DAY6

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
DAY6
2017 DAY6 TAIPEI.JPG
DAY6(2017年)
基本情報
出身地 大韓民国の旗 韓国 ソウル特別市
ジャンル
活動期間 2015年 -
レーベル
事務所 JYPエンターテインメント
公式サイト 韓国公式サイト
メンバー
  • ジェイ
  • ソンジン
  • ヨンケイ
  • ウォンピル
  • ドウン
旧メンバー
  • ジュニョク
DAY6
Day6 Logo.png
DAY6のロゴ
各種表記
ハングル 데이식스
発音: テイシクス
日本語読み: デイシックス
英語表記: DAY6
テンプレートを表示

DAY6(デイシックス、: 데이식스)は、韓国の5人組バンドである。JYPエンターテインメント所属。2015年9月7日にデビュー。

メンバー[編集]

名前 プロフィール
ジェイ(Jae / 제이)
ソンジン(Sungjin / 성진)
  • 本名:パク・ソンジン(: 박성진: Park Sung-Jin
  • 生年月日: (1993-01-16) 1993年1月16日(28歳)
  • 出生地:大韓民国の旗 韓国 釜山広域市
  • 国籍:大韓民国の旗 韓国
  • 学歴:ソウル総合芸術実用学校 実用音楽芸術学部
  • 担当:ギター、ボーカル
  • 2021年3月8日から入隊中
ヨンケイ(Young K / 영케이)
  • 本名:カン・ヨンヒョン(: 강영현: Kang Young-Hyun
  • 英語名:ブライアン・カン
  • 生年月日: (1993-12-19) 1993年12月19日(27歳)
  • 出生地:大韓民国の旗 韓国 京畿道高陽市
  • 国籍:大韓民国の旗 韓国
  • 学歴:東国大学校 経営学科(卒業)
  • 担当:ベース、ボーカル、ラップ
ウォンピル(Wonpil / 원필)
  • 本名:キム・ウォンピル(: 김원필: Kim Won-Pil
  • 生年月日: (1994-04-28) 1994年4月28日(27歳)
  • 出生地:大韓民国の旗 韓国 仁川広域市
  • 国籍:大韓民国の旗 韓国
  • 学歴:ソウル芸術大学校 実用音楽学科
  • 担当:キーボード、シンセサイザー、ボーカル
ドウン(Dowoon / 도운)

ディスコグラフィー[編集]

韓国[編集]

ミニ・アルバム[編集]

  • The Day(2015年9月7日)
  • Daydream(2016年3月30日)
  • Shoot Me: Youth Part 1(2018年6月26日)
  • Remember Us: Youth Part 2(2018年12月10日)
  • The Book of Us: Gravity(2019年7月15日)
  • The Book of Us: The Demon(2020年5月11日)
  • The Book of Us: Gluon - Nothing Can Tear Us Apart(2020年8月31日)※Even Of Day(ヨンケイ、ウォンピル、ドウン)3人組のユニットデビュー
  • The Book of Us:Negentropy (2021年4月19日)

スタジオ・アルバム[編集]

  • Sunrise(2017年6月7日)
  • Moonrise(2017年12月6日)
  • The Book of Us: Entropy(2019年10月22日)

日本[編集]

シングル[編集]

  • If ~また逢えたら~(2018年3月14日)
  • Stop The Rain(2018年7月25日)

スタジオ・アルバム[編集]

  • UNLOCK(2018年10月17日)

ベスト・アルバム[編集]

  • THE BEST DAY(2018年6月6日)
  • THE BEST DAY 2(2019年12月04日)

経歴[編集]

2015年

  • 2015年9月7日、JYPエンターテイメントより6人組の初のバンドとして、ファーストEP「The Day」を発表しデビュー。タイトル曲の「Congratulations」のMVには映画「パラサイト」主演俳優のチェ・ウシクが出演。デビュー前は5人組の5LIVEという名前で活動をしていたが、ドラマーのドウンが途中加入し、DAY6として正式にデビューが決定した。
  • 2015年11月21日と22日、初ライブ「D-Day」をYES24 MUVhallにて2日間行った。デビューアルバムの歌の他、未発表曲やカバーも披露した。
  • 2015年12月5日、初の海外ファンミーティングをシンガポールで行った。

