浜田耕策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

濱田 耕策(はまだ こうさく、1949年 - )は、日本歴史学者九州大学名誉教授。専門は朝鮮古代史・渤海史。

大分県[1]日田市[要出典]出身。大分県立日田高等学校[要出典]北海道大学文学部史学科卒業[1]学習院大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。学習院大学にて博士号(史学)取得。学習院大学文学部史学科助手、同大学東洋文化研究所助手、九州大学文学部助教授[要出典]、同教授、同大学院人文科学研究院教授[1]を歴任。2015年定年退職。

第1回日韓歴史共同研究(2005年)において「4世紀の日韓関係」を発表している[2]

著書[編集]

単著[編集]

論文[編集]

  • 浜田耕策「高句麗広開土王碑文の研究――碑文の構造と史臣の筆法を中心として(日本における朝鮮史像(特集))」、『朝鮮史研究会論文集』第11号、朝鮮史研究会、1974年3月、 pp. 1-37、 ISSN 0590-8302
  • 「新羅人の渡日動向 : 七世紀の事例」史淵 138, 2001年、九州大学[1]
  • 「百済紀年考」九州大学、史淵 142, 2005年[2]

他、多数。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 濱田耕策 - 吉川弘文館
  2. ^ 日韓歴史共同研究委員会 報告書(第1期 2002-2005年)>>第1分科”. 財団法人 日韓文化交流基金. 2011年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月26日閲覧。

外部リンク[編集]