大勲位菊花大綬章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大勲位菊花大綬章の正章[1]
大勲位菊花大綬章の副章[1]

大勲位菊花大綬章(だいくんい きっか だいじゅしょう、英訳名 : Grand Cordon of the Supreme Order of the Chrysanthemum)は、日本の勲章の一つ。1876年明治9年)12月27日に制定され、最高位である大勲位菊花章頸飾に次ぐ勲章である。


概要[編集]

大勲位菊花大綬章を着用した昭和天皇

大勲位菊花大綬章は、1876年明治9年)12月27日、日本の最高位勲章として、旭日章に次いで明治初期に制定された勲章である。イギリスのガーター勲章やスウェーデンのセラファン勲章、またデンマークの象勲章など、当時王室国家の多くが、普通勲章の上に制定していた最高位勲章の類に倣い制定されたものである。旭日大綬章または瑞宝大綬章を授与するに値する以上の功労のある者に与えられる上位勲章として桐花大綬章(旧称は勲一等旭日桐花大綬章)が制定されているが、大勲位菊花章は更にその上位に位置する。大日本帝国憲法時代の宮中席次では、大勲位帯勲者は内閣総理大臣などの現職高官をも上回る序列第一類に属し、大勲位菊花章頸飾受章者に次ぐ第二位であった。2003年平成15年)11月3日に行われた栄典制度改正後も、以前と変わらず日本の最高勲章の一つとして運用されている。

意匠[編集]

菊花大綬章のデザインは、国旗である「日の丸」を象徴する赤いガラスの日章[2]を中心に、光線(旭光)放射状にが伸びるといった、旭日章をおおよそ踏襲した物であるが、上下斜めの八方向に旭光が伸びる旭日章に対して、菊花章の旭光は縦横の四方向のみである。また全ての旭光部分には白色七宝で彩色が施されている。この四方に伸びた旭光を囲むように、黄色と緑色の七宝で彩色された菊花と菊葉がそれぞれが配されており、全体的なシルエットは円形に近い。鈕(「ちゅう」。章と綬の間にある金具)は菊花を象っている。正章・副章を含めて全ての地金は純銀で、正章は全体が金鍍金で仕上げられている。副章もほぼ同様の意匠であるが、中心部の旭光には、四方に伸びる外側の旭光に加え、内側に旭日大綬章の副章と同様の八方向に伸びる旭光が重ねられている。章の大きさは、正章の直径は76mm、副章の直径は91mm。旭日章と同様に、正章の裏面は表面同様の刻印と七宝が施されている。

他の勲章が「勲功旌章」の刻印を持つ中で、菊花章に限っては「大勲旌章」の文字が刻まれており、菊花大綬章に於いては正章の紐の裏面、また副章の裏面中央に刻印がある。

綬は赤の織地の両脇を紫が縁取る紅紫織。制定当初は男性用の綬は117mm幅と定められていたが、平成に入って他の勲章の大綬と同じく100mm幅に変更されている。女性の外国元首などへ贈与する場合は宝冠大綬章と同じ79mm幅の大綬が用いられる。[3] 大綬は右肩から左脇に垂れ、正章を掛ける。副章は左胸に佩用する。栄典制度改定以前に女性国家元首などに贈られた際には、宝冠章の大綬と同様の蝶結状のロゼッタを持つ大綬が用いられていたが、現在では大きさこそ異なるものの、男性用と同じ扇型を合わせた円形のロゼッタを持つ物が用いられている。

栄典制度改正による意匠の変更[編集]

大勲位菊花大綬章は栄典制度改正後も、制定以来の意匠を保持している。製造個体差以外ほぼ変わらないと言って良い。
戦前などの古い写真では、現時のモノクロ処理の画像とは異なり綬の紫の部分が白く写っている物が多いが、これは当時使用していたフィルムの色反応によるもので、大綬の色味は制定以来変わっていない。

運用[編集]

旭日章宝冠章瑞宝章というこれら三種の普通勲章の上位勲章として桐花章が制定されているが、菊花章はその桐花章を授与するに値するより更に優れた功績を国家にもたらした者が対象とされる。日本国憲法施行後、一般国民への叙勲は、約5年以上内閣総理大臣を務めた者、最高裁判所長官を長年務め多大な功績があった人物などに授与される例が多いが、戦後の生存者叙勲再開後では、生前授与されたのは総理大臣経験者3名と非常に少ない。没後叙勲でも、1974年田中耕太郎を最後に総理大臣経験者以外の授与例はない。

