斗山世界大百科事典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
斗山世界大百科事典
두산세계대백과사전
著者 編集者
発行日 1982年
発行元 斗山東亜
ジャンル 百科事典
韓国の旗 韓国
言語 朝鮮語
公式サイト www.encyber.com
テンプレートを表示

斗山世界大百科事典(ドゥサンせかいだいひゃっかじてん)は斗山東亜が出版する朝鮮語百科事典。2008年6月時点で約23万9700項目の文書、63万枚以上の写真資料、97万4700枚以上のコミュニティ写真を保有している。

概要[編集]

この百科事典は1982年東亜出版社により出版された、全30巻の東亜原色世界大百科事典を基にしている。東亜出版は1985年斗山グループ子会社の斗山東亜に買収された。[1][2][3] 1996年に完全改定された全30冊の斗山世界大百科事典が出版され、その後CD-ROM版が出版された。[2]2000年にはインターネットサービスサイトEnCyberを開始した。[2]しかし、インターネット時代の到来と違法コピーの横行で紙本とCD-ROM版の出版を中止。現在はインターネット上で無料で資料を提供している。

EnCyber[編集]

オンライン版百科事典EnCyberの名前はEncyclopediaCyberの合成で、「生きた知識の中心」を目指す斗山世界大百科事典固有の商標。[4][5]EnCyberは韓国ポータルサイトネイバーなどを通して、内容を無料で読めるようにしている[6]。ネイバーが韓国の検索エンジン市場でトップに躍り出ることができたのは一部百科事典のおかげでもある。2003年にネイバーが斗山東亜と独占契約を結んだとき、数十億ウォンのロイヤルティーを支払ったと言われている。[6][7]

百科事典の記事はあらゆる世代を教育することを目的としている。韓国の大手百科事典として扱われており[7]2009年現在では韓国最大のオンライン百科事典となっている。[8][9]

出典[編集]

  1. ^ 두산동아(주) (斗山東亞)” (朝鮮語). Empas/EncyKorea. 2009年2月6日閲覧。
  2. ^ a b c 백과사전 encyclopedia 百科事典 enkyklopaideia” (朝鮮語). 斗山世界大百科事典. 2009年2月6日閲覧。
  3. ^ 두산동아(주) 斗山東亞(株)” (朝鮮語). 斗山世界大百科事典. 2009年2月6日閲覧。
  4. ^ Doosan Brands list” (英語). 2009年2月6日閲覧。
  5. ^ About Encyber” (朝鮮語). 2009年2月6日閲覧。
  6. ^ a b “브리태니커 "이제 공짜입니다."” (朝鮮語). 中央日報. (2008年4月20日). http://newsboy.joins.com/news/articleView.html?idxno=2824 2009年2月6日閲覧。 
  7. ^ a b Jeong Ho-jae (정호재) (2004年7月1日). 백과사전, 온라인과의 동침 (in Korean) (441号). 東亜日報. pp. 68~69ページ. Retrieved 2009年2月6日. 
  8. ^ “두산백과사전 엔싸이버 사진자료 100만장 돌파” (朝鮮語). Newswire/Etnews. (2008年7月9日). http://www.newswire.co.kr/?job=news&no=346720 2009年2月6日閲覧。 
  9. ^ “Doosan Encyclopedia Encyber Passes One Million Mark in Number of Photos in Image Archives”. (2008年7月14日). http://www.doosancorp.com/english/read.php?code=Neng_News_Type&id=335&vnum=272&cpage=2&key=&val= 2009年2月6日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]