ザンダー・ボガーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • イグザンダー・ボガーツ
  • ザンデル・ボガーツ
ザンダー・ボガーツ
Xander Bogaerts
ボストン・レッドソックス #2
Xander Bogaerts vs Orioles 2018.jpg
2018年8月10日
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
出身地 アルバの旗 アルバ自治領サンニコラス英語版
生年月日 (1992-10-01) 1992年10月1日(29歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手[注 1]
プロ入り 2009年5月 アマチュアFA
初出場 2013年8月20日
年俸 $12,000,000(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム オランダの旗 オランダ
WBC 2013年2017年

ザンダー・ジョン・ボガーツXander Jon Bogaerts[注 2], 1992年10月1日 - )は、オランダ領アルバサンニコラス出身のプロ野球選手ポジション遊撃手。右投右打。MLBボストン・レッドソックス所属。愛称はX[2]

経歴[編集]

2009年5月にボストン・レッドソックスに入団した。契約金は41万ドルだった[3]

2010年6月にレッドソックス傘下マイナーでプロデビュー。

2011年9月20日に第39回IBAFワールドカップのオランダ代表に選出された[4]。同大会ではヨーロッパの代表としては、1938年大会イギリス代表以来73年ぶりの優勝を果たした。この栄誉を称えて代表24人全員に「サー」の爵位が贈られ[5]、ボガーツにも贈られた。

2012年の開幕前にはベースボール・アメリカの有望株ランキングでウィル・ミドルブルックスに次ぐ球団2位、全体では58位にランクインした[6]。7月にはオールスター・フューチャーズゲームに世界選抜の一員として出場[7]。8月には1A+から2Aへ昇格した。シーズンの通算成績は打率.307、21本塁打、81打点だった[8]

2013年はシーズン開幕前の3月には開催された第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)オランダ代表に選出された[9]。また、開幕前のベースボール・アメリカの有望株ランキングではレッドソックスで1位、全体で8位にランクインした[10]。8月20日にメジャーに昇格した。ポストシーズンには12試合に出場し、チームのワールドシリーズ制覇に貢献した。

2014年3月7日にレッドソックスと1年契約に合意した[11]ジャコビー・エルズベリーが退団したことから、自ら志願して背番号を「2」に変更した(これは尊敬するデレク・ジーターと同じ)。この年は144試合の出場で規定打席に到達したが、打率.240、12本塁打、46打点という成績に終わった。

2015年はシーズン終盤まで首位打者争いを演じ、最終的にタイトル獲得とならなかったが、いずれもア・リーグ2位の打率.320、196安打を記録した。

2016年5月6日から6月2日まで26試合連続安打を記録するなど、5月は打率.395と好調だった。自身初のオールスターにもファン投票で選出された。157試合の出場で打率.294・21本塁打・89打点・13盗塁・OPS0.802。リーグ6位の115得点も記録した。オフの12月5日に第4回WBCオランダ代表に選出され、2大会連続2度目の選出を果たした[12]

2017年はシーズン開幕前に選出されていた第4回WBCに参加。

2018年4月9日に左足首を骨折して故障者リスト入りした[13]影響もあり、136試合の出場に留まったが、打率.288、23本塁打、103打点を記録した。

2019年オフに同年から新設されたオールMLBチームのファーストチーム遊撃手に選出された。

2020年COVID-19の影響で60試合の短縮シーズンとなる中、56試合の出場で打率.300、11本塁打、28打点を記録した。

2021年7月1日に通算3度目、ファン投票では2度目となるオールスターゲームに選出された[14]。また、チームメイトで三遊間を組むラファエル・デバースもファン投票で選出されており、同じチームの三遊間が揃ってファン投票でオールスターゲームに選出されたのは2011年のヤンキースのデレク・ジーターアレックス・ロドリゲス以来だった[15]。オールスターゲーム前日の7月12日に「3番 遊撃手」で先発出場することが発表された[16]。7月13日に開催されたオールスターゲームに先発出場し、5回裏にブルージェイズのボー・ビシェットに変わった[17]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2013 BOS 18 50 44 7 11 2 0 1 16 5 1 0 0 1 5 0 0 13 1 .250 .320 .364 .684
2014 144 594 538 60 129 28 1 12 195 46 2 3 2 7 39 1 8 138 11 .240 .297 .362 .660
2015 156 654 613 84 196 35 3 7 258 81 10 2 3 3 32 1 3 101 16 .320 .355 .421 .776
2016 157 719 652 115 192 34 1 21 291 89 13 4 0 3 58 0 6 123 14 .294 .356 .446 .802
2017 148 635 571 94 156 32 6 10 230 62 15 1 0 2 56 6 6 116 17 .273 .343 .403 .746
2018 136 580 513 72 148 45 3 23 268 103 8 2 0 6 55 4 6 102 14 .288 .360 .522 .883
2019 155 698 614 110 190 52 0 33 341 117 4 2 0 6 76 2 2 122 11 .309 .384 .555 .939
2020 56 225 203 36 61 8 0 11 102 28 8 0 0 1 21 2 0 41 3 .300 .364 .502 .867
2021 144 603 529 90 156 34 1 23 261 79 5 1 0 7 62 2 5 113 13 .295 .370 .493 .863
MLB:9年 1114 4758 4277 668 1239 270 15 141 1962 610 66 15 5 36 404 18 36 869 100 .290 .353 .459 .812
  • 2021年度シーズン終了時

