楊州市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
京畿道 楊州市
Yangju City Kkumnam Library.JPG
楊州市立夢の木図書館
位置
楊州市の地図
各種表記
ハングル: 양주시
漢字: 楊州市
片仮名転写: ヤンジュ=シ
ローマ字転写 (RR): Yangju-si
統計(2019年
面積: 310.34 km2
総人口: 222,314 人
世帯数: 93,026 世帯
行政
国: 大韓民国の旗 大韓民国
上位自治体: 京畿道
下位行政区画: 1邑4面6行政洞17法定洞
行政区域分類コード: 31260
楊州市の木: チョウセンマツ
楊州市の花: チョウセンレンギョウ
楊州市の鳥: カササギ
自治体公式サイト: 楊州市
テンプレートを表示
楊州市庁

楊州市(ヤンジュし/ようしゅうし)は、大韓民国京畿道の北部にある市である。

歴史[編集]

1914年の行政区画[1]と現在の行政区画の比較
1914年 現在
区・邑・面 洞・里
伊淡面 東豆川里、上鳳岩里、下鳳岩里、生淵里、傑山里、保山里、紙杏里、広岩里、松内里、安興里 東豆川市 東豆川洞、上鳳岩洞、下鳳岩洞、生淵洞、傑山洞、保山洞、紙杏洞、生淵洞、広岩洞、松内洞、安興洞
隠県面 上牌里 上牌洞
龍岩里、仙岩里、雲岩里、鳳岩里、下牌里、道下里 楊州市
隠県面
龍岩里、仙岩里、雲岩里、鳳岩里、下牌里、道下里
広積面 佳納里、広石里、遇古里、比岩里、孝村里、徳道里、石隅里 楊州市
広積面
佳納里、広石里、遇古里、比岩里、孝村里、徳道里、石隅里
白石面 防城里、梧山里、福池里、加業里、弘竹里、蓮谷里、基山里の一部 楊州市
白石邑
防城里、梧山里、福池里、加業里、弘竹里、蓮谷里、基山里
霊場里、基山里の一部 坡州市
広灘面
霊場里、基山里
長興面 橋峴里、鬱垈里、釜谷里、石峴里、日迎里、三上里、三下里 楊州市
長興面
橋峴里、鬱垈里、釜谷里、石峴里、日迎里、三上里、三下里
州内面 維楊里、於屯里、南坊里、麻田里、山北里、広沙里、晩松里、三崇里、古邑里 楊州市 維楊洞、於屯洞、南坊洞、麻田洞、山北洞、広沙洞、晩松洞、三崇洞、古邑洞
檜泉面 徳亭里、鳳陽里、徳渓里、悔亭里、高岩里、檜岩里、栗亭里、玉井里 徳亭洞、鳳陽洞、徳渓洞、悔亭洞、高岩洞、檜岩洞、栗亭洞、玉井洞
柴芚面 議政府里、佳陵里、虎院里、長岩里、新谷里、龍峴里、民楽里、洛陽里、自逸里、金梧里、緑楊里、直洞里[2] 議政府市 議政府洞、佳陵洞、虎院洞、長岩洞、新谷洞、龍峴洞、民楽洞、洛陽洞、自逸洞、金梧洞、緑楊洞
別内面 高山里、山谷里、黒沢里 高山里、山谷里
青鶴里、龍岩里、広田里 南楊州市
別内面
青鶴里、龍岩里、広田里
徳松里、花蝶里 南楊州市 別内洞
退渓院里 南楊州市
退渓院面
退渓院里
真乾面 思陵里、培養里、真官里、新月里、龍井里、松陵里 南楊州市
真乾邑
思陵里、培養里、真官里、新月里、龍井里、松陵里
陽地里、八賢里、梧南里 南楊州市
梧南邑
陽地里、八賢里、梧南里
榛接面 長峴里、内閣里、内谷里、蓮坪里、富坪里、八夜里、榛伐里、金谷里 南楊州市
榛接邑
長峴里、内閣里、内谷里、蓮坪里、富坪里、八夜里、榛伐里、金谷里
水山里 南楊州市
水洞面
水山里
和道面 雲水里、芝屯里、松川里 雲水里、芝屯里、松川里
磨石隅里、墨峴里、嘉谷里、九岩里、琴南里、畓内里、月山里、倉峴里、鹿村里、車山里 南楊州市
和道邑
磨石隅里、墨峴里、嘉谷里、九岩里、琴南里、畓内里、月山里、倉峴里、鹿村里、車山里
瓦阜面 陵内里、鳥安里、鎮中里、松村里、三峯里、時雨里 南楊州市
鳥安面
陵内里、鳥安里、鎮中里、松村里、三峯里、時雨里
徳沼里、陶谷里、八堂里、月文里、栗石里 南楊州市
瓦阜邑
徳沼里、陶谷里、八堂里、月文里、栗石里
渼金面 好坪里、坪内里、金谷里、一牌里、二牌里、三牌里、加雲里、水石里、芝錦里、陶農里 南楊州市 好坪洞、坪内洞、金谷洞、一牌洞、二牌洞、三牌洞、加雲洞、水石洞、芝錦洞、陶農洞
九里面 葛梅里、四老里、仁倉里、橋門里、峨川里、水沢里、土坪里 九里市 葛梅洞、四老洞、仁倉洞、橋門洞、峨川洞、水沢洞、土坪洞
上鳳里、中下里、墨洞里、新内里、忘憂里 ソウル
中浪区
上鳳洞、中下洞、墨洞、新内洞、忘憂洞
蘆海面 上渓里、下渓里、中渓里、月渓里、孔陵里 ソウル
蘆原区
上渓洞、下渓洞、中渓洞、月渓洞、孔陵洞
倉洞里、双門里、道峰里、放鶴里 ソウル
道峰区
倉洞、双門洞、道峰洞、放鶴洞

