満鮮史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

満鮮史 / 満鮮史観(まんせんし / まんせんしかん)は、中国東北部満州朝鮮半島をつながった地域ととらえる歴史観、あるいはその歴史観に基づいて戦前期の日本を中心に行われた歴史研究のことである[1]

概要[編集]

「満鮮史」とは、戦前日本の東洋学東洋史学においてはメジャーな研究部門であり、満鮮史観すなわち満州史と朝鮮史は一体であるという歴史観に基づくものであった。満鮮史の誕生は、1908年南満州鉄道東京支社内に設置された満洲・朝鮮を研究する「満鮮地理歴史調査室」に遡り、1915年に同調査室が廃止されると、その研究は東京帝国大学に移管され、『満鮮地理歴史研究報告』16冊分の研究成果を生むが、1945年の敗戦によって満洲国が崩壊し朝鮮が解放されると満鮮史は衰退した[2]

主な満鮮史研究者[編集]

1908年より満鉄東京支社嘱託・満鮮地理歴史調査室の満州朝鮮歴史地理調査部門において研究をした白鳥庫吉津田左右吉松井等稲葉岩吉池内宏箭内亘和田清[3]朝鮮総督府朝鮮史編修会において研究をした今西龍瀬野馬熊黒板勝美小田省吾藤田亮策末松保和田保橋潔など[4]

批判[編集]

現代の韓国の研究者からは、満鮮史は朝鮮が中国の満州を領有する主権を行使できなくするために編み出されたものであり、中国史から満州史を分離させて朝鮮史と束ねることにより、日本の満州支配の合理的理由を歴史学的に論拠を示すことにより、朝鮮史の独自性を否認して、独自性・自主性を朝鮮史から消失させる典型的な植民史観の一つであり、「日本の東洋学者が日本の大陸政策すなわち満韓経営に直接的かつ組織的に関わって生み出されたもの」として厳しく指弾されている[5]。それによると満鮮史研究者たちは、朝鮮史研究の重点を古代史に設定して、朝鮮民族の発展史には関心を持たず、朝鮮史を日本の満州進出という視覚からのみとらえるようなり[6]、満鮮史研究者たちは植民史観である日鮮同祖論を批判していながら、植民史観の他律性史観が満鮮史観に根差していることを認識できず、稲葉岩吉は「朝鮮半島に起きた大事件は皆一様に東亜全局の問題の表れであることを言っておきたい」と主張しており、朝鮮史の自主的発展を否定することにより、満鮮史が他律性史観を生み出したという[7]

戦後日本では、朝鮮史研究者から満鮮史に対する批判がなされ、戦後日本の朝鮮史研究をリードしたと評価されている旗田巍は、朝鮮史の自主的・ 主体的発展を否定することにより、朝鮮史研究に歪みをもたらしたと批判した[8]。旗田巍によると、満鮮史観とは、「朝鮮史の自主的発展を疑うような考え」のことであるという[9][10]

一体、満鮮史なるものは自明なものと見なされるほどに明瞭なのであろうか。普通、歴史を考えるさいに、まず民族が問題になる。朝鮮史は朝鮮民族の歴史として成立しうる。しかし朝鮮と満州とを一括した歴史は、民族の歴史としては成立しえない。周知のように、新羅が七世紀に朝鮮を統一して以後、朝鮮は一つの独自の民族として発展してきた。それ以後、朝鮮は一つの民族の歴史をもったのであって、満州人とともに一つの歴史を形成するようなことはなかった。満州人とは別個の独自の国家、独自の社会、独自の言語、独自の文化をつくりあげた。したがって、民族の歴史という視点からみると、満鮮史なるものは存在しない。

旗田巍が、満鮮史を批判したのは、朝鮮史の自主的発展を過小評価したからであり[11]、必ずしも朝鮮一国だけで歴史をとらる一国史観を正しいと考えていたわけではないという。それによると、旗田は、北朝鮮の朝鮮社会科学院刊行の『朝鮮文化史』を一国史観であり、日本の研究者は北朝鮮歴史学界の一国史観をそのまま受け入れるのではなく、朝鮮文化をアジアのなかに位置付けなければならいと戒めていたという[12]

