顕宗 (朝鮮王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
顕宗
李氏朝鮮
王朝 李氏朝鮮
在位期間 1659年-1674年
姓・諱
諡号 荘恪昭休衍慶敦徳綏成純文粛武敬仁彰孝大王
廟号 顕宗
生年 1641年3月15日
没年 1674年9月17日
孝宗
仁宣王后張氏
后妃 明聖王后金氏

顕宗(ヒョンジョン、けんそう、崇徳6年2月4日1641年3月15日) - 康熙13年8月18日1674年9月17日))は、李氏朝鮮の第18代国王(在位:1659年 - 1674年)。木偏に「淵」のを合わせた文字)(ヨン、)。は景直(キョンジク、けいじき、경직)。号は荘恪[1]昭休衍慶敦徳綏成純文粛武敬仁彰孝大王。第17代国王孝宗の第1王子。母は仁宣王后張氏。妃は金佑明の娘明聖王后。子女に粛宗、明善公主、明恵公主、明安公主。

1次礼訟論争(1659年)、2次礼訟論争(1674年)の時の王。1662年、大同法を湖南の山郡にも実施。

家系[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 清の諡号を隠した朝鮮後期の国王たち 朝鮮日報 2007/09/16
  2. ^ 명안공주[明安公主] (朝鮮語) 斗山百科 2019.4.10 09:30 (UTC) 閲覧