睿宗 (朝鮮王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

睿宗(イェジョン、えいそう、景泰元年1月1日1450年2月12日) - 成化5年11月28日1469年12月31日))は、李氏朝鮮の第8代国王(在位:1468年9月7日 - 1469年12月31日)。は晄。は平甫(ピョンボ、평보)、即位後に明照(ミョンジョ、めいしょう、명조)と改称。君号は海陽大君(ヘヤンデグン、かいようだいくん、해양대군)。第7代国王世祖の第2王子。母は貞熹王后尹氏。

略歴[編集]

世子だった兄義敬世子(桃源君)が病の為早世した為、代わりに1457年に世子となり、1468年に即位した。貞熹王后の摂政と重臣の補佐で国王の権力は大きく弱体化した。

睿宗の治世の間に、閔粋史獄(1469年実録の草本を収めた時に閔粋などが高官の非行を書いた内容のために後患が恐ろしくて自分が作成した草本を修正した事件。連関者はある者は処刑されある者は奴婢に落とされた)や南怡の謀叛事件(1468年)などがあった。また1469年、商人李吉生が日本の商人だった時難而羅を欺く事が発生して、三浦での対日私務役(織物と食物の売買は除外)を禁止した。

病弱だったため19歳の若さで薨去。在位期間は1年2ヶ月と短かった。陵は京畿道高陽市にある昌陵。

宗室[編集]

后妃[編集]

  • 章順王后韓氏(1445年-1462年。本貫は清州。上党府院君 忠成公 韓明澮の娘)
  • 安順王后韓氏(1445年-1499年。本貫は清州。清川府院君 襄惠公 韓伯倫の娘)- 成宗即位の初めに彼女と仁粋大妃(成宗の母)との序列(位階)が問題視された。

後宮[編集]

  • 恭嬪崔氏 - 本貫は全州。判官 崔道一の娘。1462年、揀擇により入宮し昭訓となる。睿宗即位後は淑儀に、成宗14年に貴人となった。死後、嬪に格上げされた。
  • 尚宮奇氏 - 詳細は不明だが、1489年に死去。
  • 李氏 - 李義生の庶女。1463年に入宮するが品階は不詳。睿宗即位後の記録が無い。

子女[編集]

  • 仁城大君(1461年-1463年 名は糞。母は章順王后韓氏。早世。)

以下は安順王后韓氏との子。

  • 斉安大君 (1466年-1529年 名は琄。)
まだ幼いことを理由に貞熹王后が成宗を後継者に指名したため王になれなかった。
1483年、平原大君(世宗昭憲王后の七番目の王子)の養子となった。
  • 大君(生没年不詳)
  • 顕粛公主(1464年-1502年、任士洪の息子、豊川尉 任光載に下嫁。子は無し。初めは貞淑公主に封じられた。)
  • 恵順公主(1468年-1469年 早世。)

関連項目[編集]