楊州という地名は本来、現在のソウル江北地域の漢陽郡を高麗太祖の時に楊州に改称したことに由来している。現在の楊州地域は、三国時代には百済と高句麗が角逐を繰り広げた軍事的要衝として、当時は買城郡または馬忽と呼ばれた。統一新羅景徳王の時(757年)に来蘇と改名し、高麗太祖時代には見州となった。983年高麗成宗2年)に初めて12牧を置いたが、この時に楊州牧となった。李氏朝鮮時代になると漢陽に遷都し、首都漢陽を除く楊州郡地域だけが楊州と呼ばれるようになった。1466年に面里統制が施行され、この地域の面と里が制定された。

  • 1895年 - 行政区画改編により楊州郡が成立。
  • 1914年4月1日 - 郡面併合により、古楊州面[3]高陽郡に、嶺斤面[4]漣川郡に編入。楊州郡に以下の面が成立。[5][6](16面)
    • 伊淡面・隠県面・広積面・白石面・長興面・州内面・檜泉面・柴芚面・別内面・真乾面・榛接面・和道面・瓦阜面・渼金面・九里面・蘆海面
朝鮮総督府令第8号
朝鮮総督府令第8号
旧行政区画 新行政区画
楊州郡柴北面어룡동/가좌동/직동리 일부/입석리 일부/(둔야면) 파발막리 일부、중서오리/상서오리 일부/하서오리 일부、곤제리/궁촌리/양지리、유현리/비우리/녹양리/입석리 일부、삼귀리/오목리/민락리/(내동면) 고산리 일부、금곡리/귀락리/자일리 柴芚面 가능리、금오리、낙양리、녹양리、민락리、자일리
楊州郡芚夜面신촌리/추동리/발이술리/본둔야리 일부/(시북면) 상서오리 일부/하서오리 일부、탑석리/어룡리/양현리/본둔야리 일부、파발막리 일부/본둔야리 일부/호동리 일부/(시북면) 직동리 일부、장자동/동막동、장수원리/누원리/의정부리 일부/호동리 일부 신곡리、용현리、의정부리、장암리、호원리
楊州郡邑内面남방리 일부/동부리 일부、마전리/동부리 일부、산북리/(천천면)도덕리 일부、어둔리、서부리/동부리 일부/남방리 일부 州内面 남방리、마전리、산북리、어둔리、유양리
楊州郡古州内面고읍리 일부/(천천면)고장리 일부、광암리/삽사동/고읍리 일부/송랑리 일부、회만리/송랑리 일부、광숭리/삼가대리 일부/고읍리 일부 고읍리、광사리、만송리、삼숭리
楊州郡檜岩面귀율리/모정리/(고주내면)삼가대리 일부、옥동리/냉정리/우산리/마한리/(천천면)고장리 일부/(고주내면)삼가대리 일부、내회암리/송현리 일부/모정리 일부 檜泉面 율정리、옥정리、회암리
楊州郡泉川面고장리 일부/옹암리、돈계리/도덕리 일부/고장리 일부/과회리 일부、덕정리 일부/과회리 일부 고암리、덕계리、회정리
楊州郡於等山面(천천면)덕정리 일부/이리/삼리、사리/오리/(이담면)송라리/(회암면)송현리 일부 덕정리、봉양리
楊州郡海等村面상누원리/무수동/영국리、암회리/도당리/원당리、소라리/계성리/우이리、유만리/마산리/창동리 일부 蘆海面 도봉리、방학리、쌍문리、창동리
楊州郡蘆原面무수동/조동리/공덕리 일부/(망우리면)묵동리 일부、간촌리/온수동/(둔야면)조암리/녹천리/(별비면)덕동리 일부、월계리/녹천리/(해등촌면)창동리 일부、광석리/은행리/납대동/전주리/오목리 일부/양재동 일부、용동리/상곡리/가좌동/공덕리 일부/오목리 일부/양재동 일부、갈매리/(구지면)사노리 일부 공덕리(孔徳里)、상계리、월계리、중계리、하계리
九里面 갈매리
