オーティス・クレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オーティス・クレイ
OtisClay LBBF1997 2.jpg
オーティス・クレイ (1997年)
基本情報
生誕 (1942-02-11) 1942年2月11日
米国ミシシッピ州ワックスホー
死没 (2016-01-08) 2016年1月8日(73歳没)
ジャンル ソウルR&B
職業 シンガー
活動期間 1950年代 - 2016年
レーベル ハイ・レコード
ブルズアイ・ブルース
ブラインド・ピッグ・レコード
エコー・レコード
公式サイト OtisClay.net

オーティス・クレイ (Otis Clay 1942年2月11日-2016年1月8日[1][2][3] ) は、米国ソウルシンガー。1970年代にハイ・レコードより"Trying to Live My Life Without You"などのヒットを生んだ。ゴスペル畑出身の経験に裏打ちされた力強く、表現力豊かな歌唱法で、ディープ・ソウル、シカゴ・ソウルの代表的な歌手の一人として知られる。

来歴[編集]

クレイは、ミシシッピ州ワックスホーに生まれた。当初はゴスペル・シンガーとして活動を開始する。モーニング・グローリーズ、クリスチャン・トラベラーズといったグループで経験を積んだのち、1957年シカゴへ移住[2]。シカゴでは、ピルグリム・ハーモナイザーズ、センセーショナル・ナイティンゲールス、ゴスペル・ソングバーズ[2][4]などのゴスペル・グループに参加した。

1965年、クレイはソウルミュージックへ転向し、ワンダーフル・レコード (One-Derful Records)と契約。1967年には、同レーベルからの"That's How It Is (When You're In Love)"がR&Bチャートの34位を記録するヒットとなった[5]

1968年、ワンダーフルからコティリオンへ移籍。フェイム・レコードのリック・ホールをプロデューサーに迎え、サー・ダグラス・クインテットのカバー"She's About A Mover"をレコーディングした[1][2]

同年、クレイはハイ・レコードのウィリー・ミッチェルと出会い、彼のキャリアのピーク期とも言えるハイ時代が始まった。ハイでは、1972年に"Trying to Live My Life Without You"が自己最高のR&Bチャート24位を記録したのを始め[2][5]、"Precious Precious"など彼の代表的なレパートリーとなる作品を残した。

1975年、クレイはシカゴで自己のレーベル、エコー・レコードを設立。1978年にはO.V.ライトの代打という形で初来日を果たした[6]。このときのライブがレコード化され、日本での人気定着にきっかけとなった。1983年の来日公演もレコード化されており、ここではサザンオールスターズの"いとしのエリー"が取り上げられている。

1980年代以降は、ブルズアイ・ブルース、ブラインド・ピッグといったレーベルから作品をリリースしており、2006年にはジャパン・ブルース&ソウル・カーニバルのヘッドライナーを務めるなど、活躍を続けている。

2016年1月8日、心臓発作のため急逝。享年73[7]

ディスコグラフィー[編集]

  • 1972年 Trying to Live My Life Without You (Hi)
  • 1977年 I Can't Take It (Hi)
  • 1978年 Live! (Nihon Victor)
  • 1983年 Soul Man: Live in Japan (Bullseye Blues)
  • 1984年 Live Again (Yupiteru)
  • 1989年 Watch Me Now (Waylo)
  • 1992年 I'll Treat You Right (Bullseye Blues)
  • 1993年 On My Way Home - The Otis Clay Gospel Collection (Bullseye Blues)
  • 1993年 The Gospel Truth (Blind Pig)
  • 1998年 This Time Around (Bullseye Blues)
  • 2005年 Respect Yourself (Blind Pig)
  • 2007年 Walk a Mile in My Shoes (Echo)
  • 2013年 Truth Is (Echo)
  • 2014年 Soul Brothers (Catfood) ※ジョニー・ロウルズとのデュオ名義

参照文献[編集]

外部リンク[編集]