女人天下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
女人天下
여인천하
著者 朴鍾和
発行日 1959年
発行元 女苑社
ジャンル 歴史小説
大韓民国の旗 韓国
前作 官吏の道
次作 寝むって行くあの雲よ
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示
女人天下
各種表記
ハングル 여인천하
漢字 女人天下
発音 ヨインチョナ
ローマ字 Yeoincheonha
題: Ladies in the Palace
テンプレートを表示

女人天下(にょにんてんか、朝鮮語: ヨインチョナ、ハングル여인천하)は、韓国の小説家朴鍾和小説作品である。

概要[編集]

1958年より韓国日報に連載開始され、翌1959年、女苑社より上下2巻の単行本が出版された。1960年には舞台化、1962年には映画化、2001年にはテレビドラマ化されている。

15世紀から16世紀中宗在世時の朝鮮を舞台に「朝鮮三大悪女」のひとり鄭蘭貞と彼女が仕えた中宗の正妃文定王后尹氏、蘭貞の夫で文定王后の兄尹元衡たちの権力闘争と没落を描く。

あらすじ[編集]

燕山君から中宗治世下の朝鮮。反逆者として追われる身となった王族巴陵君は、自分の子を身ごもった妓生をひそかに逃がすが、彼女は単身逃亡中に倭寇の襲撃に遭い、女児を生み落して死亡する。女児は自身の子を死産したばかりの鄭允謙の側室に引き取られ、蘭貞(ナンジョン)と名付けられる。

成長した蘭貞は庶子の故に不遇な日々を過ごしながらも美しく聡明な女性として育ち、やがて若き両班尹元衡に見初められる。蘭貞は元衡の姉妹にあたる文定王后を知り、彼女の忠臣となる。

敬嬪朴氏金安老との権力闘争の末、文定王后は実子慶源大君即位後その摂政となる。元衡の側室となっていた蘭貞は正室(金安老の姪)を毒殺後継室に収まり、外命婦最高の位である「貞敬夫人」の称号を得て共に栄華を極める。

しかし文定王后の死後、元衡夫妻は権力を失い没落。蘭貞は正室殺害の容疑に問われ、元衡ともども自害して果てる。

書誌情報[編集]

舞台劇[編集]

여인천하/女人天下
脚本 車凡錫
登場人物 パク・ソンデペク・ソンヒチュ・ジュンニョナ・オクチュ
初演日 1960年2月26日
初演場所 韓国国立劇場
オリジナル言語 朝鮮語
ジャンル 時代劇
舞台設定 李氏朝鮮中期
公式サイト

1960年2月26日より翌3月2日まで、国立劇団により同劇団第17回定期公演作品として上演された。車凡錫が脚色、李眞淳が演出を担当した[1]

キャスト[編集]

以下の記述は[2]に基づく。

スタッフ[編集]

以下の記述は[2][3]に基づく。

  • 脚色: 車凡錫
  • 演出: 李眞淳
  • 舞台監督: キム・ヨンシク
  • 助監督: ムン・ミョンチョル
  • 美術: キム・ジョンファン
  • 証明: チョン・ヒヨン
  • 音楽: 金昌燮
  • 効果: ホン・ドゥピョ

映画[編集]

女人天下
여인천하/女人天下
監督 尹峰春
脚本 全昌根李貞善
原作 朴鍾和
製作 鄭和世
出演者 都琴峰李民子厳鶯蘭金石薫
音楽 韓相基
撮影 盧敬植
編集 尹峰春
製作会社 大瑛映画社
公開 乙支劇場他
上映時間 不明
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 朝鮮語
テンプレートを表示

大瑛映画社が制作し1962年に上映された。監督は尹峰春

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

テレビドラマ[編集]

女人天下
ジャンル テレビドラマ
放送時間 毎週月、火曜日
放送期間 2001年2月5日2002年7月21日
放送国 大韓民国の旗 韓国 台湾日本の旗 日本
制作局 SBS
監督 キム・ジェヒョン
原作 朴鍾和
脚本 ユ・ドンユン
出演者 カン・スヨン
チョン・イナ
イ・ドックァ
音声 朝鮮語
字幕
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

