YouTubeクリエイターアワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

YouTubeクリエイターアワード(英: YouTube Creator Awards, YouTube Play Buttons)は、YouTubeクリエイター(YouTuberなど)に対して、動画制作に情熱を注ぐクリエイターを讃えるために、YouTubeがチャンネル登録者数の目標を達成したクリエイターを表彰するもの[1]ホラー政治などのジャンルは除外される[2][3]

概要[編集]

特典[編集]

これらは賞ではないが、下記のようなメリットがある。

  • グラファイト (英: Graphite) - チャンネル登録者が100人に達すると発行される。クリエイターは文字列がランダムだったチャンネルのURLをyoutube.com/channel/Exampleのように、変更することができるようになる。
  • オパール (英: Opal) - チャンネル登録者数が1,000人に達すると発行される。 収益化のためにYouTubeパートナープログラムに適用される条件は、オパールを授与されること、過去12か月間の視聴者の総再生時間の合計が最低4,000時間であること、適格性を判断するためにチャンネルのコンテンツをレビューで判断することの3つである。収益化が可能になるとスーパーチャットを有効にでき、ゲームのチャンネルでもチャンネルメンバーシップを有効にできる[4]
  • ブロンズ (英: Bronze) - チャンネル登録者数が10,000人に達すると発行される。チャンネルが収益化されている場合、このレベルではTeespring英語版の収益化オプションが追加される[5]

[編集]

確認済みのYouTubeチャンネルが特定のマイルストーンに到達し、YouTubeクリエイターアワードの対象となると、YouTubeの再生ボタンの形をしたトロフィーが授与される。トロフィーのサイズは、賞のレベルが上がるとともに大きくなる[6]。シルバーとゴールドはVidcon 2012で導入され、ダイヤモンドはVidcon 2015で導入された[7][8]

受賞資格[編集]

YouTube独自の裁量によって決定され、ルールに則って活動しているクリエイターのみが対象となる。チャンネルは表彰前に審査され、著作権侵害の警告、コミュニティガイドライン違反、チャンネル登録者数の水増しなどがなく、アカウントが良好な状態に保たれているクリエイターのみが表彰の対象となる[1][9]

現在、クリエイターアワードのページに記載されている3つの賞に加えて、数回授与された2つの賞がある。

  • YouTube Silver Play Button 2.svg シルバー クリエイターアワード (英: Silver Creator Award) は、チャンネル登録者数が10万人に達成すると発行される[1]。古いバージョンは、ニッケルでメッキされた白銅合金でできていた[10]。新しいバージョン(2017年3月1日時点)は、92%のニッケル、5%の炭素、2.5%の亜鉛、さらにその他の物質が0.5%含まれる[11]。2018年3月時点のシルバー再生ボタンの外観は、ウィンドウボックス内に収納され前面ガラスペインにチャンネルの名前が印刷され、チャンネル名がエンボス加工された、すっきりとしたデザインの金属製の賞に更新された[12][13]。このレベルのチャンネルは、デジタルの確認バッジを申請することもできる[14]。日本では主に「銀の盾」と呼ばれる。
  • YouTube Gold Play Button 2.svg ゴールド クリエイターアワード (英: Gold Creator Award) は、チャンネル登録者数が100万人に達すると発行される[1]金メッキ真鍮製。2018年3月時点のゴールド再生ボタンの外観は、シルバークリエイターアワードと同じく、ウィンドウボックス内に収納され前面ガラスペインにチャンネルの名前が印刷され、チャンネル名がエンボス加工された、すっきりとしたデザインの金属製の賞に更新された[15][16]。日本では主に「金の盾」と呼ばれる。
  • YouTube Diamond Play Button.svg ダイヤモンド クリエイターアワード (英: Diamond Creator Award) は、チャンネル登録者数が1,000万人に達すると発行される[1]。銀メッキの金属がはめ込まれており、再生ボタンの三角形の形をした無色の大きな結晶が入っている[17][18]。2020年6月の時点で、この賞が授与されたチャンネルは653件ある[19]。日本では唯一キッズラインが受賞している。
  • YouTube Ruby Play Button 2.svg カスタム クリエイターアワード (英: Custom Creator Award) は、チャンネル登録者数が5,000万人に達すると発行される。クリエイターアワードのページには記載されていない。2020年6月の時点で、下記の13のチャンネルがこのレベルに達している。
  • YouTube Red Diamond Play Button.svg レッドダイヤモンド クリエイターアワード (英: Red Diamond Creator Award) は、チャンネル登録者数が1億人に達すると発行される[9]。大きな濃い赤のクリスタルが付いた再生ボタンの三角形が特徴。クリエイターアワードのページには記載されていない。2020年6月現在、この賞を受賞しているチャンネルはPewDiePie(2019年8月25日)[27]とT-Series(2019年5月29日)[28][29]の2つである。

批判[編集]