2016年

  • 2016年2月27日、ジュニョクの脱退が発表された。
  • 2016年3月30日、セカンドEP「Daydream」をリリース。タイトル曲「Letting Go」のMVを公開。デビューから6ヶ月後、2016年3月31日には初の公式デビューステージをM Countdownで披露した。
  • 2016年3月28日と29日、セカンドライブ「Dream」をYES24 Live Hallにて2日間行った。その後、タイ・バンコクのThunder Domeでも1日ライブを行っている。
  • 2016年12月26日、「Every DAY6」プロジェクトを発表。2017年の年間通したプロジェクトで、毎月2曲とMVを発表し、VLIVE4回のスケジュールとコンサートも企画として決まった。

2017年

  • 2017年1月6日、「I Wait / Goodbye Winter」をリリース。
  • 2017年2月6日、「You Were Beautiful / My Day」 をリリース。
  • 2017年3月6日、「How Can I Say / I Would」 をリリース。同月9日に M Countdown で披露。
  • 2017年4月6日、「I'm Serious / Say Wow」 をリリース。同日に M Countdown で披露。
  • 2017年5月8日、「Dance Dance / Man in a Movie」 をリリース。
  • 2017年6月、ファーストアルバム「Sunrise」14曲をリリース。これには年内1月から5月のプロジェクトで発表された曲が収録されている。それに加えて新曲2曲の「I Smile」と「Lean On Me」も収録されている。また、公式ファンクラブ名を「My Day」と発表した。
  • 2017年7月6日、「Hi Hello / Be Lazy」をリリース。
  • 2017年8月7日、「What Can I Do / Whatever!」をリリース。
  • 2017年9月6日、「I Loved You / I'll Remember」をリリース。
  • 2017年10月7日、発表予定だったが、9月29日に「When You Love Someone / I Need Somebody」 がリリースされた。
  • 2017年10月、「DAY6 Live & Meet in North America 2017」北アメリカのライブツアーを行った。10月20日にロサンゼルス、10月22日にオースティン、10月24日にニューヨーク、10月29日にトロントを回った。
  • 2017年11月6日、「All Alone/ Pouring」 をリリース。
  • 2017年11月28日、2018年の韓国国内ツアーが発表された。2018年1月20日と21日に釜山、1月27日大邱、2月10日大田広域市と3都市を回った。
  • 2017年12月6日、セカンドアルバム「Moonrise」をリリース。7月から11月までの曲を収録し、タイトル曲「I Like You」、サイドトラック2曲「Better Better」「I'll Try」を加えプロジェクトを終了した。

2018年

  • 2018年3月3日と4日にソウルのオリンピックホールで、「Every Day6 Finale Concert - The Best Moments」を行った。
  • 2018年3月14日、 シングル"If ~また逢えたら~"で日本デビュー。ドラマ「リピート」の主題歌となった。MVは2018年2月2日公開された。
  • 2018年4月、「DAY6 1st Live in Japan "The Best Day"」6月13日のTSUTAYA O-EASTでの初来日公演を発表。
  • 2018年5月、日本セカンドシングル「Stop the Rain」を7月25日リリースと発表。(生形真一プロデュースによる)
  • 2018年6月、日本ファーストGreatest Hitsアルバム「The Best Day」をリリース。英語バージョンの「Congratulations」と「You Were Beautiful」、日本語バージョンの「I Wait」が収録されている。日本でのファーストツアーが東京と大阪で行われた。
  • 2018年7月、サードEP「Shoot Me: Youth Part 1」7曲をリリース。タイトル曲「Shoot Me」のMVをリリース。
  • 2018年7月22日、初のワールドツアー「YOUTH」を開始。
  • 2018年10月17日、日本スタジオアルバム「Unlock」をリリース。タイトル曲「Breaking Down」のMVをリリース。
  • 2018年10月、日本でのセカンドツアーを全国5箇所で行った。同月、ソウル・ファッション・ウィークにゲストとして出席。
  • 2018年12月10日、フォースEP「Remember Us: Youth Part 2」をリリース。タイトル曲「Days Gone By」のMVがリリース。
  • 2018年12月22日、23日、24日の3日間「DAY6 2018 Christmas Special Concert 'The Present'」を開催。
  • 2018年12月28日、KBS歌謡祭に出席。

2019年

  • 2019年1月3日、M Countdown 600回 スペシャルで「Days Gone By」を披露。
  • 2019年1月29日、初のワールドツアー「YOUTH」を終了。アジア、オーストラリア、北アメリカとヨーロッパ24都市を回った。
  • 2019年7月15日、EP「The Book of US: Gravity」を8曲をリリース。タイトル曲「Time of Our Life」のMVを公開。カムバックVLIVE Showcaseを行った。
  • 2019年8月9日、セカンドワールドツアー「GRAVITY」を開始。
  • 2019年10月22日、EP「The Book of US: Entropy」を8曲をリリース。タイトル曲「Sweet Chaos」のMVを公開。カムバックVLIVE Showcaseを行った。
  • 2019年12月20日、21日、22日、24日の4日間「DAY6 2019 Christmas Special Concert 'The Present'」を開催。

