高陽市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京畿道 高陽市
Seooreung 6.JPG
西五陵・敬陵(徳宗陵)の丁字閣
位置
高陽市の地図
各種表記
ハングル: 고양시
漢字: 高陽市
片仮名転写: コヤン=シ
ローマ字転写 (RR): Goyang-si
統計(2015年
面積: 267.31 km²
総人口: 1,008,703 人
世帯数: 353,270 世帯
行政
国: 韓国の旗 大韓民国
上位自治体: 京畿道
下位行政区画: 3区
行政区域分類コード: 31100
高陽市の木: シロマツ
高陽市の花: バラ
高陽市の鳥: カササギ
自治体公式サイト: 高陽市
高陽市庁

高陽市 (コヤンし)は大韓民国京畿道中西部にあるソウル特別市の北西に隣接し、また一山ニュータウンを擁するなど、ソウル近郊のベッドタウンとしての性格が非常に強い。板門店軍事境界線に近く、長らく農村であったが、市に昇格した後は都市化している。大韓民国の地方自治法第175条に基づいて特例が適用される特定市に指定されている。

地理[編集]

  • 北東側で楊州市、北西側で坡州市、南東側でソウル特別市と接している。また、南西側を漢江が南東から北西方向へと流れ、これを介して金浦市と向かい合っている。
  • 北漢山を始め市北東部は山がちの地形となっているが、市域は概ね平地に位置している

沿革[編集]

高陽市[編集]

  • 1992年2月1日 - 高陽郡を高陽市に昇格(神道邑・元堂邑・碧蹄邑・一山邑・知道邑・花田邑・松浦面は廃止)。
  • 1996年3月1日 - 徳陽区一山区を設置。(2区)
  • 2005年5月16日 - 一山区を一山東区一山西区に分割。(3区)

高陽郡[編集]