2001年2月5日から2002年7月22日まで、韓国SBSにて放送された。SBS月火ドラマSBS 월화드라마)作品のひとつ。ユ・ドンユンが脚本を担当し、キム・ジェヒョンが監督を務めた。平均30パーセントの視聴率を獲得し、当初全50話の予定が延長され、最終的には全150話となった。「韓国史上最も当初予定より延長されたドラマ」のひとつとしても挙げられる作品である [4]

作品中にて敬嬪朴氏に扮するト・ジウォンが度々発する台詞「メイヤ메이야[脚注 1]、「何だと」の意)」は流行語となった[5][6]

韓国を代表する女優のひとりカン・スヨンが、16年ぶりにテレビドラマに出演した作品でもあった。この作品の出演に際して、彼女はランニング・ギャランティ方式(出演料が視聴率によって支払われるシステム)による契約を行った。これは韓国ドラマ史上初めての事であった [7]

2001年度SBS演技大賞にてカン・スヨンと文定王后尹氏役のチョン・イナが揃って大賞を受賞した[8]他、ト・ジウォンが最優秀演技賞(女優)を受賞した。カン・スヨンは同年度クリメ賞그리메상)最優秀演技者賞(女優)も受賞している[9]





登場人物[編集]

以下の記述は[10][11]に基づく。

韓国国外での放送[編集]

台湾[編集]

2002年9月2日から翌2003年2月26日まで、八大電視系のCS局である八大戲劇台zh)にて放送された。放送時、信楽団の『死了都要愛』が台湾版オリジナル主題歌として、また容祖兒(ジョイ・ヨン)の『明天愛誰』および『心情不好』がオリジナル挿入歌として用いられた。

日本[編集]

2006年7月1日から翌2007年12月1日までSky PerfecTV!331chにて放送された後、三重県の地方局であるMTVにて2009年5月6日より放送された[24]

香港[編集]

亜洲電視系チャンネルであるaTV本港台本港台)にて放送された事がある(放送日時は不明)。放送時、葉麗儀(フランシス・イップ、zh)の『活出個未來』、および『又是命運』が香港版オリジナル挿入歌として用いられた[25]

音楽・主題歌[編集]

作品中の音楽、および主題歌の製作に、パンソリ名唱(歌い手)の安淑善안숙선)、伽耶琴奏者の黄秉冀황병기)、ソプラノ歌手の吉愛鈴が参加した。安はオープニングテーマにも用いられたタイトル曲を歌い、吉はヌングムのテーマソング『哀歌』を担当した[26]

  • オープニングテーマ: V.A.『Main Title』[27]
  • 挿入歌: V.A.『Main Theme part2』[27]

関連商品[編集]

DVD[編集]

韓国ではDVDは未発売であり、台湾および日本でDVDが発売されている。台湾版はNew Her Ming Videoから2006年11月にDVD-BOX(全3巻)が発売された[28]。日本ではコリア・エンターテインメントより2009年7月にDVD-BOXの第1作目が発売され、翌2010年3月までに全9作が発売された[29]

VCD[編集]

香港ではVCD-BOXの第1作目が2005年5月に楽貿より発売され[30]、翌2006年1月までに全6作が発売された。

CD[編集]

韓国では2002年6月に、ユニヴァーサルよりサウンドトラックCDが発売された[31]

脚注[編集]

  1. ^ またはムェヤ뭬야)。

文献[編集]

