ネイサン・イオバルディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 Template:表記揺れ案内
  • ネイサン・イバルディ
  • ネーサン・エオバルディ
ネイサン・イオバルディ
Nathan Eovaldi
ボストン・レッドソックス #17
Nathan Eovaldi Red Sox.jpg
ボストン・レッドソックス時代
(2018年8月10日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ヒューストン
生年月日 (1990-02-13) 1990年2月13日(29歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 MLBドラフト11巡目
初出場 2011年8月6日 アリゾナ・ダイヤモンドバックス
年俸 $19,000,000(2019年から4年契約)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ネイサン・エドワード・イオバルディNathan Edward Eovaldi , 1990年2月13日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在はMLBボストン・レッドソックス所属。

姓の「Eovaldi」は、発音指示が「ee-VAUL-dee[1]」なので、「イーバルディー」がより近い(2文字目の「o」は無声音化)。

経歴[編集]

プロ入りとドジャース時代[編集]

ロサンゼルス・ドジャース時代
(2012年6月30日)

2008年MLBドラフト11巡目(全体337位)でロサンゼルス・ドジャースから指名される。高校3年時にトミー・ジョン手術を受け、テキサスA&M大学に進学予定だったため指名順位が落ちたが、8月6日に契約金25万ドルで契約した[2]。契約後は傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ドジャースでプロデビュー。6試合にリリーフとして登板して0勝1敗1セーブ・防御率1.12・9奪三振の成績を残した。9月からはパイオニアリーグのルーキー級オグデン・ラプターズ英語版でプレーし、1試合に登板した。

2009年はA級グレートレイクス・ルーンズで、この年のシーズン途中から先発に転向。26試合(先発16試合)に登板して3勝5敗1セーブ・防御率3.27・71奪三振の成績を残した。

2010年はA+級インランド・エンパイア・シックスティシクサーズ英語版で開幕を迎えると、同球団では16試合(先発14試合)に登板して3勝5敗・防御率4.45・58奪三振の成績を残した。7月に戦線離脱すると、8月下旬からはルーキー級アリゾナリーグ・ドジャースでプレー。9月にルーキー級オグデンで1試合に登板した。

2011年、マイナーではAA級チャタヌーガ・ルックアウツでプレーし、20試合(先発19試合)に登板して6勝5敗・防御率2.62・99奪三振の成績を残した。8月6日にドジャースとメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[3]。同日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦で先発起用され、メジャーデビュー。5回を4安打2失点7奪三振に抑え、メジャー初勝利を挙げた。その後は先発ローテーションに定着したが、なかなか勝ち星に恵まれず、9月からはリリーフに配置転換された。この年メジャーでは10試合(先発6試合)に登板して1勝2敗・防御率3.63・23奪三振の成績を残した。

2012年4月4日にAA級チャタヌーガへ配属され、開幕を迎えた。4月27日にメジャーへ昇格した[4]が、登板のないまま4月29日にAA級チャタヌーガへ降格した[5]。その後、5月29日に再昇格した[6]。昇格後は先発ローテーションに加わったが、シーズン初勝利は8試合目の7月5日のダイヤモンドバックス戦となった。ドジャースでは10試合に先発登板して1勝6敗・防御率4.15・34奪三振の成績を残した。

マーリンズ時代[編集]

2012年7月25日にハンリー・ラミレスランディ・チョートとのトレードで、スコット・マクガフと共にマイアミ・マーリンズへ移籍した[7]。移籍後は12試合に先発登板して3勝7敗・防御率4.43・44奪三振の成績を残した。

2013年2月20日にマーリンズと1年契約に合意。3月31日に右肩の故障で15日間の故障者リスト入りした[8]。4月18日に60日間の故障者リストへ異動し[9]6月18日に復帰[10]。復帰後は18試合に先発登板して4勝6敗・防御率3.39・78奪三振の成績を残した。

2014年はシーズンを通してローテーションを守り、リーグ4位の33試合に先発。6勝を挙げたが、チーム最多の14敗、リーグ最多の被安打223本を記録。防御率は4.37だった。

ヤンキース時代[編集]

ニューヨーク・ヤンキース時代
(2015年5月25日)

2014年12月19日にデビッド・フェルプスマーティン・プラドとのトレードで、ドミンゴ・ジャーマンギャレット・ジョーンズと共にニューヨーク・ヤンキースへ移籍した[11]

2015年はヤンキースの先発ローテーションに入り、9月上旬までに14勝を挙げてチームの勝ち頭となっていたが、右肘に炎症を起こして9月7日に戦線離脱[12]、そのままシャットダウンした。この年は防御率が前年よりわずかに改善したが、被打率、被安打率は悪化し、特にWHIPは1点以上も悪くなるなど、投球内容は前年を下回った。それでもリーグ1位の勝率.824を記録し、チームのプレーオフ進出に貢献した。

