太子で、韓国併合後には王世子として日本王族に列し、1926年には王位[注釈 2]を継ぎ「昌徳宮李王垠」と称された。皇太子時代の称号は英王。王族時代の敬称は「殿下」。諡号は文仁武莊至孝明暉懿愍皇太子

生涯[編集]

伊藤博文と李垠(1907年頃)

生い立ち[編集]

李氏朝鮮(朝鮮国)が大韓帝国と改称した1897年(光武元年/明治20年)に初代大韓帝国皇帝(李氏朝鮮第26代国王高宗の七男として生まれる。母は純献貴妃厳氏1907年隆熙元年/明治40年)8月27日、異母兄の李純宗)が即位したのちの9月7日、皇太子に冊立された[1]。純宗には子はなく、また毒茶事件でアヘン入りのコーヒーを飲んでいたことで心身ともに虚弱となり、子供を儲けられない体となっていた[2]。李垠には20歳も年長である兄・義王李堈がいたが、品行に問題が会ったために皇位継承者から外されていた[1]

11月19日、皇帝純宗は韓国統監伊藤博文の進言に基づき、東京留学を命じられ、伊藤が太子大師に任ぜられた[3]。これはしばしば併合を前提とした「人質」として論じられることが多い[4]。ただし朝鮮総督府や王公族審議会等で重職についた倉富勇三郎は、当時の伊藤の意図は、親日的な韓国の君主を育てるためであったとしている[4]。李垠の世話係であった高義敬朝鮮語版は、伊藤本人から聞いた次のような話を残している。伊藤が初めて李垠に謁見した際、李垠は臆することなく進み出て、力強い握手をした。その時伊藤は教育が良ければ必ず見るべき人になると感じたという[5]。李垠を乗せた軍艦満州丸は12月5日に仁川を出港し、12月7日に下関に到着、15日に東京に入った[4]。翌1908年(隆熙2年、明治41年)、学習院に入学[6]1909年(隆熙3年/明治42年)には東北や北海道を行啓し、熱狂的な歓迎を受けた[5]

1910年(隆熙4年/明治43年)に行われた日韓併合によって、高宗、純宗、純貞孝皇后とともに日本の皇族に準じる存在である王族となり、李王(純宗)の王世子となった[7]

王公族として[編集]

1911年(明治44年)9月に日本陸軍陸軍中央幼年学校の第2学年時に編入(14期)する[8]。小柄な体型のため器械体操を苦手としたが、音楽武道を得意とし、同期生から敬愛を集めた[9]陸軍士官学校(29期)へ進み、この際には、品行で20点満点中19.7点の評価を受けるほど、模範的な学生だった[10]

1915年大正4年)6月5日、士官学校卒業後に近衛歩兵第2連隊に士官として配属され陸軍将校となった[11]。1916年(大正5年)8月に皇族の梨本宮守正王伊都子妃の第1女子:方子女王と婚約する[12]。この結婚は、方子女王の結婚先に皇族を望む、伊都子妃の強い要望によるもので、表向き「天皇の思し召し(命令)」により結婚することとされた[13]皇室典範第39条の増補を経て、皇族と王公族の婚姻が容認されると、1918年(大正7年)12月5日に結婚の勅許が下りた[14]。しかし、1919年(大正8年)1月21日、挙式4日前に李太王(高宗)が薨去[注釈 3]したため、結婚は延期された[16]

1920年(大正9年)4月28日、方子女王と結婚した[17]。結婚式では、結婚が朝鮮独立の障害となると考えた朝鮮人学生による爆弾等的未遂事件が起きている(李王世子暗殺未遂事件)。主犯の徐相漢の供述では、標的は李垠夫妻ではなく、朝鮮総督となっていた斎藤実だったという[16]。方子女王の側からは、厳密には非皇族への降嫁であるが、大正天皇の「御沙汰」により女王身位を保持した[18]

妃である方子女王と、その実家である梨本宮家との関係は良好であった[19]。また、朝鮮王室が保有する動産・不動産による財産は、一般の皇族を上回っており、李王夫妻は嫉妬と羨望を受けた[20]。こうした背景から、垠は努めて模範的な陸軍軍人として振る舞おうとした[21]

