孝明世子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
孝明世子
Crown Prince Hyomyeong.jpg
文祖の御眞(韓国国立中央博物館蔵)。朝鮮戦争の戦火で半分が焼失。
各種表記
漢字 孝明世子
発音: ヒョミョンセジャ
日本語読み: こうめいせいし
ローマ字 Crown Prince Hyomyeong
テンプレートを表示

孝明世子(ヒョミョンセジャ、こうめいせいし、효명세자純祖9年8月9日1809年9月18日) - 純祖30年5月6日1830年6月25日))は、李氏朝鮮の王世子。(ヨン、)、は徳寅(ドクイン、とくいん、덕인)、は孝明で、廟号は文祖(ムンジョ、ぶんそ、문조)。父は純祖である。

1812年王世子に冊封され、1819年10月嘉礼を挙げた。1827年父・純祖の命により代理聴政をして、安東金氏の勢道政治を牽制し、妻の実家・豊壌趙氏の人物を重用したが、3年後の1830年に没した。享年22(満20歳没)。

息子・憲宗が即位するや翼宗(イクジョン、よくそう、익종)に追尊し、1899年、高宗が再び文祖翼皇帝(ムンジョイクファンジェ、ぶんそよくこうてい、문조익황제)と追尊した。陵は京畿道九里市仁倉洞にある綏陵東九陵の一つ)。

家族関係[編集]

  • 父:純祖(1790年 - 1834年)
  • 母:純元王后金氏
  • 妃:神貞王后趙氏(1808年 - 1890年)
  • 子:憲宗(1827年 - 1849年)
  • 養子:高宗 26代国王。25代国王の哲宗が後嗣なく薨去すると、妃の神貞王后が自身との間に養子として迎えた。

憲宗は男子を儲けることなく死去し、娘2人(孝明世子からみて孫娘)も夭折した為、子孫はいない。

系図[編集]

翼宗の親類・近親・祖先の詳細