戦前は皇族・王公族のほか、総理大臣経験者に限らず陸海軍・枢密院などで活躍した者にも授与された。

2003年11月2日までは、「大勲位」という勲等と「菊花大綬章」という勲章に分けられていたが、翌11月3日からの栄典制度改正適用により勲等が廃止され、「大勲位菊花大綬章」が勲章の名称となった。なお、改正時の政令附則により、改正前に授与された者は改正後も引き続き勲等・勲章とを分けた状態で有しているものと扱われる。

同気勲章について[編集]

1959年、明仁親王・正田美智子の結婚

当時制定されていた勲章佩用式<明治21年勅令第76号>第一条で

「但菊花章ヲ賜ヒタル者ハ旭日桐花大綬章瑞寶一等章ヲ併セ佩フルコトヲ得」

と定められており、同気勲章という慣例的制度として菊花章受章者は同章の受章と同時に勲一等旭日桐花大綬章及び勲一等瑞宝章を授与された。皇族などの旧写真に於いて勲一等旭日桐花大綬章勲一等瑞宝章の授章記録の無い者であるにも関わらず、これら三章の併佩が見られるのはこのためである。この際の勲一等旭日桐花大綬章並びに勲一等瑞宝章の受章者欄には記載されることはない。またこの三章併授の例は国内のみで見られる物であって、海外要人(元首)に対する儀礼叙勲等で行われた記録は無い。

現在ではこのような併授は行っておらず、上記の条文がどの時点まで有効であったかを確実に記す資料(法的な根拠の証明)は存在しない。今のところ、1959年(昭和34年)4月に、皇太子明仁親王(現:今上天皇)の成婚時に正装写真が上記3章を併せて佩用されたのが最後の写真資料になっている。

映像資料では翌1960年(昭和35年)にネパールマヘンドラ国王夫妻を国賓として迎えた際の宮中晩餐会にて3章併佩の皇太子明仁親王(現:今上天皇)の姿が確認されている。

1964年(昭和39年)に生前者叙勲が再開されたことにより、戦後初となる菊花大綬章を受章した吉田茂は皇居での親授式後に撮影された写真にて勲一等旭日大綬章を併佩した姿が確認できるため、少なくともこの時点にはすでに同気勲章が無くなっている。

外国人に対する儀礼的叙勲での運用[編集]

皇族の外遊や国賓としての公式に来日する国家元首レベル以上の者に贈られる。相手国の元首の称号の格に対して最高の勲章が交換されるか、もしくは互いに同等の高位な勲章を交換するのが外交儀礼である。近年では、例えば2011年1月11日に日本を公式訪問したウクライナヴィクトル・ヤヌコーヴィチ大統領フランスフランソワ・オランド大統領へ授与されている。

菊花章については主に国王首長大統領クラス以上の国家元首がその対象で、特に国王大公首長などの王族籍を持つ国家元首については、同時に大勲位菊花章頸飾が授与されることが多い。また公式訪問の際に同席する、元首以外の王皇族についても、男子の場合はおおむね大勲位菊花大綬章が贈られる。

女性王族については、勲一等宝冠章(現在の宝冠大綬章)が授与されてきたが、例えばマルグレーテ2世 (デンマーク女王)のように女王などの称号で女性が君主である場合や、コラソン・アキノ(フィリピン大統領)のように女性自身が大統領として国家元首である場合は、大勲位菊花大綬章が授与される[4]。また近年ではスウェーデンヴィクトリア王太子など、王太子が女性の場合でも同様である。

皇族に対する叙勲[編集]

皇族叙勲について、旧皇室典範<皇族身位令>第十一条。

「親王ハ満十五年ニ達シタル後大勲位ニ叙シ菊花大綬章ヲ賜フ」

の条文に則り皇族に対する叙勲が行われていたが、皇族身位令が廃止された1947年(昭和22年)以降は、慣例として旧皇族身位令をおおよそ踏襲し、親王が成年式を迎えた際に授与されている。