夫妻の間には、結婚の翌年に第1男子の李晋が誕生した。しかし1922年(大正11年)4月、李王世子夫妻が生後8ヶ月の晋を連れて朝鮮を訪問した際、晋は急逝する。晋の急死には、当時より陰謀説がある(本人の項を参照)。翌年には陸軍大学を卒業した[22]1924年(大正13年)には参謀本部附となった[11]

1926年(大正15年)の李王坧の薨去に伴い王位を継承、「昌徳宮李王垠」と呼ばれることとされた[23]。またこの後には朝鮮軍司令部附となっている[11]1927年昭和2年)5月23日から翌1928年(昭和3年)4月10日にかけ、李垠夫妻はヨーロッパに外遊し、各国を歴訪した[24]。この時、夫妻は「李伯爵」の仮名で旅行を行っていたが、各国元首と取り交わした文書ではプリンスを名乗っている[25]。また陸軍少佐となり、近衛歩兵第3連隊大隊長を兼務、1930年(昭和5年)には教育総監部附となった[26]1931年(昭和6年)に第2男子の李玖が誕生した。

1938年(昭和13年)には陸軍少将となり、北支那方面軍司令部附として中国に赴任、各地の師団の視察を行った[27]。翌1939年(昭和14年)8月に帰国し、近衛歩兵第2旅団長に転じた[27]。翌1940年(昭和15年)5月には留守第4師団長となって大阪に赴任、またこの年には陸軍中将になっている[27]。1941年(昭和16年)7月には第51師団長として再び中国に渡り、11月には教育総監部附となって帰国[28]。1943年(昭和18年)には第1航空軍司令官となった[29]。1945年(昭和20年)4月には、軍事参議官に補せられた[30]

大戦後[編集]

第二次世界大戦日本の敗戦後、日本に在住している李垠は呆然として目立った動きを見せなかった。秘書趙重九の証言では、今後の展望を訪ねたときにも「いや、今、別に…」と要領を得ない返事をするばかりであったという[31]

日本政府からの歳費は1945年度で打ち切られたため、李垠夫妻の生活は苦しいものとなった。建築業者梅田組孫海圭からの支援でなんとか生活したものの[32]、怪しげな儲け話に騙されて資金や美術品、熱海の別荘であった滄浪閣などの財産を失った[33]。滄浪閣は伊藤公爵家から購入[注釈 4]していたものであったが、幣原内閣内閣書記官長楢橋渡の要請で譲渡したものであった。これは、度々李王家を訪れていた楢橋に心を許した李垠が、「私の地位はどうなりますか。どうかこれまで通りの待遇をしてもらえませんか」[注釈 5]と楢橋に伝え、気を持たせる回答をした楢橋が新憲法の草案作業を滄浪閣で行うため、日本政府に譲渡してほしいと申し出たことによる[34]。結局滄浪閣は日本政府の所有とはならず、楢橋が李王家に40万円を支払って購入した[34]

1947年(昭和22年)5月3日、王族としての地位を喪失し、更に外国人扱いとなった[注釈 6]。「正規陸軍将校」であったため公職追放となった[35]

さらに財産税法によって、李王家は巨大な負債を背負うことになった。ちょうどその頃、創立準備中であった国際基督教大学から最大の財産であった紀尾井町の李王家邸を10万ドルで提供するよう打診があったが、李垠はこれを断っている。秘書の趙重九によれば、李垠にはホテル経営に参加して社交界に出入りする夢があったためであるとしている[36]。その後李王家邸は参議院議長公舎として間貸しされ、夫妻は侍女の部屋で暮らすようになった[37]

1952年(昭和27年)4月28日サンフランシスコ講和条約発効にともない、李垠・方子夫妻は正式に日本国籍を喪失したが、大韓民国政府は李垠ら日本在住の旧王公族の韓国籍を認めず、帰国もできなかった[38]。これは王室の庶流であることを誇っていた李承晩大統領にとって嫡流である王公族が目障りであったことと、帝政復古を警戒していたためと見られている[38]。息子の李玖がマサチューセッツ工科大学に留学したが、そのパスポートも大韓民国から正式に受けることはできなかった[37]

