湊町リバープレイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
湊町リバープレイス
Minatomachi-River1.jpg
情報
用途 ホール店舗事務所都市高速道路広場
設計者 大阪市住宅局営繕部、安井建築設計事務所
施工 鹿島前田中林 特定建設工事共同企業体
建築主 大阪市
事業主体 大阪市
管理運営 (財)大阪市都市建設技術協会
構造形式 RC、S、SRC造
敷地面積 17,930.64 m²
延床面積 21,451.80 m² (容積率120%)
階数 地下2階、地上7階、塔屋1階
高さ 44.9m
着工 1999年3月
竣工 2002年3月
開館開所 2002年7月16日
所在地

556-0017
大阪市浪速区湊町1-3-1

地図
座標 北緯34度40分6.3秒
東経135度29分44.7秒
備考 [要出典]
テンプレートを表示
湊町船着場

湊町リバープレイス(みなとまちリバープレイス)は、大阪市浪速区湊町一丁目[1]にある、多目的複合イベントスペースである。八角形の宇宙船のような形が特徴。

本項では、同建物内にある阪神高速道路湊町パーキングエリア (PA) についても記述する。

概要[編集]

大阪市の都市構造再編プロジェクト「ルネッサなんば」のウォーターフロントゾーンとして、旧国鉄湊町駅(現 JR難波駅)の貨物ヤード跡地に開発され、2002年に開業した。

プラザ1(地下2階)、プラザ2(1階)、プラザ3(2階)の屋外イベントゾーン3箇所と、エフエム大阪の社屋(プラザ3にオープンスタジオを設置している)、3階から6階を占めるライブハウス「なんばHatch」およびオフィスなどで構成されており、音楽・パフォーマンスイベントや展示会に幅広く使用されている。また、建物の一部を阪神高速道路湊町出入口と共有しているほか、2階は湊町PAとしても利用されている。なお、湊町リバープレイスの他の施設と同PAは接続していない。

道頓堀川を航行する遊覧船が使用する湊町船着場に接しているほか、JR難波駅や大阪シティエアターミナル (OCAT) およびバスターミナルからも至近距離にある。また、浮庭橋を渡ると南堀江方面にもアクセスが可能である。

主な入居施設[編集]

なんばHatch[編集]

なんばHatch(なんばハッチ)は、本施設の中核施設となるライブハウス。当施設の3階から6階までを使用している。名称は、建物の外観が八角形であることが由来で、DJの谷口キヨコが決定した[2]。ライブハウスとして唯一、優良ホール100選に選ばれている。

  • 施設概要
    • 1階席(施設5階) - 602席[3](スタンディング1,778人)、ドリンクコーナーなど[4]
    • 2階席(施設6階) - 153席[3]
    • 入口、ロビー、レストランなど(施設3階)[4]
    • 楽屋、倉庫(施設4階)[5]

湊町PA[編集]

湊町パーキングエリア(みなとまちパーキングエリア)は、阪神高速道路15号堺線のPAである。当施設の一部(2階部分)を共用している。

同高速の15号堺線から1号環状線へ接続するランプウェイの途上に、湊町出口と分岐する形で位置している。なお、当PAを利用した場合は湊町出入口を利用できない。[6]

自動販売機の管理は京阪レストランに委託されている。

交通[編集]

地下通路(駅コンコース)からの最寄りの出口番号は「26-B」である。

脚注[編集]

  1. ^ 湊町と難波(旧 東円手町)の境界線上に立地している(1980年現行住居表示実施)。
  2. ^ OTHERS”. OSAKA-INFO 大阪観光情報. 大阪観光コンベンション協会. 2013年5月17日閲覧。
  3. ^ a b 座席表 (PDF) - なんばHatch(2012年1月31日閲覧)
  4. ^ a b INFORMATION - なんばHatch(2013年3月18日閲覧)
  5. ^ なんばHatch 施設概要”. 2008年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月30日閲覧。
  6. ^ 誤って進入した場合、次の出口は環状線信濃橋出口となる。
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]