YouTubeクリエイターアワードは、登録者数に基づいて制定されるが、TechCrunchは「登録者数はボットによって操作できてしまう」と批判している[30]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Creators | 表彰プログラム | YouTube”. YouTube. 2020年8月26日閲覧。
  2. ^ Weiss (2018年2月6日). “YouTube On 'Play Button' Awards: "Not All Creators Who Apply Will Receive Awards" - Tubefilter”. Tubefilter.com. 2018年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月9日閲覧。
  3. ^ Alexander (2018年2月2日). “YouTube says 'not all creators who apply' for Creator Awards will receive them”. Polygon.com. 2018年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月9日閲覧。
  4. ^ Channel memberships eligibility, policies, & guidelines - YouTube Help”. YouTube Help. 2019年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月6日閲覧。
  5. ^ Alexander (2018年6月21日). “YouTube partners with Teespring to help creators sell official merchandise”. Polygon. 2018年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月21日閲覧。
  6. ^ YouTube Creator Hub”. YouTube. 2017年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月1日閲覧。
  7. ^ https://www.tubefilter.com/2012/06/29/youtube-gold-play-button-million-subscribers/amp/
  8. ^ https://www.tubefilter.com/2015/07/24/youtube-diamond-play-button-10-million-subscribers/amp/
  9. ^ a b YouTube クリエイター表彰プログラムへの参加方法”. Google. 2020年8月28日閲覧。
  10. ^ What is the Gold Play Button REALLY Made Of?”. YouTube. 2019年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月6日閲覧。
  11. ^ What is the NEW Silver Play Button REALLY made of?!”. YouTube. 2019年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月29日閲覧。
  12. ^ YouTube’s silver and gold play buttons are getting a new look”. SocialBlade.com. 2018年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月15日閲覧。
  13. ^ YouTube’s Silver and Gold play Button Awards Get Redesigned”. Youtubermag.com. 2020年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月1日閲覧。
  14. ^ McPhie (2019年9月19日). “Updates to YouTube's verification program”. YouTube Creator Blog. 2019年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月20日閲覧。
  15. ^ Acuna (2012年7月19日). “YouTube Is Rewarding Its Most Popular Users With Gold”. Business Insider. 2016年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月12日閲覧。
  16. ^ Cohen (2012年6月29日). “YouTube Gives 24-Karat Gold ‘Play Button’ to Channels with 1M+ Subs”. Tubefilter. 2016年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月12日閲覧。
  17. ^ Brouwer (2015年7月24日). “YouTube Gives New Diamond Play Button To Channels With 10 Million Subscribers”. Tubefilter. 2019年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月12日閲覧。
  18. ^ Dillon (2015年8月3日). “YouTube Announced Diamond Play Button”. TenEighty. 2019年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月12日閲覧。
  19. ^ Top 5000 Subscribed YouTube Channels (Sorted by Subscriber Count)”. 2020年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月27日閲覧。
  20. ^ @YouTube (25 August 2019). "Married to @marziapie 💍Revived our love of Minecraft ⛏️ Reached 100 million subscribers on YouTube ✔️ What a month to celebrate and congratulate @PewDiePie" (ツイート). Twitterより2016年4月12日閲覧
  21. ^ PewdiePie's video on receiving the award”. YouTube. 2019年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月1日閲覧。
  22. ^ YouTube Sends PewDiePie Custom Ruby Play Button To Commemorate 50 Million Subscribers”. TubeFilter.com. 2017年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月1日閲覧。
  23. ^ @KEEMSTAR (11 September 2018). "YouTube awarded @TSeries with a 50 Million Play Button" (ツイート). Twitterより2018年9月30日閲覧
  24. ^ Photographic image”. Vignette.wikia.nocookie.net. 2019年3月26日閲覧。
  25. ^ UC295-Dw_tDNtZXFeAPAW6Aw YouTube Stats, Channel Statistics - Socialblade.com”. socialblade.com. 2017年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月24日閲覧。
  26. ^ Cocomelon was the first nursery rhyme to hit 50 million subscribers in the video”. youtube.com. 2019年6月7日閲覧。
  27. ^ Alexander (2019年8月26日). “PewDiePie becomes the first individual YouTube creator to hit 100 million subscribers”. The Verge. 2019年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月3日閲覧。
  28. ^ Leskin (2019年5月31日). “Bollywood music channel T-Series beat out PewDiePie after a months-long battle to become the first YouTube channel to reach 100 million subscribers”. Business Insider. 2020年4月3日閲覧。
  29. ^ Weiss (2019年9月9日). “YouTube Forges New ‘Red Diamond Creator Award’ For Channels With 100 Million Subscribers”. TubeFilter. 2020年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月3日閲覧。
  30. ^ Perez (2019年9月19日). “YouTube overhauls its problematic verification program”. 2019年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月22日閲覧。

外部リンク[編集]