2020年

  • 2020年1月1日、メンバーのうち4名が個人のInstagramアカウントをそれぞれ開設。
  • 2020年1月30日、セカンドワールドツアー「GRAVITY」を終了。
  • 2020年2月27日から2020年5月11日まで Naver NowのSocial Club Day(毎週火曜と木曜)でDJを担当。
  • 2020年3月に予定されていた、88rising主催のHead In the Clouds公演が新型コロナウイルスの影響によりキャンセルとなった。
  • 2020年4月に予定されていた、KCON JAPAN公演が新型コロナウイルスの影響によりキャンセルとなった。
  • 2020年3月25日、Access Showbiz Tonightに出演。
  • 2020年5月10日、JYPエンターテイメントは一部メンバーに心理的不安症状があるため安静を必要とし、一時活動休止を発表。
  • 2020年5月11日、EP「The Book of US: The Demon」を8曲をリリース。タイトル曲「Zombie」のMVを公開。

2021年

  • 2021年3月8日、リーダーのソンジンが陸軍に入隊。
  • Zombieの発表以降、約11ヶ月ぶりに完全体で、ミニアルバム The Book of Us: Negentropyを発表。プロモーション活動はソンジンの入隊を理由に行わなかった。

その間、ウォンピルはミュージカル「タイヨウのうた」で主演として、今現在公演活動中。 ヨンケイはKBSのDay6 Kiss the RadioにてMCを努めている。 ドウンは、DAY6公式YouTubeにてVLOG動画更新中。

個人活動

  • Jaeは個人プロジェクトである「eaJ(イージュ)」を2020年から初めており、個人のYouTubeチャンネル、Soundcloudアカウントにて曲を投稿している[2]。これは、DAY6で活動する中で自分を見失ってしまい「自分探しの旅、自分のルーツを辿る」という目的で始めたもの。そのゆえにJaeの反対読みのeaJを名前として使用している。その他、Dive StudiosでPodcast「How Did I Get Here?」を配信している。以前にはArirang Radioで友人のBernard Park(Nakjoon)とラジオのMCを務めていた経験がある。同じくArirang RadioのAfter School Clubでも元U-KISSのケビンと、Jimin Parkと一緒にMCを務めていた。

コラボ曲は、Keshi、DPR LIVE、Crush、Seori等と行った。


  • ヨンケイは、カバー曲をDAY6公式YouTubeチャンネルにて2020年から投稿を開始。個人ブロードキャスト番組「YBC」も2020年5月8日から開始している。また、IDOL RADIOのオフィシャルDJも務め、現在はKBS Cool FMにて『DAY6 KISS THE RADIO』のDJを務めている。
  • ウォンピルは、DAY6公式YouTubeチャンネルにてカバー曲をアップロードしており、自身の誕生日に投稿した。そのカバー曲をM COUNTDOWNのソロのステージで2020年4月30日に披露した。
  • ドウンは個人のYouTubeチャンネルとInstagramアカウントでドラムの練習の様子を定期的に投稿している。
  • ソンジンは軍隊に入ってから、個人のTwitterをもう一つ開設。
  • Jaeの個人でやっていたtwitchの配信は、文化的行き違いによる炎上を理由に現在は取りやめている。
  • JYP bubbleにて、メンバーからメッセージが送られてくるアプリが開設されたが、グループBUBBLEから、今現在は個人BUBBLEに変更となった。ソンジンは入隊した為、アカウントが削除されている。

受賞歴[編集]

受賞作 結果 Ref.
Golden Disc Awards
2019 Album of the Year Shoot Me: Youth Part 1 ノミネート [3]
Genie Music Awards
2018 Song of the Year "Shoot Me" ノミネート [4]
Band Music Award 受賞 [5]
Genie Music Popularity Award Day6 ノミネート [6]
2019 Best Band Performance "Time Of Our Life" 受賞 [7]
Melon Music Awards
2017 Best Rock Performance "You Were Beautiful" ノミネート [8]
2018 "I Like You" ノミネート [9]
Mnet Asian Music Awards
2016 Best Band Performance "Letting Go" ノミネート [10]
Song of the Year ノミネート
2017 Best Band Performance "I Smile" ノミネート [11]
Song of the Year ノミネート [12]
2018 Best Band Performance "Shoot Me" ノミネート [13]
Song of the Year ノミネート
2019 Best Band Performance "Time Of Our Life" ノミネート [14]
Seoul Music Awards
2016 Bonsang Award Day6 ノミネート [15]
New Artist Award ノミネート
Popularity Award ノミネート
  • 2017年12月1日、2017年 MAMA in Hong Kong、レッドカーペットを歩いた。GOT7との共演ステージにて、Never Everを披露。
  • 2018年、MGMAでBand Music Award 受賞。
  • 2019年、MGMAでBest Band Performance 受賞。