  • 高句麗時代は達乙省県・王逢県、統一新羅時代は高峰県・遇王県、高麗時代は徳陽県・高峰県・幸州と呼ばれ、李氏朝鮮時代に高陽郡になった。
  • 1895年 - 漢城府高陽郡
  • 1906年 - 楊州郡神穴面を編入。
  • 1911年4月1日 - 龍山面・漢芝面が京城府に編入。
  • 1914年 - 郡面併合により、高陽郡が京城府の一部{延禧面・龍山面・西江面・漢芝面・恩平面・崇信面・仁昌面・豆毛面)、楊州郡の一部(古楊州面)を編入。高陽郡に以下の面が成立(12面)。
1914年の行政区画[1]と現在の行政区画の比較
1914年 現在
龍江面
[2]
汝栗里 ソウル
永登浦区
汝矣島洞
현석리, 신수철리, 구수철리, 창전리, 하중리, 신정리, 당인리, 阿峴里、孔徳里、新孔徳里、塩里、동막상리, 동막하리, 토정리, 상수일리, 하수일리 ソウル
麻浦区
현석동, 신수동, 구수동, 창전동, 하중동, 신정동, 당인동, 阿峴洞、孔徳洞、新孔徳洞、塩里洞、龍江洞、대흥동, 토정동, 상수동 일부, 상수동 일부
延禧面 노고산리, 서세교리, 동세교리, 합정리, 망원리, 성산리, 중리, 상암리, 연희리 일부 노고산동, 서교동, 동교동, 합정동, 망원동, 성산동, 중동, 상암동, 연남동
아현북리, 대현리, 창천리, 신촌리, 봉원리, 남가좌리, 북가좌리, 연희리 일부 ソウル
西大門区
북아현동, 대현동, 창천동, 신촌동, 봉원동, 남가좌동, 북가좌동, 연희동
증산리, 수색리 ソウル
恩平区
증산동, 수색동
恩平面 녹번리, 응암리, 신사리, 구산리, 역촌리, 대조리, 갈현리, 불광리 녹번동, 응암동, 신사동, 구산동, 역촌동, 대조동, 갈현동, 불광동
홍제내리, 홍제외리 ソウル
西大門区
홍제동, 홍은동
부암리, 홍지리, 신영리, 구기리, 평창리 ソウル
鍾路区
부암동, 홍지동, 신영동, 구기동, 평창동
崇仁面
[3]
성북리, 안암리, 종암리, 정릉리, 장위리, 석관리, 상월곡리, 하월곡리, 신설리 일부, 미아리 일부, 돈암리 일부, 돈암리 일부, 돈암리 일부, 돈암리 일부 ソウル
城北区
성북동, 안암동, 종암동, 정릉동, 장위동, 석관동, 상월곡동, 하월곡동, 보문동, 길음동, 돈암동, 동소문동, 삼선동, 동선동
번리, 수유리, 우이리, 미아리 일부 ソウル
江北区
번동, 수유동, 우이동, 미아동
답십리 일부, 용두리 일부 ソウル
城東区
용답동
전농리, 청량리, 회기리, 휘경리, 이문리, 제기리, 신설리 일부, 답십리 일부, 용두리 일부 ソウル
東大門区
전농동, 청량리동, 회기동, 휘경동, 이문동, 제기동, 신설동, 답십리동, 용두동
纛島面
[4]
군자리 일부, 중곡리 일부 장안동 일부, 장안동 일부
화양리, 모진리, 능리, 자마장리, 구의리, 광장리, 군자리 일부, 중곡리 일부 ソウル
広津区
화양동 일부, 화양동 일부, 능동, 자양동, 구의동, 광장동, 군자동, 중곡동
면목리 ソウル
中浪区
면목동
신천리, 잠실리 ソウル
松坡区
신천동, 잠실동
송정리, 서뚝도리, 동뚝도리 ソウル
城東区
송정동, 성수동1가, 성수동2가
漢芝面 두모리, 수철리, 신촌리, 행당리, 상왕십리, 마장리, 사근리, 하왕십리 일부, 하왕십리 일부, 하왕십리 일부 옥수동, 금호동, 응봉동, 행당동, 상왕십리동, 마장동, 사근동, 하왕십리동, 홍익동, 도선동
이태원리, 둔지리, 동빙고리, 서빙고리, 주성리, 보광리, 한강리 ソウル
龍山区
이태원동, 용산동, 동빙고동, 서빙고동, 주성동, 보광동, 한남동
新堂里の一部、新堂里の一部、新堂里の一部、新堂里の一部 ソウル
中区
新堂洞、興仁洞、黄鶴洞、舞鶴洞
神道面
[5]
旧把撥里、津寛外里、津寛内里 ソウル
恩平区
津寛洞
梧琴里、紙杻里、三松里、東山洞、龍頭洞、香洞里、徳隠洞、花田里、玄川里、北漢里、孝子里 高陽市
徳陽区
梧琴洞、紙杻洞、三松洞、東山洞、龍頭洞、香洞洞、徳隠洞、花田洞、玄川洞、北漢洞、孝子洞
知道面 幸州内里、幸州外里、江梅洞、土堂里、花井里、大壮里、内谷里、幸信洞、新坪里 幸州内洞、幸州外洞、江梅洞、土堂洞、花井洞、大壮洞、内谷洞、幸信洞、新坪洞
元堂面 新院里、元興里、舟橋里、星沙里、元堂里、道乃里 新院洞、元興洞、舟橋洞、星沙洞、元堂洞、道乃洞
城石里 高陽市
一山東区
城石洞
碧蹄面
[6]
高陽里、大慈里、官山洞、奈遊洞、碧蹄里、仙遊里 高陽市
徳陽区
高陽洞、大慈洞、官山洞、奈遊洞、碧蹄洞、仙遊洞
芝英里、雪門里、文峰里、沙里峴里、食寺里 高陽市
一山東区
芝英洞、雪門洞、文峰洞、沙里峴洞、食寺洞
中面 獐項里、山黄里、楓里、馬頭里、白石里、일산리の一部、일산리の一部 獐項洞、山黄洞、楓洞、馬頭洞、白石洞、鼎鉢山洞、中山洞
一山里、注葉里 高陽市
一山西区
一山洞、注葉洞
松浦面
[7]
九山里、加佐里、大化里、法串里、徳耳里の一部、徳耳里の一部 九山洞、加佐洞、大化洞、法串洞、徳耳洞、炭峴洞
  • 1936年4月1日 - 京城府拡張に伴い行政区画を調整(9面)。
    • 龍江面・漢芝面および崇仁面・延禧面の各一部が京城府に編入。
    • 延禧面の残部が恩平面に編入。
  • 1949年8月13日 - 一部をソウル特別市に編入(6面)。
  • 1961年8月7日 - 高陽郡庁がソウル特別市中区から元堂面に移転。
  • 1973年7月1日(1邑5面)
    • 神道面の一部がソウル特別市西大門区に編入。
    • 神道面が神道邑に昇格。
  • 1979年5月1日 - 元堂面が元堂邑に昇格(2邑4面)。
  • 1980年12月1日(4邑2面)
    • 碧蹄面が碧蹄邑に昇格。
    • 中面が一山邑に昇格。
  • 1985年10月1日(6邑1面)
    • 知道面が知道邑に昇格。
    • 神道邑の一部を花田邑として分離。
  • 1992年2月1日 - 高陽市への昇格に伴い、高陽郡と管轄の邑・面(神道邑・元堂邑・碧蹄邑・一山邑・知道邑・花田邑・松浦面)を廃止。

行政[編集]

警察[編集]

消防[編集]

行政区画[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

一山線とソウルメトロ3号線は紙杻駅を経由して相互直通運転を行っており、梧琴駅方面から来た電車の半数が一山線に乗り入れ、半数は旧把撥止まりとなっている。

高速道路[編集]

姉妹都市[編集]

出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (新旧対応)朝鮮全道府郡面里洞名称一覧(1917年
  2. ^ 龍江面は京城府龍山面と西江面の合面。
  3. ^ 崇仁面は京城府崇信面と仁昌面の合面。
  4. ^ 纛島面は京城府豆毛面と楊州郡古楊州面の合面。
  5. ^ 神道面は神穴面と下道面の合面。
  6. ^ 碧蹄面は沙里大面と九耳面の合面。
  7. ^ 松浦面は松山面と巳浦面の合面。

外部リンク[編集]