受章者の一覧[編集]

皇族・王公族[編集]

戦前
受章者名 主な官職・役職 受章日 備考
明治天皇 天皇 1876年(明治9年)12月27日 勲章制定にあたり自ら佩用。
熾仁親王
有栖川宮
皇族 1877年(明治10年)11月2日
小松宮彰仁親王 皇族 1882年(明治15年)12月7日
有栖川宮幟仁親王 皇族 1886年(明治19年)1月24日
北白川宮能久親王 皇族 1886年(明治19年)12月29日
威仁親王
有栖川宮
皇族 1886年(明治19年)12月29日
久邇宮朝彦親王 皇族 1886年(明治19年)12月29日
伏見宮貞愛親王 皇族 1886年(明治19年)12月29日
山階宮晃親王 皇族 1886年(明治19年)12月29日
閑院宮載仁親王 皇族 1887年(明治20年)8月18日
依仁親王小松宮[5] 皇族 1889年(明治22年)7月15日
嘉仁親王
(後の大正天皇)
皇族 1889年(明治22年)11月3日
賀陽宮邦憲王 皇族 1903年(明治36年)11月3日
久邇宮邦彦王 皇族 1903年(明治36年)11月3日
山階宮菊麿王 皇族 1903年(明治36年)11月3日
梨本宮守正王 皇族 1904年(明治37年)11月3日
伏見宮博恭王 皇族 1905年(明治38年)11月3日
栽仁王有栖川宮 皇族 1908年(明治41年)4月4日 没後叙勲
裕仁親王
(後の昭和天皇)
皇族 1912年(大正元年)9月9日
竹田宮恒久王 皇族 1913年(大正2年)10月31日
朝香宮鳩彦王 皇族 1917年(大正6年)10月31日
多嘉王久邇宮 皇族 1917年(大正6年)10月31日
北白川宮成久王 皇族 1917年(大正6年)10月31日
東久邇宮稔彦王 皇族 1917年(大正6年)10月31日
昌徳宮李王垠 王公族 1920年(大正9年)4月27日
秩父宮雍仁親王 皇族 1922年(大正11年)10月25日
李堈公 王公族 1924年(大正13年)1月8日
華頂宮博忠王 皇族 1924年(大正13年)3月19日
高松宮宣仁親王 皇族 1925年(大正14年)2月1日
博義王伏見宮 皇族 1928年(昭和3年)11月3日
賀陽宮恒憲王 皇族 1930年(昭和5年)12月7日
久邇宮朝融王 皇族 1932年(昭和7年)5月25日
閑院宮春仁王 皇族 1934年(昭和9年)11月3日
三笠宮崇仁親王 皇族 1936年(昭和11年)10月1日
北白川宮永久王 皇族 1940年(昭和15年)9月4日 没後叙勲
竹田宮恒徳王 皇族 1940年(昭和15年)11月3日
李鍵公 王公族 1940年(昭和15年)11月3日
孚彦王朝香宮 皇族 1943年(昭和18年)11月7日
李鍝公 王公族 1943年(昭和18年)11月7日
戦後
受章者名 主な官職・役職 受章日 備考
皇太子明仁親王
今上天皇
皇族 1952年(昭和27年)11月10日 1989年(昭和64年)1月7日、皇位継承に伴い菊花章頸飾を佩用。
常陸宮正仁親王 皇族 1955年(昭和30年)11月28日 受章時は義宮
寬仁親王 皇族 1966年(昭和41年)1月5日
桂宮宜仁親王 皇族 1968年(昭和43年)2月27日 受章時は宮号なし
高円宮憲仁親王 皇族 1974年(昭和49年)12月29日 受章時は宮号なし
皇太子徳仁親王 皇族 1980年(昭和55年)2月23日 受章時は浩宮
秋篠宮文仁親王 皇族 1985年(昭和60年)11月30日 受章時は礼宮

一般受章者[編集]

明治時代[編集]