  1. ^ 國立劇場『女人天下』公演 東亜日報 1960.2.24付記事(NAVER内)
  2. ^ a b 여인천하 프로그램 (朝鮮語) 韓国国立劇場舞台芸術アーカイヴ公式サイト 2013.9.2 06:58 (UTC) 閲覧
  3. ^ 여인천하 (朝鮮語) 韓国国立劇場舞台芸術アーカイヴ公式サイト 2013.9.2 09:12 (UTC) 閲覧
  4. ^ 이준목 박수칠 때 떠나지 못하는 드라마들 (朝鮮語) www.dailian.co.kr 2006.11.8付記事
  5. ^ 맥심 - 미래 자동차를 가능케 하는 아날로그 통합 (朝鮮語) etnews.com 2001.12.14付記事
  6. ^ 도지원, '뭬야?' 연기 고충 토로 "강한 역할 스트레스" (朝鮮語) xportsnews.hankyung.com 2013.6.28付記事
  7. ^ カン・スヨン プロフィール シネマコリア. 初版1998、最新版2002.5.31、2009.11.21 08:57 (UTC) 閲覧。
  8. ^ 2001 연기대상에 최수종, 전인화, 강수연 (朝鮮語) jbnews.com 2002.1.1付記事
  9. ^ 2001년 한국방송촬영감독연합회 그리메상 시상식 시상내역 (朝鮮語) 韓国放送撮影監督連合会公式サイト 2013.8.28 10:19 (UTC) 閲覧
  10. ^ 여인천하 출연 (朝鮮語) daum movie 2013.8.26 12:36 (UTC) 閲覧
  11. ^ 女人天下 人物相関図 コリア・エンターテインメント 2013.8.29 08:46 (UTC) 閲覧
  12. ^ a b 여인천하(139회) (朝鮮語) SBS公式サイト 2013.8.28 08:30 (UTC) 閲覧
  13. ^ a b c d e f 여인천하(110회) (朝鮮語) SBS公式サイト 2013.8.28 09:15 (UTC) 閲覧
  14. ^ [TV 하이라이트]2월 19일 화요일 (朝鮮語) 中央日報 2002.2.18付記事(オリジナル: 日刊スポーツ)
  15. ^ 여인천하(57회) (朝鮮語) SBS公式サイト 2013.8.27 12:06 (UTC) 閲覧
  16. ^ 주간초점 SBS 대하사극[여인천하], SBS 드라마 스페셜[신화] (朝鮮語) SBS公式サイト 2013.8.28 08:14 (UTC) 閲覧
  17. ^ 여인천하 `금이` 올 가을에 시집간다 (朝鮮語) 中央日報 2002.4.9付記事(オリジナル: 日刊スポーツ
  18. ^ 여인천하(133회) (朝鮮語) SBS公式サイト 2013.8.28 08:59 (UTC) 閲覧
  19. ^ [방송]2001년 3월5일 오늘의 프로 (朝鮮語) ハンギョレ 2001.3.4付記事
  20. ^ `여인천하` 100회 축하연 `엽기상품` (朝鮮語) 中央日報 2002.1.14付記事(オリジナル: 日刊スポーツ)
  21. ^ 전원 민지영“난 국민불륜 배우,과거엔‘여인천하’서 순수소녀 역” (朝鮮語) newsen 2013.2.14付記事
  22. ^ 여인천하(49회) (朝鮮語) SBS公式サイト 2013.8.27 11:58 (UTC) 閲覧
  23. ^ 여인천하(134회) (朝鮮語) SBS公式サイト 2013.8.28 08:45 (UTC) 閲覧
  24. ^ 女人天下 作品概要 コリア・エンターテインメント 2013.8.29 09:28 (UTC) 閲覧
  25. ^ 女人天下 歌曲 (中国語) 亜州電視 2013.8.29 09:39 (UTC) 閲覧。※アクセスすると自動的に楽曲が流れるため注意。
  26. ^ 안숙선씨 <여인천하> 타이틀곡 불러 (朝鮮語) 慶南道民日報 2001.2.15付記事
  27. ^ a b 여인천하 O.S.T(SBS 대하 사극) (朝鮮語) Mnet公式サイト 2013.8.29 08:24 (UTC) 閲覧
  28. ^ 女人天下之庶女奪權 (上)1-50集 待續 台灣版 (中国語) yesasia 2013.8.26 09:03 (UTC) 閲覧
  29. ^ 女人天下 製品情報 コリア・エンターテインメント 2013.8.29 09:06 (UTC) 閲覧
  30. ^ 女人天下(第一部) 1-25集 待續 香港版 (中国語) yesasia 2013.8.29 09:11 (UTC) 閲覧
  31. ^ O.S.T - 여인천하 (朝鮮語) 教保文庫 2013.8.29 09:18 (UTC) 閲覧

外部リンク[編集]