金河成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金 河成 (キム・ハソン)
サンディエゴ・パドレス #7
Kiwoom Heroes Kim Ha-Seong (2019).jpg
キウム・ヒーローズ時代
(2019年4月24日)
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
出身地 京畿道富川市
生年月日 (1995-10-17) 1995年10月17日(25歳)
身長
体重
175 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 2014年 2次ドラフト3位
初出場 KBO / 2014年5月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 大韓民国の旗大韓民国
WBC 2017年
プレミア12 2019年
獲得メダル
大韓民国の旗 大韓民国
WBSCプレミア12
2019 野球
アジア プロ野球チャンピオンシップ
2017 野球
キム・ハソン
各種表記
ハングル 김하성
漢字 金河成
発音: キマソン
英語表記: Kim Ha-Seong
テンプレートを表示

金 河成(キム・ハソン、朝鮮語: 김하성1995年10月17日 - )は、大韓民国京畿道富川市出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。MLBサンディエゴ・パドレス所属。

経歴[編集]

ネクセン・キウム時代[編集]

2014年新人ドラフトにて2次ドラフトでネクセン・ヒーローズに入団。チームの新人選手で唯一、一軍の沖縄キャンプに合流した。5月16日のロッテ・ジャイアンツ戦で代打出場し一軍初出場。

2015年メジャーリーグベースボール(MLB)のピッツバーグ・パイレーツへ移籍した姜正浩に替わり、遊撃手のレギュラーに定着し、140試合に出場。

2016年は自身初となるレギュラーシーズンの全試合(144試合)に出場、また20本塁打20盗塁を達成。

2017年開幕前1月4日に第4回ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表に選出された[1]。オフの10月10日に第1回アジア プロ野球チャンピオンシップ韓国代表に選出され[2]、11月16日から19日までの大会3試合に出場した。

2018年、シーズンを通して安定した活躍を見せ、初のゴールデングラブ賞(遊撃手)を受賞する。2018年アジア競技大会野球の韓国代表に選出され、優勝したため兵役免除の恩典を受ける。

2019年、2年連続でゴールデングラブ賞を受賞した。オフには、キウムと5年5億5000万ウォンで契約した。2019 WBSCプレミア12に出場し、攻守でチームに貢献し、遊撃手としてベストナインを受賞する。

2020年シーズン終了後、MLB移籍のためのポスティングの公示をKBOに要請した[3]

パドレス時代[編集]

2020年12月31日にサンディエゴ・パドレスと4年総額2800万ドルの契約を結んだ[4][5]。オプションとして2025年は相互オプションとなる。

選手としての特徴[編集]

遊撃手という守備の負担が大きいポジションで、体格も大きい方ではないものの、長打力が持ち味である。体を大きく回転させて遠心力を活かしながら回転打法で放つ。2016年は、20歳での20本塁打を達成した。また、選球眼も良く、足も早い。2019年にはリーグ2位となる33盗塁とリーグトップとなる112得点を記録した。

人物[編集]

ニックネームは「平和王子(평화왕자)」。これは金が姜正浩に後を継いでネクセンの遊撃手となったことから、姜のニックネーム「平和王(평화왕)」から取られたもの。また、王子からの連想で「キング・ハソン(킹하성)」とも呼ばれる。

ネクセン時代の旧応援歌の原曲は、日本では荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー」として知られる曲だった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2014 ネクセン
キウム
60 59 48 17 9 2 1 2 19 7 4 3 2 1 8 0 0 13 2 .188 .298 .396 .694
2015 140 582 511 89 148 35 5 19 250 73 22 4 4 6 56 2 5 115 10 .290 .362 .489 .851
2016 144 599 526 92 148 29 7 20 251 84 28 15 2 5 60 2 6 80 7 .281 .358 .477 .835
2017 141 601 526 90 159 36 3 23 270 114 16 8 1 5 58 2 8 65 8 .302 .376 .513 .889
2018 129 576 511 95 147 27 4 20 242 84 8 2 2 7 54 2 5 81 16 .288 .358 .474 .832
2019 139 625 540 112 166 38 2 19 265 104 33 4 1 7 70 4 7 80 12 .307 .389 .491 .880
2020 138 622 533 111 163 24 1 30 279 109 23 2 3 3 75 3 8 68 12 .306 .397 .523 .920
KBO:7年 891 3664 3195 606 940 191 23 133 1576 575 134 38 16 36 381 15 39 502 67 .294 .373 .493 .866
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

KBO
韓国代表

背番号[編集]

  • 0(2014年 - 2015年4月10日)
  • 7(2015年4月11日 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2017 WBC 대표팀 선수 교체 한국야구위원회 (KBO) (朝鮮語) (2017年1月4日) 2017年11月20日閲覧
  2. ^ KBO, 2017 아시아프로야구챔피언십(APBC) 최종엔트리 25명 선발 KBO 홈페이지 (朝鮮語) (2017年10月10日) 2017年10月22日閲覧
  3. ^ https://www.heroesbaseball.co.kr/story/heroesNews/view.do?num=19843
  4. ^ Padres Sign Ha-Seong Kim” (英語). MLB Trade Rumors. 2021年1月1日閲覧。
  5. ^ 韓国人内野手・金河成 パドレスと契約=最大5年・3900万ドル”. wowkorea.jp (2021年1月1日). 2021年1月2日閲覧。

外部リンク[編集]

  • 選手の各国通算成績 KBO