受章者名 主な官職・役職 受章日 備考
三条実美 太政大臣 1882年(明治15年)4月11日 正一位
岩倉具視 右大臣 1882年(明治15年)11月1日 贈正一位
島津久光 左大臣 1887年(明治20年)11月5日
中山忠能 神祇伯兼宣教長官 1888年(明治21年)5月14日
伊藤博文 内閣総理大臣 1895年(明治28年)8月5日
九条道孝 貴族院議員 1900年(明治33年)5月10日
黒田清隆 内閣総理大臣 1900年(明治33年)8月25日 没後叙勲
大山巌 参謀総長、元老 1902年(明治35年)6月3日
西郷従道 元老 1902年(明治35年)6月3日
山縣有朋 内閣総理大臣 1902年(明治35年)6月3日
井上馨 元老 1906年(明治39年)4月1日
桂太郎 内閣総理大臣 1906年(明治39年)4月1日
東郷平八郎 海軍軍令部長、東宮御学問所総裁 1906年(明治39年)4月1日
徳大寺実則 内大臣兼侍従長 1906年(明治39年)4月1日
松方正義 内閣総理大臣 1906年(明治39年)4月1日
野津道貫 第4軍司令官、元帥 1908年(明治41年)10月6日

大正時代[編集]

受章者名 主な官職・役職 受章日 備考
伊東祐亨 軍令部長、元帥 1913年(大正2年)11月10日
大隈重信 内閣総理大臣 1916年(大正5年)7月14日
西園寺公望 内閣総理大臣 1918年(大正7年)12月21日
寺内正毅 内閣総理大臣 1919年(大正8年)11月3日 没後叙勲
原敬 内閣総理大臣 1921年(大正10年)11月4日 没後叙勲
樺山資紀 台湾総督、枢密顧問官 1922年(大正11年)2月8日 没後叙勲
加藤友三郎 内閣総理大臣 1923年(大正12年)8月24日 没後叙勲
長谷川好道 朝鮮総督 1924年(大正13年)1月28日 没後叙勲
加藤高明 内閣総理大臣 1926年(大正15年)1月28日 没後叙勲
李完用 大韓帝国内閣総理大臣 1926年(大正15年)2月12日
川村景明 軍事参議官兼東京衛戍総督、元帥 1926年(大正15年)4月28日 没後叙勲

昭和時代(戦前)[編集]

受章者名 主な官職・役職 受章日 備考
奥保鞏 参謀総長、元帥 1928年(昭和3年)11月10日
山本権兵衛 内閣総理大臣、海軍大臣 1928年(昭和3年)11月10日
井上良馨 海軍参謀部長、元帥 1929年(昭和4年)3月22日 没後叙勲
上原勇作 陸軍大臣、元帥 1933年(昭和8年)11月8日 没後叙勲
斎藤実 内閣総理大臣、内大臣 1936年(昭和11年)2月26日 没後叙勲
高橋是清 内閣総理大臣、大蔵大臣 1936年(昭和11年)2月26日 没後叙勲
徳川家達 貴族院議長 1940年(昭和15年)6月5日 没後叙勲
金子堅太郎 枢密顧問官 1942年(昭和17年)5月16日 没後叙勲
清浦奎吾 内閣総理大臣 1942年(昭和17年)11月5日 没後叙勲
汪兆銘 中華民国南京国民政府行政院長(首相 1942年(昭和17年)12月22日
山本五十六 連合艦隊司令長官兼第一艦隊司令長官 1943年(昭和18年)4月18日 没後叙勲
一木喜徳郎 枢密院議長、宮内大臣 1944年(昭和19年)12月17日 没後叙勲

昭和および平成時代(戦後)[編集]

