衛満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

衛満(えい まん、生没年不詳)は紀元前2世紀朝鮮半島北部に衛氏朝鮮を建国した人物。朝鮮史において同時代の歴史書に明記される最初の君主である。『史記』朝鮮伝では名のみ「満」と記す。姓を「衛」と記すのは『後漢書』以降である。

『史記』によれば衛満は中国の出自[1]で、燕王であった盧綰の部下[2]であった。盧綰は漢朝高祖の幼馴染であったが、謀反の嫌疑により漢軍の討伐を受け、前195年に盧綰は匈奴に亡命、衛満も東方へ逃れた。その際に衛満は千戸を率い浿水(現在の清川江)を渡河。朝鮮(朝鮮半島北部)、真番(朝鮮半島南部)等を服従させると燕や斉より逃れた漢人により王に推戴[3]された。王険城(現在の平壌市)を築き王都とした。

漢朝は前191年頃、衛満を遼東太守の外臣とし東方からの異民族の侵入に備えるとともに、衛満の朝鮮方面における支配圏の拡大を支持した。

新撰姓氏録』によると日本筆氏という帰化人系の氏族は、この衛満の子孫と称していた。

脚注[編集]

  1. ^ 衛氏朝鮮の建国者である衛満は、『史記』朝鮮伝に「朝鮮王満者、故燕人也」とあり、中国を出自とする中国人となる。
  2. ^ 『新撰姓氏録』によると衛満は燕の大相国だったとあり、盧綰の腹心だったように書いている。
  3. ^ 約400年後に記された『魏略』によれば衛満は箕子朝鮮を滅ぼしたとされる。

関連項目[編集]