仁宗 (朝鮮王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
仁宗
李氏朝鮮
第十二代国王
王朝 李氏朝鮮
在位期間 1544年 - 1545年
姓・諱(イ・ホ、이호)
天胤(チョンユン、천윤)
諡号 栄靖献文懿武章粛欽孝大王
廟号 仁宗
生年 1515年3月10日
没年 1545年8月8日
中宗 (長男)
章敬王后尹氏
后妃
  • 仁聖王后朴氏
  • 淑嬪尹氏
  • 恵嬪鄭氏
  • 貴人鄭氏
  • 良娣尹氏
仁宗 (朝鮮王)
各種表記
ハングル 인종
漢字 仁宗
発音 インジョン
日本語読み: じんそう
ローマ字 Injong
テンプレートを表示

仁宗(インジョン、じんそう、正徳10年2月25日1515年3月10日) - 嘉靖24年7月1日1545年8月8日))は、李氏朝鮮の第12代国王(在位:1544年 - 1545年)。山偏に告)(ホ、)。は天胤(チョンユン、てんいん、천윤)。は栄靖献文懿武章粛欽孝大王。

父は第11代国王の中宗、母は章敬王后尹氏。朝鮮王朝の歴代君主中、最も在位期間が短い君主として知られる。

経歴[編集]

中宗章敬王后尹氏の子として1515年に誕生。同母姉に孝恵公主、異母兄弟に明宗らがいる。1520年に王世子に冊立され、1522年に成均館に入学して儒学を修めた。

彼は静かな性格で兄弟愛が強く、姉の孝恵公主が死去した際には悲しみで病床に臥し、中宗が病気になると自ら毒味し、冬の寒さの中で沐浴斎戒して夕方から明け方まで父の回復を祈った。しかし、継母の文定王后尹氏は意地悪く猜疑心の強い女性であったため、仁宗を非常に苦しめ、何度も火事などで殺されそうになる。

1544年11月に中宗の薨去に伴い即位し、父親が在世中に改革を試みたが果たせず、遺物として残っていた宮中の腐敗を撤廃しようと試みた。その中には中宗時代に趙光祖の提案によって設置され、一度は廃止されていた賢良科科挙によらない人材登用制度)の復活も含まれる。しかし生来病弱であった仁宗は、在世中も病のために、十分には政務を果たすことができなかった。

1545年、即位から8ヶ月後に薨去した。陵墓である孝陵が京畿道高陽に設けられた。死後、異母弟である慶源大君が第13代国王明宗として即位した。

仁宗が手がけようとした政治改革は、多くの家臣たち、特に仁宗の義理の母文定王后尹氏の弟尹元衡に警戒された。仁宗の死後、彼の伯父にあたる尹任をはじめとする「大尹派」と、文定王后の実兄である尹元老尹元衡をはじめとする「小尹派」との勢力争いが起こり、敗れた尹任は1545年に賜死された(乙巳士禍)。

宗室[編集]

いずれの妃とに間にも子は無く、仁宗の血を引く子孫はいない。

  • 王妃:仁聖王后朴氏(本貫は潘南朴氏。1514年 - 1577年)–錦城府院君・朴墉(パク・ヨン)の娘。
  • 後宮:淑嬪尹氏(本貫は坡平尹氏。生没年不明) - 文定王后の兄尹元亮の娘
  • 後宮:恵嬪鄭氏
  • 後宮:貴人鄭氏(本貫は延日 鄭氏。1520年 - 1566年) - 詩人鄭澈の長姉
  • 後宮:良娣尹氏

中宗~宣祖の略系図[編集]

 11中宗━┳12仁宗
          ┣13明宗徳興大院君━━14宣祖

仁宗が登場する作品[編集]

テレビドラマ

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 朝鮮王朝実録【改訂版】朴永圭 著、神田聡・尹淑姫 訳、キネマ旬報、2012年3月14日