明聖王后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
明聖王后
各種表記
ハングル 명성왕후
漢字 明聖王后
発音: ミョンソンワンフ
日本語読み: めいせいおうこう
ローマ字 Queen Myeongseong
テンプレートを表示

明聖王后 金氏(めいせいおうこう きんし、ミョンソンワンフ キムシ、崇徳7年5月17日1642年6月14日) - 康熙22年12月5日1684年1月21日))は、李氏朝鮮の国王顕宗の王妃で粛宗の母。本貫は清風金氏、謚号・徽号等は顕烈禧仁貞献文徳明聖王后。

1651年世子嬪に、1659年王妃になり、1674年顕宗が亡くなると王大妃 となった。年若い粛宗が王になると朝廷の事に深く干渉しようとして西人側についた。知能が高く、性格が過激で、宮殿内の事柄を処理する際には感情的で荒っぽい面を見せたと言われる。特に1675年の「紅袖之変」では大臣たちの前で泣き叫ぶなどみっともない姿を晒した。死後は、顕宗と共に京畿道九里市の崇陵に葬られた。

世子嬪から王妃、大妃になったのは明聖王后金氏ただ一人である。

家族[編集]

明聖王后が登場する作品[編集]

参考文献[編集]

  • 朝鮮王朝実録【改訂版】朴永圭 著、神田聡・尹淑姫 訳、キネマ旬報、2012年3月14日