李安社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
李安社
各種表記
ハングル 이안사
漢字 李安社
発音: イ・アンサ
日本語読み: り あんしゃ
テンプレートを表示

李 安社(り あんしゃ、? - 至元11年(1274年)12月)は、李氏朝鮮の初代君主・太祖李成桂の高祖父。李成桂が朝鮮を建国すると穆王と追尊し、太宗廟号穆祖(목조)、号を仁文聖穆大王(인문성목대왕)とした。

生涯[編集]

全州の豪族家門に李陽茂の子として生まれた。『李朝実録総序』によると、祖父は高麗朝廷で内侍執奏を務めた李璘であり、侍中の文克謙の娘と結婚して李陽茂が産まれ、李陽茂は上将軍の李康済の娘と結婚して李安社が産まれたと記録されている。李璘は庚寅の乱を主導して武臣政権の最初の執権者となった李義方の弟だったが、1174年に李義方が鄭仲夫に殺害されると、残った一族を連れて故郷の全州に都落ちし、家門を保全させたという。李陽茂の経歴は知られておらず、ただし『高麗史』の選挙志に高宗8年(1221年)に選抜された86人の科挙及第者中の一人として李陽茂の名前が言及されているが、彼が李安社の父と同一人物かどうかは確認されていない。

李安社が20代の頃、官衙の妓をめぐって山城別監(地元の役人)と争いが起き、全州の按廉使(地方長官)が軍を動員する事態にまで至ると、李安社は急いで一族郎党の170余戸を率いて三陟に逃げた。三陟に着いて船を建造し、モンゴル軍と倭寇の襲来に備えたが、全州で争った山城別監が新しい按廉使として赴任すると、李安社は再び海路を通じて東北面の宜州(元山市)に移住し、後に従う民を集め勢力を育てた。当時はモンゴルが高麗に侵入していた時期であり、李安社は高麗朝廷から宜州兵馬使に任命され、高原(高原郡)を守りモンゴル軍を防御する任務を担うことになった。しかし、双城に駐屯したモンゴルの山吉大王が鉄嶺(高山郡)以北を取る過程で李安社にも使節を送り投降を勧めると、李安社は配下の1千余号と共にモンゴルに投降し、手厚い待遇を受けながらすぐに開元路zh)に属する斡東(慶興郡豆満江対岸で現在はロシア領)に移った。『李朝実録』によると、これは1254年のことである。

1255年、モンゴルにより斡東千戸所を治める達魯花赤に任命された。至元11年(1274年)12月に死亡し、孔州城(慶興郡)の南に葬られたが、朝鮮開国後に咸州(咸興市)の韃靼洞に改葬され徳陵と称された。

池内宏は、李安社の曾孫に当たる李子春の神道碑[1]は李氏の遠祖を新羅時代の李光禧として、以後十数世後の李陽茂をもって李安社の父とするが、 定陵碑(1393年、王命によって撰した碑文[2])は、李光禧より遡り李天祥・李自延・李翰に及び系図が延長していること、神道碑において、李安社の居住地が南京より孔州に移転して、三陟より南京(北青郡)に移り、斡東千戸所の達魯花赤となったというように、事績を激しく変化させていることから、李安社は李成桂の領土拡張の理想を寄せた架空の人物であることは殆ど疑う余地がないという。そして、「安社」という名前は、伝説を創作する際に、簒立の志を抱いていた李成桂が、その義を当代の功臣安社功臣(안사공신)から付けたものではないかという。そして、李成桂は、李子春の墳墓が根拠地の咸興に存在することをもって、李椿の墳墓をその地に存在するとみなして、架空の人物である李安社を設定して、それぞれの墳墓を構築したという。そして李子春神道碑と定陵碑において伝説を創作した翌年、李穡朝鮮語版(『李子春神道碑』の作者)をして『墳墓記』を制作させ、虚偽を飾って真実とみなそうとしたという[3]