第2回日韓歴史共同研究に参加した古田博司によると、韓国の研究者が戦前の日本の満鮮史研究者を批判した旗田巍を見習うべきだと発言したという[13]

主な批判
  1. 日本の進出対象であった満州と朝鮮の不可分性を主張することによって、日本の満州と朝鮮進出を正当化する目的があった[14][15]
  2. 歴史的な考察ではなく、日本の朝鮮支配と関連して満州と朝鮮は一体という結論があり、それを説明するために提唱された[16][17]
  3. 朝鮮史は朝鮮民族の歴史であるため、満州と朝鮮を一体とした歴史観は成立できず、朝鮮民族は統一新羅以後、満州人とは異なる歴史がある[9][18]

再評価の動き[編集]

旗田巍の満鮮史批判が、朝鮮と中国東北史の関係が断ち切らせてしまい、戦後日本や韓国の朝鮮史研究が、朝鮮の歴史を朝鮮一国だけで考察する一国史観に閉じ込めたという指摘がある[19]。例えば浜田耕策は、韓国の学界では、百済倭国へ文化を伝来したという優越論が根強いが、それらは百済の背後にある中国との相互関係に目を向けることの弱さから生まれた優越論であり、「東アジアにおける韓国古代史の視点が弱いといわざるを得ない」と指摘している[20]。それによると、朝鮮と中国東北史の関係を排除・断絶されたため、朝鮮一国だけでとらえることにより「自国中心の歴史認識」の基盤となり[21]、朝鮮史を東アジア史でとらえることができなくなり、朝鮮史が中国から影響を受けたこと、朝鮮が中国から文化・文明をもたらされたこと、朝鮮史における中国人士の活動などが唾棄され、中国-朝鮮の宗主国-属国関係、支配-被支配関係がとらえることができなくなり、戦後の韓国人による韓国史研究が韓国でしか認められないようなナショナリスティックな歴史観を生み出し(例えば韓国の歴史教科書が記述している、檀君は実在した・檀君は実在したが箕子は実在しなかった・衛満は朝鮮人だった・楽浪郡北京遼東にあった・新羅の建国年は紀元前57年だった・遼西に百済領があった・渤海は朝鮮の国だった)、そのような韓国のナショナリズム的性向を帯びた歴史観が「竹島問題」・「高句麗論争」・「渤海論争」など他国と軋轢を生む結果となり、したがって戦後日本や韓国の朝鮮史研究の一国史観に対する反省と戦後日本や韓国の朝鮮史研究の一国史観から脱却するため、満鮮史の視覚を再評価する動きがある[22]

中野耕太は、満鮮史は朝鮮と満洲の国境を相対化するため、現代の朝鮮史研究者が満鮮史研究から参考にすべきことは、一国史観から脱却する・一国史観にとらわれない視覚であるが、朝鮮史の自主的発展を過小評価する部分は、批判的に再検証する必要がある旨述べている[23]

田中隆一は、戦前の満鮮史が、植民地朝鮮のナショナリズムを押さえ込む役割を果たしのは事実であり、旗田巍は、朝鮮史は中国諸情勢の波動にすぎないという満鮮史を「ゆがめられた朝鮮史像」であり、「朝鮮民族の主体的発展」である朝鮮史像こそが「正しい朝鮮史像」であると厳しく満鮮史を批判したのは正当であるが、「しかしながらその結果として、戦後の朝鮮(近代)史研究は『一国史』的な色彩の強いものとなり、在満朝鮮人史研究などを除けば、『満州(国)』史研究との相互関係は省みられることが少なかった憾がある。」と評する[24]

