富川市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京畿道 富川市
Bucheon Onggi Museum.JPG
富川の博物館
位置
경기도 부천시.png
各種表記
ハングル: 부천시
漢字: 富川市
片仮名転写: プチョン=シ
ローマ字転写 (RR): Bucheon-si
統計
面積: 53.5 km²
総人口: 890,352(2011年) 人
行政
国: 韓国の旗 大韓民国
上位自治体: 京畿道
下位行政区画: 37洞
行政区域分類コード: 31050
富川市の木: モモ
富川市の花: モモ
富川市の鳥: 若鷹
自治体公式サイト: 富川市
富川市庁

富川市(プチョンし)は大韓民国京畿道内に位置し、仁川広域市ソウル特別市に挟まれている市である。市のスローガンはFantasta Bucheon。近年は韓国におけるマンガアニメーションをはじめ、テレビ・映画など映像文化産業の拠点となっている。大韓民国の地方自治法第175条に基づいて特例が適用される特定市に指定されている。

概要[編集]

ソウル特別市からは、市庁間の距離で西南西に20km、仁川広域市から北東に7kmで、両市に挟まれた形である。宅地化が進み、人口密度16,657(人/km²)はソウル特別市に次ぐ全国2番目、京畿道では1番高い。

行政[編集]

行政区画[編集]

行政洞 法定洞
槐安洞 槐安洞
深谷本洞 深谷本洞
深谷本1洞
素砂本洞 素砂本洞
素砂本3洞
松内1洞 松内洞
松内2洞
範朴洞 範朴洞、玉吉洞、桂寿洞
駅谷3洞 槐安洞、玉吉洞
深谷1洞 深谷洞
深谷2洞
深谷3洞
素砂洞 素砂洞
駅谷1洞 駅谷洞
駅谷2洞
遠美1洞 遠美洞
遠美2洞
春衣洞 春衣洞
陶唐洞 陶唐洞
若大洞 陶唐洞、若大洞、中洞
中洞 中洞
中1洞
中2洞
中3洞
中4洞
上洞 上洞
上1洞
上2洞
上3洞
城谷洞 如月洞、鵲洞、遠宗洞
遠宗1洞 遠宗洞
遠宗2洞 梧亭洞、遠宗洞
古康本洞 古康洞
古康1洞
梧亭洞 梧亭洞、大壮洞
新興洞 三井洞、内洞

警察[編集]

消防[編集]

歴史[編集]

富川市[編集]

  • 1973年7月1日 - 富川郡素砂邑が富川市に昇格・改称。
  • 1975年10月1日 - 金浦郡吾丁面を編入。
  • 1983年2月15日 - 始興郡蘇莱邑の一部を編入。
  • 1988年1月1日 - 南区・中区を設置。(2区)
  • 1993年2月11日 (3区)
    • 中区を遠美区・吾丁区に分割。
    • 南区を素砂区に改称。ただし、一部は遠美区に編入。
  • 1995年8月23日 - 吾丁区が梧亭区に改称。(ハングル表記は変更なし)(3区)
  • 1995年 - 仁川広域市桂陽区の一部が梧亭区に編入。(3区)
  • 2016年7月4日 - 素砂区・遠美区・梧亭区を廃止し、行政福祉センター制度に移行。

富川郡[編集]

  • 1899年9月18日 – 京仁線の開通に伴い、当時の朝鮮半島では初の鉄道駅の一つである素砂駅(現在の富川駅)が設置される。
  • 1914年4月1日 – 郡面併合により、仁川府の農村部と富平郡および江華郡の一部(北島面)・南陽郡の一部(霊興面・大阜面)を富川郡として編成。富川郡に以下の面が成立(15面)。
    • 吾丁面・桂南面・蘇莱面・文鶴面・多朱面・南洞面・富内面・桂陽面・西串面・永宗面・龍遊面・北島面・霊興面・徳積面・大阜面
  • 1931年4月1日 - 桂南面が素砂面に改称(15面)。
  • 1936年 - 仁川府拡張に伴う調整(14面)。
    • 多朱面・文鶴面の各一部が仁川府に編入。
    • 多朱面の残部が文鶴面に編入。
  • 1940年4月1日 - 文鶴面・南洞面・富内面・西串面が仁川府に編入(10面)。
  • 1941年10月1日 - 素砂面が素砂邑に昇格(1邑9面)。
  • 1963年1月1日(1邑9面)
  • 1973年7月1日
    • 素砂邑を富川市に昇格・改称。
    • 吾丁面・桂陽面が金浦郡に編入。
    • 蘇莱面が始興郡に編入。
    • 永宗面・北島面・龍遊面・徳積面・霊興面・大阜面が甕津郡に編入。
    • これにより富川郡は廃止。

教育[編集]

大学校

専門大学

高等学校

文化・観光[編集]

富川市は映像文化産業の誘致を行っており、広大な産業団地(映像文化団地)を設けている。

1997年からは毎年富川国際ファンタスティック映画祭が開催されている。

2002年、テレビドラマ『野人時代』の撮影に際してオープンセットを誘致、1930年代から1970年代にかけてのソウルの都市景観を再現した撮影所テーマパーク富川ファンタスティックスタジオ」となった(2011年に閉鎖)。同スタジオでは映画『ブラザーフッド』など多くの映像作品が撮影されており、日韓合作映画『力道山』や日本映画『ゼロの焦点』(2009年版)[1]もここで撮影されている。

このほか、富川マンガ情報センターの開設やマンガサミットの開催などの活動を行っている。

交通[編集]

鉄道[編集]

90万近い人口を持つ富川市であるが、長年鉄道路線は1路線のみだった。富川駅から龍山駅まで急行電車で25分。各駅停車はソウルメトロ1号線方面へ直通する。2012年、ソウル都市鉄道7号線が京仁線の北側に開通し、江南方面へのアクセスが向上した。

バス[編集]

高速道路[編集]

スポーツ[編集]

種目 チーム名 創立年度 ホーム競技場
Kリーグチャレンジ 富川FC1995 2007年 富川総合運動場
WKBL 富川ハナ外換銀行 1998年 富川体育館

かつてはKリーグの富川SKが本拠地としていたが、2006年に済州特別自治道西帰浦市に移転し済州ユナイテッドFCとなった。富川FC1995は旧富川サポーターが中心となり設立されたクラブで、2013年よりKリーグチャレンジに参加。

メディア[編集]

友好都市・姉妹都市[編集]

韓国国内

韓国国外

出身者[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]