Template:韓国の地方行政区ステータス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
韓国の地方行政区ステータス
位置
各種表記
ハングル: † {{{ハングル}}}
漢字: † {{{韓国における漢字}}}
統計
行政
国: 大韓民国の旗 大韓民国
テンプレートを表示
テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

既述簡略化のため、以下大韓民国は韓国、朝鮮民主主義人民共和国は北朝鮮と表記する。

使用法[編集]

以下の雛型を記事に貼付けて各引数値を入力する。使用しない引数行はそのままで良い。

{{韓国の地方行政区ステータス
|行政区画名=
|画像=
|画像の解説=
|位置画像=
|地図画像=
|ローマ字=
|ローマ字mr=
|ハングル=
|韓国における漢字=
|平仮名=
|片仮名=
|略称=
|統計の年=
|面積=
|総人口=
|男子人口=
|女子人口=
|人口密度=
|世帯数=
|国=
|上位自治体=
|下位行政区画=
|ISO_3166-2=
|行政区域分類コード=
|木=
|花=
|鳥=
|URL=
}}

引数[編集]

引数の一覧
引数 指定内容 既定値 説明
行政区画名 主題の行政区名称。 道、特別市、市、区、郡、洞、里など。例示: 全羅北道、ソウル特別市、鉄山郡。曖昧さ回避付記事の場合、「中区 (仁川広域市)」は「仁川広域市 中区」と指定
画像 ファイルリンク 行政区を象徴する画像を指定。サムネイル形式にすれば説明文を表示可能。例示 [[File:xxxx.jpg|250px]]、[[File:xxxx.jpg|thumb|250px|説明文]](サムネイル形式)
画像の解説 上記画像の説明文。
位置画像 ファイルリンクまたはTemplate:Location map 一般に行政区の相対位置(基準は国または上位自治体)を示す画像。Location mapテンプレート使用可能。地図画像との関係で厳密な使用法が定まっている訳ではない
地図画像 ファイルリンクまたはTemplate:Location map 一般に行政区および周辺の地図。Location mapテンプレート使用可能。位置画像との関係で厳密な使用法が定まっている訳ではない
ローマ字 文化観光部2000年式のローマ字表記。主に韓国。項目名は「ローマ字転写 (RR)」。「ローマ字mr」引数が有れば不要
ローマ字mr マッキューン=ライシャワー式のローマ字表記。主に北朝鮮。項目名は「ローマ字転写 (MR)」。「ローマ字」引数が有れば不要
英語表記 ハングル翻字(上記二者)以外のローマ字表記。英語圏の表示がハングル翻字と異なる場合や大日本帝国統治時代の日本語ローマ字翻字など
ハングル 行政区画名をハングルで記入。国にnを指定した場合(北朝鮮)は項目名が「チョソングル」となる
韓国における漢字 韓国で使用されている漢字による表記。項目名は「漢字」
平仮名 日本語読み名のひらがな表記。項目名は「日本語読み仮名」。例示: ソウル特別市は「そうるとくべつし」、開城は「かいじょう」
片仮名 朝鮮語名のカタカナ表記。項目名は「片仮名転写」
略称 広域市などの略称。例示: 蔚山広域市は「蔚山」
統計の年 人口などの統計の調査年。西暦のみ。例示: 2017 「年」は自動付加
面積 コンマ区切り小数 平方キロメートル数。単位「km2」は自動付加
総人口 コンマ区切り整数 単位「人」は自動付加
男子人口 コンマ区切り整数 単位「人」は自動付加
女子人口 コンマ区切り整数 単位「人」は自動付加
人口密度 コンマ区切り整数(小数) 単位「人/km2」は自動付加
世帯数 コンマ区切り整数 単位「世帯」は自動付加
n、j または c 韓国 韓国は指定不要。引数行が無くてもよい。n は北朝鮮、j は大日本帝国、c は朝鮮
上位自治体 直接的な上位自治体のみ指定する。上位自治体の上位自治体まで指定しない。入力値は自動でウィキリンクとなる
下位行政区画 下位行政区画の種別と数。例示: 25区、27洞9里、1邑16面
ISO_3166-2 ISO 3166-2コード
行政区域分類コード 政府の定める公式コード
市の木など
市の花など
市の鳥など
URL 行政区の公式ホームページ。例示: http://www.busan.go.kr/