高句麗の帰属を契機に、満鮮史を検証した井上直樹は、高句麗において一国史観にとらわれない「満鮮史的視座」「東北アジア的視座」は有用な視覚であるという[25]。それによると、高句麗について、現在の国境にとらわれることなく、巨視的な視点から高句麗を理解することが必要であり、満州と朝鮮を一体的な空間として高句麗を把握しようとする満鮮史観は、高句麗を今日の国家という枠組みを超えて巨視的に理解して、高句麗が現代の国境を基準とする一国史的史観を克服するうえで、有効であると評する[26]

古田博司は、戦後の日本の朝鮮史研究者は、戦前の日本の満鮮史研究者の業績・研究水準には全く足元にも及ばない、そのことは研究者なら誰もが認めていると述べている[13]

宮脇淳子は、中国東北部満州朝鮮半島をつながった地域と思考して、国民国家史観にとらわれない実証研究と評している[1]

矢木毅は、満鮮史研究を高く評価しており[27]、著作のなかで、満鮮史の代表的な著作を挙げ、戦前日本の満鮮史観は、満州と朝鮮を一体とすることにより、朝鮮史の独自性を過小評価したあげく、満鮮一体を唱えることにより、結果的に日本の中国侵略を歴史学的に背中を押したと批判されているが、戦前の研究者には、一定の時代的な制約が加わっているのは当然であろうとして、満鮮史を「その研究成果は以後の歴史研究の基準となり、今日広く用いられている譚其驤主編『中国歴史地図集』全8冊(1982年1987年、上海、地図出版社)、『中国歴史地図集釈文匯編・東北巻』(1988年、北京、中央民族学院出版社)などにも多くの面でその研究成果が受け継がれている。」「拙著の記述などはその糟糠を嘗めているにすぎない。」と高く評価している。また、戦後日本の朝鮮史研究を「朝鮮史を朝鮮半島の枠組みのなかに閉じ込めてしまった」として、戦後世代の朝鮮史研究者にとって、満鮮史研究者が残した膨大な学問的成果を批判的に継承して、乗り越えるのは容易ではない、と述べている[28]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 宮脇淳子 『韓流時代劇と朝鮮史の真実』 扶桑社2013年8月8日ISBN 978-4594068745p44
  2. ^ 中野耕太 2014, p. 129
  3. ^ 桜沢亜伊 2007, p. 22
  4. ^ 李萬烈 2005
  5. ^ 李萬烈 2005, p. 248
  6. ^ 李萬烈 2005, p. 248
  7. ^ 李萬烈 2005, p. 248
  8. ^ 中野耕太 2014, p. 130
  9. ^ a b 旗田巍「日本の東洋史家の朝鮮観・「満鮮史の虚像」-朝鮮史のひろば7- 」『朝鮮研究』1964年11月
  10. ^ 桜沢亜伊 2007, p. 19
  11. ^ 中野耕太 2014, p. 132
  12. ^ 中野耕太 2014, p. 130
  13. ^ a b 古田博司「日韓併合から百年--歴史共同研究へのあるべき眼差し」『正論』2010年4月号
  14. ^ 滝沢規起「稲葉岩吉と満鮮史」『中華世界と流動する民族』千葉大学社会文化科学研究科研究プロジェクト報告書第35集、2003年、p63
  15. ^ 桜沢亜伊 2007, p. 20
  16. ^ 井上直樹「近代日本における高句麗史研究」『高句麗研究』第18号、ソウル2004年12月、p337-p338
  17. ^ 桜沢亜伊 2007, p. 20
  18. ^ 桜沢亜伊 2007, p. 20
  19. ^ 中野耕太 2014, p. 130
  20. ^ 浜田耕策 2005, p. 6
  21. ^ 中野耕太 2014, p. 130
  22. ^ 中野耕太 2014, p. 131
  23. ^ 中野耕太 2014, p. 132
  24. ^ 田中隆一「対立と統合の鮮満関係」『ヒストリア』152、1996年、p106
  25. ^ 井上直樹 2013, p. 232
  26. ^ 井上直樹 2013, p. 229
  27. ^ 中野耕太 2014, p. 128
  28. ^ 矢木毅 2012, p. 278

参考文献[編集]