ファンクラブ[編集]

公式ファンクラブは「My Day」である。2017年7月7日に最初のアルバム「SUNRISE」の発売日に合わせて、ファンのアイデアと投票で選ばれた。

日本公式ファンクラブ「My Day JAPAN」は2020年5月31日(日)23:59にDAY6の日本に関するファンクラブサービスの提供を終了する。

コンサート[編集]

  • DAY6 1st Live Concert D-DAY(2015年)
  • DAY6 Live Concert DREAM(2016年)
  • DAY6 Live Concert DREAM in Bangkok(2016年)
  • Every Day6 Concert(2017年 – 2018年)
  • DAY6 First World Tour YOUTH(2018年 - 2019年)
  • DAY6 Second World Tour GRAVITY(2019年 - 2020年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Yeung, Neil Z.. Day6 | Biography & History - オールミュージック. 2021年1月2日閲覧。
  2. ^ 자민당의 엉성한 정책의 탓으로, 국민이 차례차례로 죽는 감염으로, 그리고 자살로
  3. ^ 33rd Golden Disc Nominees, Album of the Year nominees”. 33rd Golden Disc Nominees. Golden Disc. 2019年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月31日閲覧。
  4. ^ MBC Plus X Genie Music Awards, Song of the Year nominees”. Genie Music. 2019年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月30日閲覧。
  5. ^ “'2018MGA' 방탄소년단, 대상 2개 포함 5관왕…트와이스-워너원 3관왕[종합”] (朝鮮語). Herald POP (Naver). (2018年11月6日). https://entertain.naver.com/now/read?oid=112&aid=0003094201 2019年1月30日閲覧。 
  6. ^ “2018 MBC Plus X Genie Music Awards Announces Nominees + Voting Begins”. Soompi. (2018年10月1日). https://www.soompi.com/article/1238753wpp/2018-mbc-plus-x-genie-music-awards-announces-nominees-voting-begins 2019年2月8日閲覧。 
  7. ^ 2019 Genie Music Awards + Best Band Performance”. KStyle (2019年8月1日). 2019年2月8日閲覧。
  8. ^ “Melon Music Awards 2017: Winners of Top 10 Artists awards, nominees for category awards”. International Business Times. (2017年11月17日). https://www.ibtimes.co.in/melon-music-awards-2017-winners-top-10-artists-awards-nominees-category-awards-749824 2019年1月31日閲覧。 
  9. ^ “Here's the full list of 2018 Melon Music Awards nominees”. SBS. (2018年11月14日). https://www.sbs.com.au/popasia/blog/2018/11/14/heres-full-list-2018-melon-music-awards-nominees 2019年1月31日閲覧。 
  10. ^ “2016 MAMA Nominees”. Mnet Asian Music Awards. オリジナルの2016年10月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161029164131/http://mama.mwave.me/nominees 2019年1月31日閲覧。 
  11. ^ “[2017 MAMA 혁오, 베스트 밴드 퍼포먼스상 "재밌는 걸 멋지게 오래"”] (朝鮮語). Biz Enter. (2017年12月1日). http://enter.etoday.co.kr/view/news_view.php?varAtcId=128727 2019年1月30日閲覧。 
  12. ^ (朝鮮語) [2017 MAMA Song of the Year Nominees]. Mnet K-POP.. https://www.youtube.com/watch?v=wu8Pu11nM8s 2019年1月31日閲覧。 
  13. ^ “2018 Mnet Asian Music Awards (MAMA): Complete list of nominees”. AXS Contributor. (2018年11月12日). https://www.axs.com/2018-mnet-asian-music-awards-mama-complete-list-of-nominees-134882 2019年1月31日閲覧。 
  14. ^ Times, Business (2019年10月26日). “'2019 MAMA' Unveils Official Nominees, Check the List and Voting Here”. Business Times. 2019年11月10日閲覧。
  15. ^ Seoul Music Awards Global (scroll to K-POP STAR 2015 [LIVE VOTE and click "Main, Popular (Overseas) and Rookie" to reveal the nominees)]”. Seoul Music Awards. SportsSeoul. 2015年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月9日閲覧。

外部リンク[編集]