李椿 (朝鮮)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
李椿
各種表記
ハングル 이춘
漢字 李椿
発音: イ・チュン
日本語読み: り ちん
ローマ字 I chun
テンプレートを表示

李 椿(り ちん、? - 至正2年7月24日1342年8月25日))は、李氏朝鮮を創建した李成桂の祖父、千戸長。モンゴル名はブヤンテムルᠪᠠᠢᠠᠨᠲᠥᠮᠥᠷ、孛顔帖木児)。李行里の四男。母は貞淑王后崔氏(本貫登州[1][2])。李子春の子の李成桂朝鮮を建国すると度王に追尊され、さらに太宗廟号度祖(도조)、号を恭毅聖度大王(공의성도대왕)に追尊した。

生涯[編集]

宣命を受けてダルガチだった父からその地位を受け継いだ。最初に斡東百戸の女の朴氏と結婚して李子興李子春が生まれたが、朴氏の死後に双城総管趙氏の娘と再婚し、宜州(의주、現在の元山市)から双城総管府がある和州(現在の金野郡)に移った。池内宏は、後妻趙氏が双城総管の女、元の宣命を受けて亡父の職の後を継ぐ、その配朴氏が斡東の百戸の女というのは、李椿の伝説を双城と元とに結合することにより派生したもので措信の価値がないと斥けている[3]。また、李椿病没の年月も、机上の制作と指摘している[4]

ただし池内宏は、『李朝実録』巻一に「初三海陽、達魯花赤金方卦、娶度祖女、生三善三介、於太祖為外兄弟也、生長女真、膂力過人、善騎射」とあり、金方卦が李椿の娘を娶り三善三介が生まれたとあり、これは虚構ではないことから実在していた人物であることは認められるという[5]。また、李椿に塔思不花・李子春・完者不花・那海の四人の子がいて、塔思不花・李子春が、完者不花・那海に対して異母兄弟であること、塔思不花没して、子の李天桂が幼く家督相続の争議がおこったこと、李子春が李天桂の叔父として塔思不花の後を継いだこと等は、特にこれを疑うべき理由はないと指摘している[4]

家族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国朝紀年』「貞淑王后崔氏籍登州」
  2. ^ 東国輿地勝覧』巻48『定陵碑』「皇曾祖諱行里、襲封千戸、今封翼王、陵號曰智、配登州崔氏、今封貞妃、陵號曰淑」
  3. ^ 池内宏「李朝の四祖の伝説とその構成」『満鮮史研究 近世編』中央公論美術出版1972年
  4. ^ a b 池内宏「李朝の四祖の伝説とその構成」『満鮮史研究 近世編』中央公論美術出版1972年、p60
  5. ^ 池内宏「李朝の四祖の伝説とその構成」『満鮮史研究 近世編』中央公論美術出版1972年、p37