武田幸男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

武田 幸男(たけだ ゆきお、1934年8月18日 - )は山形県出身の歴史学者。東京大学名誉教授。文学博士。東方学会評議員・東洋文庫研究員・朝鮮学会幹事・史学会会員。専門は朝鮮史、東アジア交渉史。

略歴[編集]

  • 1959年 東京大学 文学部 東洋史学科卒
  • 1961年 東京大学大学院 人文科学研究科 修士課程修了(その後博士課程は単位取得退学)
  • 1968年 北海道大学 文学部 助教授
  • 1971年 東京大学 文学部 助教授
  • 1975年~1998年 学習院大学非常勤講師
  • 1981年 東京大学 文学部 教授
  • 1992年 「高句麗史と東アジア -「広開土王碑」研究序説」で東大文学博士
  • 1995年 定年退官 東京大学名誉教授
  • 1995年 名古屋市立大学教授
  • 2000年 岐阜聖徳学園大学 経済情報学部 教授
  • 2006年 退職

研究[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『高句麗史と東アジア―「広開土王碑」研究序説』岩波書店、1989 ISBN 400000817X
  • 『朝鮮の歴史と文化』放送大学教育振興会、1996 ISBN 4595570694
  • 『朝鮮社会の史的展開と東アジア』山川出版社、1997 ISBN 4634672405
  • 『広開土王碑との対話』白帝社<白帝社アジア史選書>、2007 ISBN 4891748834

共著・編纂[編集]

訳注[編集]