定宗 (朝鮮王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
定宗 李曔
李朝
第2代国王
王朝 李朝
在位期間 1398年10月14日-1400年11月28日
都城 漢陽開京
姓・諱 芳果 (방과)→曔(
光遠(광원
諡号 恭靖懿文荘武温仁順孝大王
정종공정의문장무온인순효대왕
廟号 定宗(정종
生年 至正17年7月1日
1357年7月18日
没年 永楽17年9月26日
1419年10月15日
太祖
神懿王后
后妃 定安王后
陵墓 厚陵

定宗(ていそう、チョンジョン、1357年7月18日 - 1419年10月15日)は、李氏朝鮮の第2代国王(在位:1398年 - 1400年)、権知高麗国事は当初芳果(ほうか、パングァ、방과)、改名して(けい、キョン、경)、光遠(こうえん、クァンウォン、광원)。世子になる前は永安君(ヨンアングン、えいあんくん)。

生涯[編集]

恭愍王7年(1357年)7月1日に太祖(李成桂)と神懿王后の間の二男として生まれた。性格が穏やかで勇猛で知略が優れ、高麗末期、父に就いて多くの戦いに参加し多くの功績を立てた。父・李成桂が朝鮮を建国すると、李芳果は永安君に冊封されたが、1398年 8月に五男である弟・靖安君李芳遠の起こした第一次王子の乱の後、王世子に冊封された。本来王位につく意志がなかった芳果は、王世子になるのを言葉を尽くして辞退したが、太祖の長男で兄の鎮安君李芳雨は既に亡くなっていたうえ、その頃、国の権力を掌握していた芳遠の強要で仕方なく王世子となり、1ヶ月後の1398年9月、太祖の譲位で朝鮮国王となった。側室との間に多くの庶子を儲けていたが、王妃金氏との嫡男が無いことは、芳遠にとってとても好都合であった。定宗は2年の在位期間、芳遠の影響力下にあった。芳遠の意向によって権力者たちの私兵を解体し、軍事権を国家の最高軍事機関である義興三軍府に集中させた。

定宗はソウルの運気が悪くて王子の乱が起きたという理由を聞いて、首都をソウルから再び開京へ遷都した。しかし、翌年1400年第二次王子の乱が起きると、芳遠を王世弟に冊封し、9ヶ月後の 11月13日に王世弟に王位を譲り、上王に退いた。定宗としては権力の中心である王位から退くことだけが、命を維持することができる唯一の道だったからである。上王に退いた定宗は仁徳宮で撃毬、狩猟、温泉、宴会などの娯楽で悠悠自適な生活を送り、世宗元年(1419年)9月26日に 63歳で薨去した。御陵は開城にある厚陵。

2年の間の短い治世にほとんど実権がなかったことから、朝鮮では定宗を過渡期執権者と考え「恭靖大王」と呼んだが、262年が過ぎた粛宗7年(1681年)12月に至り、定宗という廟号を贈った。

家系[編集]

  • 正室: 定安王后金氏(1355年 - 1412年)- 月城府院君 金天瑞の娘
    • 子女なし
  • 後宮: 嘉懿宮主/嘉懿翁主柳氏(生没年不詳)
    • 仏奴(生没年不詳) - 一時期元子とされた[3]がその後政争に巻き込まれた定宗が生命を助けるために親子関係を否定[4]、1409年に公州に流刑となった[5]
  • 後宮: 其毎(生没年不詳)- 上王宮に仕える奴婢。定宗の寵愛を受けて子を産んだが1417年宦官との姦淫が発覚し追放、定宗の子を産んでいるという理由で死罪は免れた[6]
    • 志云(生没年不詳)- 母親が他の男と姦淫の末追放されたため定宗に親子関係を否定されている[7]

定宗が登場する作品[編集]

小説
テレビドラマ

脚注[編集]

  1. ^ 「順平君 羣生卒, 賜賻米豆幷三十石, 紙一百卷, 油芚十部. 羣生, 恭靖大王後宮出也. 諡曰安簡, 好和不爭安, 平易不懈簡.」朝鮮王朝実録 世祖実録5巻、世祖2年8月21日 戊午2回目
  2. ^ 「林偃正 祿生卒, 停朝市, 致弔, 致賻, 致奠.」朝鮮王朝実録 文宗実録3巻、文宗即位年8月6日
  3. ^ 「己卯/納柳氏于後宮. 柳氏, 上潛邸時妾, 大司憲趙璞族妹也. 嘗適人有子, 名佛奴, 居竹州. 至是, 璞啓于上, 迎柳氏及子, 置于其家, 裝備入內, 封爲嘉懿翁主, 稱其子曰元子.」朝鮮王朝実録 太祖実録15巻、太祖7年11月7日 己卯1回目
  4. ^ 이기환 [여적]‘비운의 프린스’ 김정남 (朝鮮語) 京郷新聞 2017.2.16付記事
  5. ^ 「命置佛奴于公州. 仁德殿宮人嘉懿宮主 柳氏, 嘗適人有子, 名曰佛奴. 佛奴自謂上王之子, 上王誓以爲非己子, 命參贊議政府事李至爲委官, 同臺諫刑曹坐巡禁司雜治之.」朝鮮王朝実録 太宗実録18巻、太宗9年10月27日 乙丑3回目
  6. ^ 「辛卯/斬宦者鄭思澄. 思澄自高麗 恭讓時, 有言其不類宦者, 又通懷安大君妾. 及事仁德宮, 淫于侍女其每, 其每上王本宮婢也. 上王知之, 黜其每, 思澄逃, 至是被執, 乃誅之. 義禁府提調請幷斬其每, 上曰, 其每於上王, 有身生子, 不忍也, 提調等請曰, 其每旣得罪見黜、上王何惜哉? 上然之, 將斬, 竟以上王之命不果斬.」朝鮮王朝実録 太宗実録34巻、太宗17年8月8日 辛卯1回目
  7. ^ 「珍城縣監李胖執僧志云以來, 命下義禁府. 志云者, 恭靖王侍婢其每子也. 其每頗淫奔, 王往往杖之. 遂生志云, 王覺其非子, 故不齒於諸子之列久矣.」
  8. ^ 「黜妓楚宮粧. 世子私近上妓楚宮粧, 上知而逐之. 上王曾御此妓, 世子不知而私之. 」朝鮮王朝実録 太宗実録29巻、太宗15年5月13日 己酉4回目
  9. ^ 박종화 (朝鮮語) 韓国民族文化大百科事典 2019.9.11 9:20 (UTC) 閲覧
  10. ^ 「왕위」독점한「수사본부」팀 (朝鮮語) 東亜日報 1978.11.21 p. 8(NAVER内)
  11. ^ 개국 출연 (朝鮮語) daum 2019.9.11 9:00 (UTC) 閲覧
  12. ^ 조선왕조 500년 추동궁 마마 출연 (朝鮮語) daum 2019.9.11 9:00 (UTC) 閲覧
  13. ^ 태민영 (朝鮮語) daum 2019.9.11 9:00 (UTC) 閲覧
  14. ^ 대왕세종 출연 (朝鮮語) daum 2019.9.11 9:10 (UTC) 閲覧
  15. ^ 양소영 [시선강탈]'능력자들' 사극 덕후가 꼽았다, 명장면 셋 (朝鮮語) TVDaily 2016.7.8付記事
  16. ^ 육룡이 나르샤 출연 (朝鮮語) daum 2019.9.11 9:20 (UTC) 閲覧
先代:
太祖
李氏朝鮮国王
第2代:1398年 - 1400年
次代:
太宗