2016年も先発ローテーションの一角として、8月上旬までに24試合に登板し、9勝8敗を記録していた。ただし、前年比で約 - 30.0イニングながら、同比 + 13本のホームランを浴びており、投球内容自体は芳しくなかった。しかし、結果的に同年最終登板となる8月10日の対ボストン・レッドソックス戦で肘に違和感を発症し、検査の結果、自身2度目となるトミー・ジョン手術を受けて2017年シーズン全休となる見込みと判明した[13]。8月19日、手術は成功した[14]。11月18日にDFAとなり[15]、23日に自由契約となった[16]

レイズ時代[編集]

2017年2月14日、タンパベイ・レイズと1年200万ドルで契約を結んだ[17]。3月10日、3月8日付で60日間の故障者リストに入った[16]。この年は当初の予定通り、前述の手術のリハビリで全休した。

2018年は開幕から故障者リストに入っていたが、5月30日にアクティブ・ロースターへ登録されることが前日に発表された[18]。その復帰戦となったオークランド・アスレチックス戦では6回を無安打無失点に抑えて勝利投手となった[19]。そこから移籍するまでの間に10試合に先発登板し、防御率4.26・3勝4敗・WHIP0.98という成績を記録した。

レッドソックス時代[編集]

2018年7月25日にジャレン・ビークスとのトレードで、レッドソックスへ移籍した[20]。移籍後は12試合に登板 (うち11試合が先発登板) し、防御率3.33・3勝3敗・WHIP1.28を記録。レギュラーシーズントータルでは、22試合の登板で防御率3.81・6勝7敗・WHIP1.13という成績だった。ポストシーズンでは、先発で2試合・リリーフで4試合に登板し、防御率1.61と活躍した[21]。オフの10月29日にFAとなったが、4年総額6800万ドルで再契約した[22]

投球スタイル[編集]

スリークォーターから最速162.1km/h[23]、平均球速156km/hのフォーシームスライダースプリッターの3球種で全体の80%以上を占める。ほかにツーシームカッターカーブチェンジアップなど、多彩な球種を持つ。スプリッターは、2015年から投げるようになり、そのおかげで5~6点台だった奪三振率が7点台を記録するようになった。メジャー昇格当初から持ち球としていたカッターは、2012年を最後に投げるのをやめていたが、2016年から再び投げるようになった。またメジャーデビュー当初は平均球速が150km/h程度だったが、年々球速がアップしている[24]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 LAD 10 6 0 0 0 1 2 0 1 .333 146 34.2 28 2 20 0 2 23 0 0 14 14 3.63 1.39
2012 10 10 0 0 0 1 6 0 0 .143 241 56.1 63 5 20 2 0 34 1 0 27 26 4.15 1.47
MIA 12 12 0 0 0 3 7 0 0 .300 285 63.0 70 5 27 1 3 44 0 0 32 31 4.43 1.54
'12計 22 22 0 0 0 4 13 0 0 .235 526 119.1 133 10 47 3 3 78 1 0 59 57 4.30 1.51
2013 18 18 0 0 0 4 6 0 0 .400 451 106.1 100 7 40 3 1 78 3 0 44 40 3.39 1.32
2014 33 33 0 0 0 6 14 0 0 .300 854 199.2 223 14 43 5 7 142 6 0 107 97 4.37 1.33
2015 NYY 27 27 0 0 0 14 3 0 0 .824 673 154.1 175 10 49 0 3 121 8 0 72 72 4.20 1.45
2016 24 21 0 0 0 9 8 0 0 .529 525 124.2 123 23 40 2 1 97 5 0 66 66 4.76 1.31
2018 TB 10 10 0 0 0 3 4 0 0 .429 224 57.0 48 11 8 1 1 53 1 0 27 27 4.26 0.98
BOS 12 11 0 0 0 3 3 0 0 .500 231 54.0 57 3 12 0 2 48 3 0 28 20 3.33 1.28
'18計 22 21 0 0 0 6 7 0 0 .462 455 111.0 105 14 20 1 3 101 4 0 55 47 3.81 1.13
2019 23 12 0 0 0 2 1 0 4 .667 302 67.2 72 16 35 0 3 70 6 0 46 45 5.99 1.58
MLB:8年 179 160 0 0 0 46 54 0 5 .460 3932 917.2 959 96 294 14 23 710 33 0 463 438 4.30 1.37
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2011 LAD 10 1 7 0 0 1.000
2012 10 3 6 0 1 1.000
MIA 12 4 10 0 0 1.000
'12計 22 7 16 0 1 1.000
2013 18 8 20 2 1 .933
2014 33 21 31 1 2 .981
2015 NYY 27 10 20 0 2 1.000
2016 24 6 14 1 0 .952
2018 TB 10 2 10 0 1 1.000
BOS 12 5 7 0 0 1.000
'18計 22 7 17 0 1 1.000
2019 23 8 8 0 2 1.000
MLB 179 68 133 4 9 .980
  • 2019年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 50(2011年 - 2012年途中)
  • 24(2012年途中 - 2014年、2018年 - 同年7月23日)
  • 30(2015年 - 2016年)
  • 17(2018年7月29日 - )