年度別打撃成績所属リーグ内順位[編集]





















2013 21 ア・リーグ - - - - - - -
2014 22 - - - - - - -
2015 23 2位 2位 - - - - -
2016 24 - 5位 - - - - -
2017 25 - - - 6位 - - -
2018 26 - - 5位 - - 6位 -
2019 27 7位 4位 2位 - - 3位 -
2020 28 8位 - - - - - 9位
2021 29 8位 - - - - - -
  • -は10位未満(打率は規定打席未到達の場合も-と表記)

年度別守備成績[編集]



三塁(3B) 遊撃(SS)
























2013 BOS 9 9 9 0 1 1.000 8 6 20 0 1 1.000
2014 44 37 64 10 2 .910 99 138 256 10 54 .975
2015 - 156 236 429 11 95 .984
2016 - 157 195 355 12 73 .979
2017 - 146 199 336 17 75 .969
2018 - 136 163 336 10 65 .980
2019 - 153 165 347 13 70 .975
2020 - 53 59 130 5 26 .974
2021 - 138 152 362 9 76 .983
MLB 53 46 73 10 3 .922 1046 1313 2571 87 535 .978
  • 2021年度シーズン終了時

表彰[編集]

MiLB
MLB

記録[編集]

MiLB
MLB

背番号[編集]

  • 72 (2013年)
  • 2 (2014年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2015年シーズンから2019年シーズンにかけて就いた守備位置は遊撃手のみ。2013年と2014年シーズンに三塁手に就いてる。
  2. ^ オランダ語発音: [ˈsandər jon ˈboxart͡s] サンデル・ヨン・ボハルツ, 英語発音: /ˈzændər d͡ʒɑn ˈboʊgɑrt͡s/ ザンダー・ジョン・ボーガーツ

出典[編集]

  1. ^ Xander Bogaerts Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2019年1月21日閲覧。
  2. ^ Red Sox Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月6日閲覧
  3. ^ Minor League Prospect Report: Xander "The Eliminator" Bogaerts, SS, Boston Red Sox Minor League Ball
  4. ^ Netherlands announces Roster for Baseball World Cup - IBAF
  5. ^ ジーター後継者は「サー」の爵位持つ24歳のグリゴリアス
  6. ^ Three Red Sox On Baseball America's Mid-Season Top 50 Prospects Over the Monster
  7. ^ Prospects pack rosters for 2012 All-Star Futures Game MLB.com
  8. ^ Xander Bogaerts Minor League Statistics & History Baseball-Reference.com
  9. ^ 2013 Tournament Roster” (英語). The official site of World Baseball Classic. 2015年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月27日閲覧。
  10. ^ 2013 Top 100 Prospects List
  11. ^ Red Sox Agree to Terms With 19 Players on 2014 Contracts”. MLB.com Red Sox Press Release (2014年3月7日). 2014年3月8日閲覧。
  12. ^ 24 All-Stars among initial confirmed players for 2017 World Baseball Classic MLB.com Press Release (英語) (2016年12月5日) 2016年12月15日閲覧
  13. ^ “レッドソックスのボガーツが足首骨折でDL入り”. 日刊スポーツ. (2018年4月10日). https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201804100000315.html 2018年10月5日閲覧。 
  14. ^ Matt Kelly, Manny Randhawa (2021年7月2日). “Here are your 2021 All-Star Game starters” (英語). MLB.com. July 11, 2021閲覧。
  15. ^ @thexman2 and @rafael.devers will be the 1st teammates to start at SS/3B in the ASG for the AL since Derek Jeter and @AROD in 2011. #TBT”. MLB ⚾ (mlb) - Instagram. July 12閲覧。
  16. ^ Anthony Castrovince (2021年7月12日). “All-Star Game starting pitchers, lineups, FAQ” (英語). MLB.com. 2021年7月13日閲覧。
  17. ^ Ian Browne (2021年7月14日). “Barnes, Bogaerts lead Sox quintet at ASG” (英語). MLB.com. 2021年7月31日閲覧。
  18. ^ “メジャーリーグ シルバースラッガー賞発表 引退オルティスの名も”. スポニチアネックス. (2016年11月11日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/11/11/kiji/K20161111013703170.html 2016年11月11日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]