楊州郡九旨面이문동/백교리/인장리 일부、사노리 일부/동창리 일부/(진관면)배양동 일부/(별비면)퇴계원리 일부、수택리 일부/인장리 일부/평촌리 일부/(미음면)수변리 일부、아차동/우미천리 일부/토막리 일부、동창리 일부/인장리 일부、평촌리 일부/토막리 일부/수택리 일부/(미음면)수변리 일부/석도리 일부 교문리、사노리、수택리、아천리、인창리、토평리
楊州郡忘憂里面 상봉리、中下里、묵동리、신내리、망우리
楊州郡榛伐面 榛接面 금곡리、부평리、수산리、진벌리、팔야리
楊州郡接洞面 내각리、연평리、장현리
楊州郡別非面내곡리/동촌리/서촌리/영지동/전도리 일부、마전리/광암리/응달리 일부、직송리/조동리/덕동리 일부、거묵동/도감리、동학동/흑석리 일부/응달리 일부/덕동리 일부、전도리 일부/퇴계원리 일부/(진관면) 본진관리 일부 내곡리
別内面 광전리、덕송리、용암리、청학리、퇴계원리
楊州郡内洞面입암리/고산리 일부、산곡리/고산리 일부/(별비면) 흑석리 일부 고산리、산곡리
楊州郡真官面고현리/배양동/(미음면)도농리 일부、평촌리/월음 일부/신촌리 일부/(접동면)와촌리 일부、법동리/본진관 일부/월음 일부/신촌리 일부 真乾面 배양리、신월리、진관리
楊州郡乾川面식동/점막리/성능리 일부/오룡동 일부/상독정리 일부、송정/성능리 일부/상독정리 일부、양지/단곡리 일부/(접동면)중포리 일부、하독정리/오룡동 일부/상독정리 일부、어남상/어남하/오남리/단곡리 일부、팔현리 사능리、송능리、양지리、용정리、오남리、팔현리
楊州郡瓦孔面덕소리/석실리 일부/월문리 일부/(금촌면) 사패리 일부、도심리/도산리、문곡리/월곡리 일부/(하도면) 차산리 일부/배기리 일부、석실리 일부/율북리 일부 瓦阜面 덕소리、도곡리、월문리、율석리
楊州郡草阜面 능내리、삼봉리、송촌리、조안리、진중리
楊州郡下道面 시우리
和道面 금남리、녹촌리、마석우리、묵현리、차산리、창현리
楊州郡上道面 송천리、운수리、월산리、지둔리
渼金面 평내리、호평리
楊州郡渼陰面조운리/도농리 일부/가재동 일부/석실리 일부/(금촌면) 삼패리 일부、금교리 일부/도농리 일부/가재동 일부/(구지면) 인장리 일부、수변리 일부/석도리 일부/석실리 일부、지사리/금교리 일부/(진관면) 배양동 일부 가운리(加雲里)、도농리、수석리、지금리
楊州郡金村面일패리 일부/(건천면) 송정리 일부、삼패리 일부/사패리 일부/(와공면) 석실리 일부、삼패리 일부/(와공면) 율북리 일부、이패리/일패리 일부 금곡리、삼패리、일패리、이패리
楊州郡白石面기곡리/내고령리/중산리 일부、대고령/옹장리、방축리/산성리/고릉리 일부/(광적면)일패리 일부、신지리 일부/대오산리/소오산리 일부/단촌리 일부/고릉리 일부/능내리 일부/(광적면)일패리 일부/이패리 일부、내동리/홍동리/천죽리/난곡리 일부/단촌리 일부、해유리/연평리/난곡리 일부、하가업리/상가업리 일부/소오산리 일부/단촌리 일부、홍복리/신지리 일부/대오산리 일부/상가업리 일부 白石面 기산리、영장리、방성리、오산리、홍죽리、연곡리、가업리、복지리
楊州郡広石面이패리 일부/삼패리 일부/(백석면)연평리 일부/단촌리 일부、사패리 일부/(파주군 천현외패면)삼현리/(파주군 광탄면)발랑리、삼패리 일부/사패리 일부 広積面 광석리、비암리、우고리