受章者名 主な官職・役職 受章日 備考
鳩山一郎 内閣総理大臣 1959年(昭和34年)3月7日 正二位、没後叙勲
吉田茂 内閣総理大臣 1964年(昭和39年)4月29日 従一位
1967年(昭和42年)10月20日、菊花章頸飾を没後叙勲。
池田勇人 内閣総理大臣 1965年(昭和40年)8月13日 正二位、没後叙勲
佐藤榮作 内閣総理大臣 1972年(昭和47年)11月3日 従一位
1975年(昭和50年)6月3日、菊花章頸飾を没後叙勲。
田中耕太郎 最高裁判所長官 1974年(昭和49年)3月1日 1960年(昭和35年)11月3日、文化勲章を受章。
正二位、没後叙勲
大平正芳 内閣総理大臣 1980年(昭和55年)6月12日 正二位、没後叙勲
岸信介 内閣総理大臣 1987年(昭和62年)8月7日 正二位、没後叙勲
1967年(昭和42年)4月29日、勲一等旭日桐花大綬章を受章。
三木武夫 内閣総理大臣 1988年(昭和63年)11月14日 正二位、没後叙勲
福田赳夫 内閣総理大臣 1995年(平成7年)7月5日 正二位、没後叙勲
中曽根康弘 内閣総理大臣 1997年(平成9年)4月29日 従六位[6]
小渕恵三 内閣総理大臣 2000年(平成12年)5月14日 正二位、没後叙勲
竹下登 内閣総理大臣 2000年(平成12年)6月19日 正二位、没後叙勲
鈴木善幸 内閣総理大臣 2004年(平成16年)7月19日 正二位、没後叙勲
橋本龍太郎 内閣総理大臣 2006年(平成18年)7月1日 正二位、没後叙勲

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 1918年(大正7年)、西園寺公望に授与された物。国立公文書館所蔵(請求番号:寄贈02114100)。
  2. ^ 明治の制定当初のごく初期の物のみ中心も七宝
  3. ^ マルグレーテ女王のように体格が大きい場合は、事前の打ち合わせで綬を長めにしたり幅を男性用と同じにすることもある
  4. ^ 勲章制定のごく初期には、リリウオカラニ (ハワイ女王)・オランダ女王ウィルヘルミナなど、女王の称号を持つ国家元首でも勲一等宝冠章(宝冠大綬章)であった
  5. ^ 後に東伏見宮を創設する。
  6. ^ 存命中に受けた人物であるため、マスコミでは中曽根を「大勲位」と呼ぶことがある。従六位は戦前に受けた位階。

参考文献[編集]

  • 総理府賞勲局監修 『勲章』、毎日新聞社、1976年(昭和51年) 
  • 総理府賞勲局監修 『日本の勲章』、大蔵省印刷局、1989年(平成元年)6月10日
  • 佐藤正紀 『勲章と褒賞』、社団法人時事画報社、2007年(平成19年)12月10日 
  • 川村晧章 『勲章みちしるべ~栄典のすべて~』、青雲書院、1985年(昭和60年)3月 
  • 藤樫準二 『勲章』、保育社カラーブックス、1978年(昭和53年)5月1日 
  • 藤樫準二 『皇室辞典』、毎日新聞社、1965年(昭和40年)5月
  • 三省堂企画監修『勲章・褒章辞典』日本叙勲者顕彰協会、2001年(平成13年)8月
  • 三省堂企画監修『勲章・褒章 新栄典制度辞典 -受章者の心得-』、日本叙勲者顕彰協会、2004年(平成16年)3月
  • 伊達宗克 『日本の勲章 -逸話でつづる百年史-』、りくえつ、1979年(昭和54年)11月 
  • James W. Pererson『ORDERS AND MEDALS OF JAPAN AND ASSOCIATED STATES -Thied Edition-』、An Order and Medals Society of America monograph、2000年
  • 婦人画報増刊 『皇族画報』、東京社、1915年(大正4年)5月
  • 婦人画報増刊 『御大典記念 皇族画報』、東京社、1928年(昭和3年)10月
  • 中堀加津雄監修 『世界の勲章展』、読売新聞社、1964年(昭和39年)
  • 『皇族・華族 古写真帖』、新人物往来社、2003年(平成15年)8月、ISBN 4-404-03150-5 
  • 『明治・大正・昭和天皇の生涯』、新人物往来社、2005年(平成17年)12月 ISBN 4-404-03285-4  
  • 『宮家の時代 セピア色の皇族アルバム』、鹿島茂解説、2006年(平成18年)10月、ISBN 4-02-250226-6
  • 大久保利謙監修 『旧皇族・華族秘蔵アルバム 日本の肖像 第十二巻』、毎日新聞社、1991年(平成3年)2月10日 
  • 歴史読本 特集 天皇家と宮家』、新人物往来社、2006年(平成18年)11月号
  •  平山晋 『明治勲章大図鑑』、国書刊行会、2015年(平成27年)7月15日

外部リンク[編集]