また李王家邸は大韓民国政府によって駐日大使館の候補地と定められ、李垠は議長公舎の契約を解除した。しかし韓国政府からの送金がなかったため、実業家堤康次郎に売却し、赤坂プリンスホテルとして利用された[37]。売却した金は借金返済で殆ど消えてしまい、夫妻は田園調布に家を購入して移り住んだ[37]

1957年(昭和32年)、李玖の卒業式に出席するため、夫妻は渡米することになったが、大韓民国政府はやはりパスポートの発給を行わなかった。このため夫妻は大学からの招聘状に基づき、日本政府から特別な旅行証明書の発給を受けることとなっている[37]。卒業式に出席した後、李垠夫妻と李玖は、元プロボクサーのジーン・タニーから借りた家で生活することになった。ベッドがなく、藁布団で寝るという生活であったが、親子水入らずのひとときであった[39]

大韓民国へ[編集]

1959年(昭和34年)3月、李垠が脳血栓で倒れ歩行困難となったため、夫妻は5月17日に日本へと戻る[39]。1960年(昭和35年)、夫妻は再び渡米しようとするが、今度は日本政府からの証明書も降りなかった。このため夫妻は日本国籍を取得している[39]。8月に帰国し、1961年(昭和36年)には、仕事のためにハワイを訪れていた李玖の元を訪ねている。11月12日には、渡米途中に日本に立ち寄った朴正煕国家再建最高会議議長が病床の李垠の元を訪れ、方子にいつ帰国しても構わないと伝えた[40]1962年(昭和37年)12月15日には夫婦ともに韓国籍になることを認めるとの通知を受けた[41]

1963年(昭和38年)からは韓国政府から生活費の送金が開始された[41]日韓国交正常化交渉が始まると、11月22日に夫婦ともに韓国へ渡った。病身であったため金浦国際空港からソウルの聖母病院へと直接運ばれたが、30kmに及ぶ沿道は歓迎の市民で埋め尽くされた[42]

死去[編集]

1970年(昭和45年)4月28日、結婚生活50周年の金婚式を病院で開くが、その3日後に病院で死去した[42]。葬儀は5月9日に韓国皇太子の礼をもって行われ、日本からは昭和天皇の名代として高松宮宣仁親王高松宮妃喜久子、方子の親族として秩父宮妃勢津子広橋規子が参列した[42]1973年(昭和48年)5月には三年祭が執り行われた。李垠は皇帝となったことは無いが、朴正煕の許可を経て王家の宗廟である永寧殿に「懿愍太子」の号で位牌が納められた[43]

子女[編集]

方子妃との間に2男を儲けた。

年譜[編集]

日本皇太子嘉仁親王(左:後の大正天皇)訪韓時、有栖川宮威仁親王(右)と共に(1907年)

栄典[編集]

朝鮮[編集]

日本[編集]

その他国外[編集]

国名等は受章当時。日付は、日本の官報で受章した(贈進された)日付、又は当該国官報等で授与された日付のうち、早い方。

逸話[編集]

人物像[編集]

極めて口数が少なく、息子の李玖ともほとんど会話しなかったという[29]。趣味はランの栽培であり、海外の専門家とも文通していたという[61]。またカメラも趣味であり、長谷川伝次郎に師事した[61]。戦争が激化した際には奈良の仏像や寺院が戦災で焼失し記録も残らなくなることを恐れ、法隆寺と直接交渉して長谷川に写真を撮影させた[61]。その他にはゴルフスキーも趣味としていた[62]

二・二六事件[編集]

1936年(昭和11年)2月26日の二・二六事件当時、李垠は宇都宮歩兵第59連隊長だったが、2月28日には連隊の一部である混成大隊を直率して上京した。29日0時半に新宿駅に到着した後、九段のホテルを接収して本部を構え反乱軍を鎮圧すべく対峙した[63][64]。反乱部隊に投降を促す「今からでも遅くない」のラジオ放送を聞いたときには、「これを聞いて感じない者は日本人ではない」ともらしたという[65]

第1航空軍司令官[編集]

各地の航空隊を視察する時は必ず現地の神社を参拝した[64]。1944年(昭和19年)7月26日には副官や参謀を伴って空母鳳翔に乗艦し、海軍の攻撃七〇八飛行隊(一式陸上攻撃機装備)や攻撃四〇五飛行隊(銀河装備)とともに合同で夜間雷撃訓練を行なっていた麾下の陸軍飛行九八戦隊(四式重爆撃機装備)を視察した。この部隊は後に海軍の指揮下で台湾沖航空戦に参加した[66]