楊州郡石積面행동리/이패리/대야지리/(광적면)일패리 일부/(백석면)능내리 일부/고릉리 일부、이패중리/대조동/이패하리 일부/삼패상리 일부/신촌리 일부/(적성군 남면)상수리 일부、삼패하리/이패하리 일부/삼패상리 일부、거마동/효가동/신촌리 일부/회촌리/(적성군 남면)매곡리 일부 가납리、덕도리、석우리、효촌리
隠県面 도하리
楊州郡県内面항동리/(석적면)행동리 일부/대야지리 일부、상패리、하패리 일부/(이담면)송라리 일부 상패리、하패리
楊州郡黙隠面사패리/(현내면)하패리 일부/(이담면)안흥리/(적성군 남면)한산리、이패리 일부、일패리/일패하리、삼패리/삼패하리/이패리 일부/(현내면)하패리 일부/(적성군 남면)입암리/발운리 일부 봉암리、선암리、용암리、운암리
걸산리/보안리 일부/광암리 일부, 광암리 일부、가정자리/인산리 일부/창리 일부/안흥리 일부/보안리 일부、동두천리/인산리 일부/보안리 일부/황매동 일부、동막리 일부/안흥리 일부/창리 일부/상봉암리 일부/하봉암리 일부、연동리/황매동 일부/인산리 일부/지동리 일부/생골리 일부、내동리/행단리 일부/송라리 일부、안흥리 일부、생골리 일부/지동리 일부/행단리 일부、동막리 일부/하봉암리 일부/상봉암리 일부 伊淡面 걸산리、광암리、동두천리、보산리、상봉암리、생연리、송내리、안흥리、지행리、하봉암리
楊州郡長興面울대리、부곡하리/부곡상리 일부、이패상리/이패하리、삼패하리/(고양군 신혈면)선유동 일부、삼패상리、교현리、석현리/부곡상리 일부 長興面 울대리、부곡리、일영리、삼하리、삼상리、교현리、석현리
  • 1938年10月1日 - 柴芚面が楊州面に改称。[7](16面)
  • 1942年10月1日 - 楊州面が議政府邑に昇格。[8](1邑15面)
  • 1946年2月5日 - 南面を坡州郡から移管。(1邑16面)
  • 1963年1月1日(1邑15面)
    • 蘆海面がソウル特別市城北区に編入。
    • 九里面上鳳里・中下里・墨洞里・新内里・忘憂里がソウル特別市東大門区に編入。[9]
    • 議政府邑が議政府市に昇格・分離。[10]
    • 伊淡面が東豆川邑に改名・昇格。[11]
    • 和道面の一部(雲水里・芝屯里・松川里)・榛接面水山里と加平郡外西面の一部(内坊里・外坊里・立石里)の区域をもって水洞面を設置。[12]
    • これにより、南東部8面(現在の九里市と南楊州市)が飛地となる。
  • 1973年7月1日(2邑14面)
  • 1979年5月1日 - 渼金面が渼金邑に昇格。[15](3邑13面)
  • 1980年4月1日(1邑7面)[16]
    • 別内面高山里・山谷里が議政府市に編入。
    • 九里邑・渼金邑・榛接面・真乾面・水洞面・和道面・瓦阜面・別内面が南楊州郡として分離。
  • 1981年7月1日 - 東豆川邑が東豆川市に昇格・分離。[17](7面)
  • 1983年2月15日(7面)[18]
    • 白石面霊場里・基山里が坡州郡広灘面に編入。
    • 隠県面上牌里が東豆川市に編入。
  • 1985年10月1日 - 檜泉面が檜泉邑に昇格。[19](1邑6面)
  • 2000年
    • 9月25日 - 郡庁を議政府市から州内面に移転。
    • 10月1日 - 州内面が楊州邑に昇格。(2邑5面)
  • 2001年10月1日 - 白石面が白石邑に昇格。(3邑4面)
  • 2003年10月19日 - 楊州郡が楊州市に昇格。[20](1邑4面)
    • 檜泉邑が4つの行政洞に分割。
    • 楊州邑が2つの行政洞に分割。