脚注[編集]

  1. ^ Nathan Eovaldi Stats” (英語). Baseball Reference.com. 2018年11月5日閲覧。
  2. ^ Dodgers to promote Eovaldi for Saturday start” (英語). MLB.com (2011年8月5日). 2016年11月28日閲覧。
  3. ^ Dodgers to promote Eovaldi for Saturday start” (英語). MLB.com (2011年8月6日). 2014年12月27日閲覧。
  4. ^ Dodgers add righty Eovaldi to bullpen” (英語). MLB.com (2012年4月28日). 2014年12月27日閲覧。
  5. ^ Coffey will return to bullpen Monday” (英語). MLB.com (2012年4月29日). 2014年12月27日閲覧。
  6. ^ Ken Gurnick (2012年5月30日). “Dodgers activate Kemp from disabled list” (英語). MLB.com. 2014年12月27日閲覧。
  7. ^ “Marlins acquire Eovaldi, McGough from Dodgers” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Miami Marlins), (2012年7月25日), http://m.marlins.mlb.com/news/article/35533646/ 2014年12月27日閲覧。 
  8. ^ “Marlins announce 2013 Opening Day roster” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Miami Marlins), (2013年3月31日), http://m.marlins.mlb.com/news/article/43573920/marlins-announce-2013-opening-day-roster 2014年12月27日閲覧。 
  9. ^ Tony Meal (2013年4月18日). “BP mishap lands Hechavarria on DL” (英語e). MLB.com. 2014年12月27日閲覧。
  10. ^ Tyler Emerick (2013年6月18日). “Slowey moving to long relief with Eovaldi's return” (英語). MLB.com. 2014年12月27日閲覧。
  11. ^ “Yankees acquire RHP Nathan Eovaldi, RHP Domingo German and INF Garrett Jones in five-player trade with Miami Marlins” (英語) (プレスリリース), MLB.com (New York Yankees), (2014年12月19日), http://m.yankees.mlb.com/news/article/104517290/yankees-and-marlins-complete-five-player-trade 2014年12月20日閲覧。 
  12. ^ ヤンキース・イオバルディが右肘炎症で戦列離脱へ”. 日刊スポーツ (2015年9月8日). 2015年10月6日閲覧。
  13. ^ “【MLB】ヤンキース、N.イオバルディが右ひじ故障 2017年シーズン全休へ”. ISM. (2016年8月17日). オリジナルの2016年8月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160826095031/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160817-00000212-ism-base 2016年10月6日閲覧。 
  14. ^ Cash Kruth (2016年8月18日). “Eovaldi has successful surgery” (英語). MLB.com. 2016年11月28日閲覧。
  15. ^ Bryan Hoch (2016年11月18日). “Yankees make a series of roster moves”. MLB.com. 2016年11月28日閲覧。
  16. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2017年3月13日閲覧。
  17. ^ Bill Chastain (2017年2月14日). “Eovaldi joins Rays at spring camp” (英語). MLB.com. 2017年2月15日閲覧。
  18. ^ Bill Chastain (2018年5月29日). “Rays praise Eovaldi's work ethic in comeback” (英語). MLB.com. 2018年6月4日閲覧。
  19. ^ In return to majors, Rays' Nathan Eovaldi pulled early from no-hit bid
  20. ^ Zachary Silver (2018年7月25日). “Red Sox acquire Eovaldi from Rays” (英語). MLB.com. 2018年7月26日閲覧。
  21. ^ 村上雅則友成那智『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2019』廣済堂出版、2019年、31頁。ISBN 978-4-331-52217-2
  22. ^ Nathan Eovaldi Stats” (英語). Baseball Reference.com. 2018年12月11日閲覧。
  23. ^ FanGraphs PITCHf/x
  24. ^ Nathan Eovaldi Pitch Data” (英語). The Baseball Cube. 2016年8月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]