部下には優しく、副官や参謀の意見にもよく耳を傾けた。自ら航空軍の歌を作り、司令部職員にも指導したという。酒にも強く、宴会にも必ず出席し、芸者の出る席を好んだという[29]。一方で李玖によれば、李垠はこの頃暗い顔で「陛下に申し訳がない。わが国の飛行機は、B-29が飛行する高さまで飛んで行って体当たりのできる飛行機も、人も、燃料もなくなってきた」と述懐していたという[29]

系図[編集]

李垠の親類・近親・祖先の詳細

登場作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 日韓併合当時の宮内省告示では「り こん」という読みがふられていたが、1932年3月4日に本人の希望で「り ぎん」に改められた(新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 159 / 61%)
  2. ^ 王公家軌範」の条文にあるように正式な称号は単に「王」であるが、呼称する際には「李王」とされる
  3. ^ 病死であったが陰謀説があり、三・一運動の引き金ともなった[15]
  4. ^ 表向きは譲渡だが、引き渡しの際に李王家が12万3600円を下賜している。
  5. ^ 李重九『王家の終焉』よりの引用。(新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 223 / 87%)
  6. ^ 王公族の身位喪失は、一般的には5月3日に施行された『日本国憲法第14条』の規定「華族その他の貴族の制度はこれを認めない」によるものと考えられている。ただし、王公族が貴族に該当するかは確定した見方ではなく、新城道彦は『外国人登録令』により、朝鮮が本籍であった王公族が外国人扱いになったためではないかとしている(新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 228 / 89%)

出典[編集]