池内によると、李穡の墳墓記には、李安社の陵は斡東に存在するとするが、李成桂の即位の初め、四祖の陵墓を祭るために東北面に派遣された李芳遠が、復命して「徳陵・安陵在孔州」といい、これらの二陵の南京附近より孔州に移転したのは、この遣使の頃か或いはそれ以前であり、李成桂が亡父のために神道碑を建立する際に、高麗の領土を豆満江方面に拡張するという抱負を有して、その抱負を李安社という空想の人物に結合して、李安社の南京移住説となり、それにともない李安社の墳墓は斡東に存在するとしたが空想の産物に過ぎず、南京といい、斡東というのも、それらの地名の存在する豆満江方面に関する当時の地理的知識の浅薄なことが説話を作為せしめた素因の一つだという。その後、この方面の経略が北進して豆満江畔の孔州に達し、李成桂が即位して、四祖の陵室を祭るに至って、祭儀を執り行う必要上、李安社の空想の墳墓を、経略の及ばない布爾哈通河(ブルハトゥ河)畔の地に置くことはできず、東北面に派遣した李芳遠が帰朝して「徳陵・安陵在孔州」と復命したのはその証左であり、李芳遠の復命は、李成桂の即位を定陵・和陵・義陵・純陵等の諸陵に告げると同時に、李安社及びその妃の空想の陵墓を孔州の地に具体化して、築造する使命を帯びた結果だという[4]。太祖6年(1397年)12月、鄭道伝を東北面に遣わし、翌年2月孔州以南の州・府・郡・県の名を分定し、この時に孔州の一部を慶源府と改めたが、徳陵・安陵の二陵の築造の自然の結果としての李安社の伝説の事実上の移転を、文字の表面に示したものであり、慶源の名は、鄭惣碑に「世積動徳、肇基王迹、善鍾慶發、源遠流光」といっていることに基づき、祖先の発祥地をその府に擬した命名であることは明白だという[4]

三田村泰助は、全州李氏出身という主張を「全羅道全州の名門の出といわれるが、疑わしく、数代まえより、北鮮の咸鏡道にいた」と述べている[5]

李氏朝鮮史が専門の六反田豊東京大学教授)は、高祖父の李安社の時代に全州から東北面に移住した、元朝に入仕した、その後各地を転々としたなどというのは「伝説」として[6]、「こうした伝説は、『高麗史』・『太祖実録』・『竜飛御天歌』等にみられるが、どこまで史実を反映したものであるかは疑問である」と述べている[7]

子孫[編集]

6人の男子が知られている。

  1. 安川大君 李於仙
  2. 安原大君 李珍
  3. 安豊大君 李精
  4. 翼祖 李行里[8]
      1. 咸寧大君 李安
      2. 咸昌大君 李長
      3. 咸原大君 李松
      4. 度祖 李椿(モンゴル名:孛顔帖木児)[9]
      5. 咸川大君 李源
      6. 咸陵大君 李古泰
      7. 咸陽大君 李腆
      8. 咸城大君 李応巨
  5. 安昌大君 李梅拂
  6. 安興大君 李球寿

脚注[編集]

  1. ^ 1387年製作。実物は現存していないが、『牧隠文藁』と『東文選』に原文が載っている。
  2. ^ 六反田豊 1986, p. 46
  3. ^ 池内宏「李朝の四祖の伝説とその構成」『満鮮史研究 近世編』中央公論美術出版1972年、p35-p37
  4. ^ a b 池内宏「李朝の四祖の伝説とその構成」『満鮮史研究 近世編』中央公論美術出版1972年、p46-p47
  5. ^ 「明帝国と倭寇」『東洋の歴史8』人物往来社1967年、p153
  6. ^ 六反田豊 1986, p. 45
  7. ^ 六反田豊 1986, p. 77
  8. ^ 達魯花赤
  9. ^ 三興地誌 度祖生名之善來(小字)蒙古諱孛顔帖木児(竜飛御天歌)天方擇矣匪白衲師海東黎民其肯忘斯

参考文献[編集]