行政[編集]

行政区域[編集]

行政洞・邑・面 法定洞・法定里
桧泉1洞朝鮮語版 徳亭洞、鳳陽洞
桧泉2洞朝鮮語版 徳渓洞、悔亭洞
桧泉3洞朝鮮語版 徳亭洞、高岩洞
桧泉4洞朝鮮語版 桧岩洞、栗亭洞、玉井洞
楊州1洞 維楊洞、於屯洞、南坊洞、麻田洞、山北洞
楊州2洞 広沙洞、晩松洞、三崇洞、古邑洞
白石邑朝鮮語版 防城里、梧山里、福池里、加業里、弘竹里、蓮谷里、基山里
隠県面朝鮮語版 龍岩里、仙岩里、雲岩里、鳳岩里、下牌里、道下里
広積面朝鮮語版 佳納里、広石里、遇古里、比岩里、孝村里、徳道里、石隅里
長興面朝鮮語版 橋峴里、鬱垈里、釜谷里、石峴里、日迎里、三上里、三下里
南面朝鮮語版 莘山里、神岩里、梅谷里、亀岩里、杜谷里、庚申里、湘水里、笠岩里、閑山里、篁芳里

警察[編集]

消防[編集]

姉妹都市[編集]

日本の藤枝市姉妹都市の協定を締結しているが、2019年7月以降、日本によるキャッチオール規制の運用見直しから生じた国民感情の悪化を考慮し、交流行事等の開催を取りやめている[21]

交通[編集]

鉄道[編集]

高速国道[編集]

国道[編集]

観光施設[編集]

  • 大長今(日本での題名:宮廷女官チャングムの誓い)テーマパーク:最寄り駅は楊州駅(2011年12月末に閉鎖)

脚注[編集]

  1. ^ (新旧対応)朝鮮全道府郡面里洞名称一覧(1917年
  2. ^ 佳陵洞に統合
  3. ^ 現在のソウル特別市広津区中浪区面牧洞・松坡区蚕室洞
  4. ^ 現在の漣川郡全谷邑
  5. ^ 朝鮮総督府令第111号
  6. ^ 京畿道令第3号
  7. ^ 郡庁所在地面名を郡名に従って改定 東亜日報、1937年12月16日。
  8. ^ 朝鮮総督府令第243号(1942年9月30日)
  9. ^ 法律第1172号 ソウル特別市・道・郡・区の管轄区域変更に関する法律(1962年11月21日
  10. ^ 法律第1176号 市設置及び郡の管轄区域と名称変更に関する法律(1962年11月21日
  11. ^ 法律第1177号 邑設置に関する法律(1962年11月21日
  12. ^ 法律第1175号 市・郡の管轄区域変更及び面の廃置に関する法律(1962年11月21日
  13. ^ 大統領令第6543号 邑設置に関する規定(1973年3月12日
  14. ^ 大統領令第6542号 市・郡・区・邑・面の管轄区域変更に関する規定、1973年3月12日制定。
  15. ^ 大統領令第9409号 渼金邑等53個邑設置に関する規定(1979年4月7日
  16. ^ 法律第3169号 南楊州郡設置及び郡管轄区域等変更に関する法律(1979年12月28日
  17. ^ 法律第3425号 光陽市等市設置及び郡管轄区域変更に関する法律(1981年4月13日
  18. ^ 大統領令第11027号 市・郡・区・邑・面の管轄区域変更及び面設置等に関する規定(1983年1月10日
  19. ^ 大統領令第11772号 京畿道楊州郡等邑設置及び邑の管轄区域変更に関する規定(1985年9月26日
  20. ^ 法律第6928号 京畿道楊州市・抱川市都農複合形態市の設置等に関する法律(2003年7月18日)
  21. ^ 韓国・楊州市 日本の姉妹都市との交流行事中止=国民感情考慮”. 聯合ニュース (2019年7月18日). 2019年7月18日閲覧。

外部サイト[編集]