顕宗 (朝鮮王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

顕宗(ヒョンジョン、けんそう、崇徳6年2月4日1641年3月15日) - 康熙13年8月18日1674年9月17日))は、李氏朝鮮の第18代国王(在位:1659年 - 1674年)。木偏に「淵」のを合わせた文字)。は景直(キョンジク、경직)。号は荘恪[1]昭休衍慶敦徳綏成純文粛武敬仁彰孝大王。第17代国王孝宗の第1王子。母は仁宣王后。妃は金佑明の娘明聖王后。子女に粛宗、明善公主、明恵公主、明安公主。

1次礼訟論争(1659年)、2次礼訟論争(1674年)の時の王。1662年、大同法を湖南の山郡にも実施。

家族[編集]

側室は置かず、妃は明聖王后のみである。よって全ての子女は、明聖王后の所産である。

  • 祖父 : 朝鮮 16代 国王 仁祖
  • 祖母 : 仁烈王后 洪氏
  • 父 : 朝鮮 17代 国王 孝宗
  • 母 : 仁宣王后 張氏
    • 王妃 : 明聖王后 金氏
      • 息子 : 朝鮮 19代 国王粛宗 焞 (1661年 - 1720年)
      • 娘 : 明善公主 (1660年 - 1673年) 新安尉 孟萬澤に降嫁する予定であったが、婚礼を迎える前に死去。
      • 娘 : 明惠公主 (1665年 - 1673年) 東安尉 申尭卿に降嫁する予定であったが、婚礼を迎える前に死去。
      • 娘 : 明安公主 (1667年 - 1687年 名は温姫。) 海昌慰 呉泰周に降嫁。息子を出産後死去。(その産んだ息子も夭逝。)

顕宗が登場する作品[編集]

テレビドラマ

脚注[編集]