  1. ^ a b 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 33 / 12%.
  2. ^ 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 36 / 12%.
  3. ^ 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 34 / 12%.
  4. ^ a b c 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 35 / 13%.
  5. ^ a b 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 37 / 13%.
  6. ^ 小田部(明治編) 2016 p.229
  7. ^ 『官報』号外「宮廷録事」、明治43年8月29日(NDLJP:2951509/1/19
  8. ^ わが武寮 1982 p.492
  9. ^ わが武寮 1982 p.412-413
  10. ^ 小田部(明治編) 2016 p.229-230
  11. ^ a b c 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 209 / 80%.
  12. ^ 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 81 / 31%.
  13. ^ 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 100-101 / 38-39%.
  14. ^ 『官報』第1903号「宮廷録事」、大正7年12月6日(NDLJP:2954017/1/3
  15. ^ 1984年6月30日 読売新聞「[人]李方子=3 父王は“毒殺”愛児も同じ運命に 雷鳴の夕に絶命」
  16. ^ a b 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 108 / 42%.
  17. ^ 大正9年宮内省告示第11号(『官報』第2320号、大正9年4月29日)(NDLJP:2954433/1/2
  18. ^ 『官報』第2320号「宮廷録事」、大正9年4月29日(NDLJP:2954433/5
  19. ^ 小田部(大正・昭和編) 2016 p.147
  20. ^ 小田部(大正・昭和編) 2016 p.147-148
  21. ^ 小田部(大正・昭和編) 2016 p.148
  22. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus. “李垠”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年2月2日閲覧。
  23. ^ 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 201-202 / 76%.
  24. ^ 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 204 - 207 / 78-80%.
  25. ^ 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 208 / 80%.
  26. ^ 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 210 / 81%.
  27. ^ a b c 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 213 / 82%.
  28. ^ 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 214-215 / 83%.
  29. ^ a b c d 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 215 / 83%.
  30. ^ 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 216 / 83%.
  31. ^ 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 222 / 86%.
  32. ^ 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 221 / 86%.
  33. ^ 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 222 / 87%.
  34. ^ a b 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 223 / 87%.
  35. ^ 総理庁官房監査課 編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』日比谷政経会、1949年、510頁。NDLJP:1276156 
  36. ^ 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 224 / 88%.
  37. ^ a b c d e 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 230 / 90%.
  38. ^ a b 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 229-230 / 89-90%.
  39. ^ a b c 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 235 / 92%.
  40. ^ 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 236 / 92%.
  41. ^ a b 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 237 / 96%.
  42. ^ a b c 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 237 / 93%.
  43. ^ 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 238 / 93%.
  44. ^ a b わが武寮 1982 p.412
  45. ^ 조선왕조실록”. 国史編纂委員会. 2021年6月15日閲覧。
  46. ^ 刑部芳則(日本語) 『明治時代の勲章外交儀礼』明治聖徳記念学会紀要、2017年、155頁http://meijiseitoku.org/pdf/f54-5.pdf2023年1月1日閲覧 
  47. ^ 『官報』第2319号「叙任及辞令」、大正9年4月28日(NDLJP:2954432/1/6
  48. ^ 『官報』第1499号、「叙任及辞令」1931年12月28日。p.742
  49. ^ 『官報』第4438号・付録「辞令二」、昭和16年年10月23日(NDLJP:2960937/1/26
  50. ^ 日本政府에서 支那事變生存者 第37回 論功行賞(陸軍關係 第31回)이 발표된 바, 日本陸軍少將 李垠이 功三級의 金鵄勳章을 받다.国史編纂委員会
  51. ^ 『官報』第207号「宮廷録事」、昭和2年9月5日(NDLJP:2956667/1/4
  52. ^ 『官報』第232号「宮廷録事」、昭和2年10月5日(NDLJP:2956692/1/5
  53. ^ 『官報』第244号「宮廷録事」、昭和2年10月20日(NDLJP:2956704/1/3
  54. ^ 『官報』第255号「宮廷録事」、昭和2年11月2日(NDLJP:2956715/1/7
  55. ^ 『官報』第268号「宮廷録事」、昭和2年11月18日(NDLJP:2956728/1/4
  56. ^ 『官報』第270号「宮廷録事」、昭和2年11月21日(NDLJP:2956730/1/3
  57. ^ 『官報』第272号「宮廷録事」、昭和2年11月24日(NDLJP:2956732/1/5
  58. ^ 『官報』第281号「宮廷録事」、昭和2年12月5日(NDLJP:2956741/1/5
  59. ^ 『官報』第294号「宮廷録事」、昭和2年12月20日(NDLJP:2956754/1/7
  60. ^ 『官報』第296号「宮廷録事」、昭和2年12月22日(NDLJP:2956754/1/7
  61. ^ a b c 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 216 / 84%.
  62. ^ 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 217 / 84%.
  63. ^ 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 211 / 81%.
  64. ^ a b 浅見 2010[要ページ番号]
  65. ^ 新城道彦, 2015 & Kindle版、位置No.全266中 212 / 82%.
  66. ^ 神野 2004[要ページ番号]

参考文献[編集]

  • 東幼史編集委員会 『東京陸軍幼年学校史 わが武寮』東幼会、1982年10月。 
  • 神野正美 『台湾沖航空戦 ―T攻撃部隊 陸海軍雷撃隊の死闘』光人社光人社NF文庫〉、2004年10月。ISBN 978-4769812159 
  • 浅見雅男 『皇族と帝国陸海軍』文藝春秋文春新書〉、2010年9月。ISBN 978-4166607723 
  • 新城道彦 『朝鮮王公族 ―帝国日本の準皇族』中公新書、2015年3月。ISBN 978-4-12-102309-4 
  • 小田部雄次 『大元帥と皇族軍人 明治編』吉川弘文館〈歴史文化ライブラリー〉、2016年7月。ISBN 978-4642058247 
  • 小田部雄次 『大元帥と皇族軍人 大正・昭和編』吉川弘文館〈歴史文化ライブラリー〉、2016年7月。ISBN 978-4642058292 

関連文献[編集]

  • 『英親王李垠伝 李王朝最後の皇太子』 同伝記刊行会編、共栄書房、1978年/1988年/2001年
  • 本田節子 『朝鮮王朝最後の皇太子妃』 文藝春秋、1988年/文春文庫、1991年
  • 新城道彦『天皇の韓国併合 王公族の創設と帝国の葛藤』 2011年、法政大学出版局
  • 李建志『李氏朝鮮最後の王李垠』第1巻、第2巻、第3巻 2019年/2022年、作品社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代
李王
第2代:1926年 - 1947年
次代
(身位喪失)
全州李氏当主
第28代:1926年 - 1970年
次代
李玖